アニメ感想目次

2015年4月23日 (木)

長門有希ちゃんの消失 第3話 「涼宮ハルヒ!!」 (04/19)

 前回のラストで公園から飛び出してきたのは、原作ヒロインにして光陽園学院の有名人、涼宮ハルヒだった。
 いや、ずけずけとものをいうは、さり気にコーヒーを奢らせたりと原作同様の傍若無人さを見せておりますが、でもその前向きな性格が有希にとっては有意義だったのですね。有希もキョンも結構振り回されて、部室のクリスマスの飾りつけを片付けるのに遅れたのはご愛嬌です。
 と思ったら、ハルヒが堂々と北高に乗り込んでくる。そしてカンだけでキョンのいるところにたどり着いたり、体操服を奪ったり謎の転校生の古泉を連れてきたりとやりたい放題。北高文芸部を着々と占拠していくあたりのバイタリティはやはり原作のものですね。基本的に有希以外のキャラクターの性格は変わっていない(これは原作の「消失」世界と同じ)。あと、古泉がハルヒを好きというのも、「消失」世界と同じですね。
 キョンがハルヒにポニーテールを薦めるところも原作を思い浮かべますが、それを有希がみて伸ばそうかなと対抗するところが可愛らしい。でもキョンは、有希は今の髪型が似合ってるとフォローしてるが…、うむ。この世界のキョンは天然ジゴロになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第9話 「初体験です☆」 (12/2)

 今日は、アニメ感想があるから考察は明日にします。

 原作第8巻第29話のアニメ化、裕人と春香の初デートの話です。
 別に買出しにでかけたりコミケに言ったりしていても、男女二人で行くのならそれは十分デートだとは思うのですが、そこのところは当人の気の持ちようですね。純粋に自分の趣味が絡まない分、裕人に付き合ってもらっているという良い訳が効かないので春香にとっては正真正銘のデートなのでしょう。

 裕人と春香の遊園地デートですが、まるで初々しい中学生カップルみたいなデートでした。もっとも春香の恋愛感情は小学生なみなので、裕人さんと一緒にデートに行くと考えることができただけでも十分な進歩です。これからはもう少し自分から誘ってみるのもいいかもしれませんね。

 今回のデートには美夏とメイド隊たちは関わりませんでした。まあ、覗きに行くだけヤボというものでしょう。しかし、それでもいいところで携帯コールをかけてしまうのはお約束ですね。

 乃木坂家は大財閥なのだから遊園地の招待チケットぐらいもらえるだろうというシチュエーションを捨てて、なんで芸能プロダクションのマネージャーからもらったのかというのは……まあ、茅原弥生と小早川希美の態度を見ていれば丸分かりですね。この二人(とくに弥生)は春香をアイドルレビューさせたがっていらっしゃいます。
 しかし、裕人と春香への態度の違いがあからさま過ぎますね。ここまであからさまにやられては笑うしかないかな。でも、私がスカウトなら春香のような人は、実家の乃木坂家が大きすぎて逆に手を出さないと思いますね。芸能界は男と薬には気をつけろという世界ですし。娘を傷物にしたらどうやって責任とればいいのか。
 でも春香は天然ですので、二人が何のために近づいてきたのか全然考えていなかったと。オーディション合格通知が届いても何が起こっているのかわかっていない顔していたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

2006年のアニメ感想 目次

2006年のアニメ感想の目次です。

続きを読む "2006年のアニメ感想 目次"

| | コメント (0) | トラックバック (0)