乃木坂春香の秘密

2009年12月23日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第12話<最終回> 「約束です♪」 (12/23)

 原作第7巻第28話を元ネタに、アニメオリジナルをプラスして放送しました。
 一応いっとくけど、原作では第7巻が丸々温泉話でした。そして第25話と第26話は既にアニメ第1話として放送しています。信長は深夜アニメではシリーズに1回は必ずある温泉話とか言ってたけど、実際には今回が2回目。しかも放送されなかった原作第27話は椎菜のエピソードだったし。

 春香と裕人が雪山で遭難するというのが話の本筋なんですが、原作と違って思い切ったところまでもっていきましたね。
 男と女が裸で肌を寄せ合うということがどういう意味を持つかは言うまでもありません。ましてや今時の高校生ともなればなおさらです。しかし春香は恋愛感情が小学生なみに幼いため、自分が裕人のことをどういう意味で好きかを自覚していないところがある。原作では裕人がそんな春香の気持ちを慮って、ただ単に肌を寄せて暖めあっているという描写に終わってしまった。
 しかしアニメではその辺のフォローがないばかりか、乃木坂家のメイド隊や家族までほとんどそれを認めてしまっている。つまり、裸で肌を温めあっているだけでなく、二人がそういう関係になることに理解がありすぎる。玄冬の「許さない」にしても、それはしょせん(娘の恋愛に理解のない)父親の反対という程度です。つまり、裕人と春香がそういう関係になったと解釈されても仕方のない──少なくとも、メイド隊や乃木坂家の乱入がなければそういう関係になっていたはず──という描写になっています。

 最後に椎菜ですけど、おみくじで恋愛運が最高とでました。来週に良いことがあると。──あのー、今週で最終回なんですけど。思い切って逆夜這いかけてみたら、布団の中は玄冬だったし。最初から最後まで椎菜は不遇だったなあ。

 3ヶ月間、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第11話 「感じていたいです……」 (12/16)

 原作9巻の第36話のアニメ化です。アイドル・オーディション編クライマックス。

 この話のテーマはオタクでもラブコメでもなく「相互理解」であるというのが私の感想ですが、その線でいくと裕人と春香の間に亀裂が入るのは恋敵が割り込んでくるとか云々ではなく、一方が他方を信じきれなくなる状況が発生したときに限ります。前シリーズでいうとアホぼんことシュート=サザーランドが出てきて春香と裕人の住む世界が違うということを思い知らされるとか。
 今回の話も同様で、春香の才能に目をつけた弥生によって、裕人は自分の存在が春香の伸びる芽を潰しているのではないかということを悩んでしまいました。まあ、春香に聞けば本人が芸能界入りを望んでいないことはすぐに判明したことなんですけどね。分かりきったことでウジウジ悩むのは優柔不断型主人公の特権と言うことで。

 みらんがライブのMCを使ってまで裕人を叱咤したのは、やはり春香と自分を重ね合わせていたから……というわけでもないはず。だって直接の面識がないし。やはり裕人への厚意なのでしょうね。みらんも相当裕人を気に入ってたのでしょうね。めんどくさいタイプの女にばかり気に入られるな。

 あと、今回のことの張本人の弥生と希美ですが……哀れだ。原作では美夏とメイド隊が自分たちのレベルで話を抑えてくれたおかげでことが大きくならずに済んだものを、アニメでは玄冬と秋穂にまでバレたおかげで会社ごと買い取られてバラドルにさせられてしまったい……まあ、自分たちがアイドルデビューさせようとした娘の身元調査を十分やってなかった弥生たちの失策ですしね。冬の玄界灘でサメの餌にならないだけでも有難いと思わなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第10話 「こんなことになっちゃって……」 (12/9)

 原作第9巻第33話および1話とんで第35話のアニメ化ですね。飛ばされた第34話は天宮椎菜の主役回だったりして。椎菜……哀れだ……

 茅原弥生は自分の欲望を人への親切だと思い込んでいるタイプですね。芸能プロダクションとして、乃木坂春香にはアイドルの才能があることを見抜いた。だったらアイドルとして育て上げるのがその人への親切だと思い込んでいる。そこには春香当人が芸能界に入りたいか否かと相手の意思を確認することは考えない。思い込んだら暴走するタイプということで。
 だから、春香をアイドルにする上で邪魔になる裕人には近づいてもらいたくない。裕人を遠ざけることが、春香のためになると本気で思い込んでいる。そういうタイプです。

 一方の姫宮みらんは、強引に裕人を自分専属のマネージャーにしてしまう。炭酸抜きコーラという無茶な注文をこなした裕人を気に入ったのでしょうか(それにしても、裕人はワガママなタイプの女の子に妙にもてるね)
 とはいえ人間観察はそれなりにあるようで、自分とこのマネージャーの弥生が親切と欲望を混同しているタイプだということも見抜いているようです。それでいて無関心なのは……まあ本当に春香のことなんて関係ないからなあ。すれ違った程度の関係だし。

 あと、「ラクロス部」のアフレコ現場で、某17歳がCVのみずき先生が登場したのには笑えた。原作には登場しなかったのに……そのために、前回の次回予告に登場させていたのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 3日 (木)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第9話 「初体験です☆」 (12/2)

 今日は、アニメ感想があるから考察は明日にします。

 原作第8巻第29話のアニメ化、裕人と春香の初デートの話です。
 別に買出しにでかけたりコミケに言ったりしていても、男女二人で行くのならそれは十分デートだとは思うのですが、そこのところは当人の気の持ちようですね。純粋に自分の趣味が絡まない分、裕人に付き合ってもらっているという良い訳が効かないので春香にとっては正真正銘のデートなのでしょう。

 裕人と春香の遊園地デートですが、まるで初々しい中学生カップルみたいなデートでした。もっとも春香の恋愛感情は小学生なみなので、裕人さんと一緒にデートに行くと考えることができただけでも十分な進歩です。これからはもう少し自分から誘ってみるのもいいかもしれませんね。

 今回のデートには美夏とメイド隊たちは関わりませんでした。まあ、覗きに行くだけヤボというものでしょう。しかし、それでもいいところで携帯コールをかけてしまうのはお約束ですね。

 乃木坂家は大財閥なのだから遊園地の招待チケットぐらいもらえるだろうというシチュエーションを捨てて、なんで芸能プロダクションのマネージャーからもらったのかというのは……まあ、茅原弥生と小早川希美の態度を見ていれば丸分かりですね。この二人(とくに弥生)は春香をアイドルレビューさせたがっていらっしゃいます。
 しかし、裕人と春香への態度の違いがあからさま過ぎますね。ここまであからさまにやられては笑うしかないかな。でも、私がスカウトなら春香のような人は、実家の乃木坂家が大きすぎて逆に手を出さないと思いますね。芸能界は男と薬には気をつけろという世界ですし。娘を傷物にしたらどうやって責任とればいいのか。
 でも春香は天然ですので、二人が何のために近づいてきたのか全然考えていなかったと。オーディション合格通知が届いても何が起こっているのかわかっていない顔していたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第8話 「してあげる……」 (11/24)

 サブタイトルが紛らわしい、というお約束のツッコミはおいといて。
 原作第8巻第31話のアニメ化です。
 裕人が美夏の学校である、私立双葉女学園を訪れる話。美夏のクラスメートの塔ヶ崎エリ、初瀬光、藤ノ宮美羽の3人娘も登場。

 ……って、男が珍しい女子中学校という環境なのは良く分かるけど、いまどきの女子中学生ってこんなにやかましかったっけ。中学生とは思えないぐらい子供っぽい仕草でした。まあ、一応比較対象が3年年上の裕人だし、男子高校生と女子中学生なら女の子の方が甘えん坊になっても当然なのかもしれませんね。
 それにしても、美夏のそぶりが子供っぽすぎると思ったのですが、まあ美夏は普段でもあんなんですし、「お兄さん」がやってきたから普段の態度に戻ってしまったということでしょうね。……でも、そんな美香が学園では2期連続の生徒会長で生徒からの人望が厚いと。どんだけ猫かぶってるんや!?
 あ、でも秘密がバレる前の春香も、全てにおいてパーフェクトな完璧超人を演じていたという設定だから、猫を被るのは乃木坂家の伝統なのかもしれません。春香が砕けてきたのは、あくまで裕人に秘密がバレてからですので。

 そして、美夏が裕人にモーションをかけているところですが、私はこれは美香による裕人への擬似恋愛とみますね。美夏は裕人に出会ったとき、姉の恋人(候補)ということで、裕人を「お兄さん」に位置づけて妹分に納まってしまった。これはこれでお気に入りの立場だったかもしれませんが、今回はその妹分の立ち位置を友達三人にとられそうになったために、美夏の独占欲が出てしまった。だから安心できる相手である裕人に迫ってしまったと。

 まあ、今回の話は美夏のおませ話だったと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第7話 「入っちゃったかも……」 (11/18)

 だからー、紛らわしいんですってば。サブタイトルが。

 原作第6巻第23話および第8巻第32話のアニメ化。前回削られた椎菜エピソードはここに持ってくるためだったんですね。
 というわけで、珍しく最初から最後まで椎菜のターンでした。

 何度も言及したと思いますが、この話を裕人と春香のラブコメとしてみた場合、椎菜は恋のライバル役あるいはアンチヒロイン役としてははっきり言って役者不足。人がいい上に春香を尊敬していて、しかも空気を読むことに長けているため、たとえ椎菜が裕人に好意を持っていたとしても春香を差し置いて手を出すことが難しい形になっているんですよね。裕人も春香も恋愛には奥手なタイプですので、この場合恋敵役には空気を読まずに思い込みと行動力からぐんぐん裕人にアプローチしてひっかき回す性格の方が話が盛り上がりやすいのですが。
 おまけに「スイッチ、入っちゃったかも」だなんて、つまり椎菜は今まで裕人に好意を抱いていることを自覚していなかったか、あるいは自覚していてもそれが恋心であることには気づいていなかったということなのでしょう。
 ところが裕人にとっては、特別に椎菜だから親切にしたわけでもない。おそらく裕人なら、ある程度親しい女の子が相手なら誰に対してでも同じことをしたでしょう。裕人にとっては困っている女の子を助けることは、人が呼吸をするぐらいに当たり前の話なのです。
 でもまあ、それはそれでありだと思う。思えば裕人が春香と親しくなったきっかけは、やはり困っている春香を助けることだった。そこから春香と親しくするうちに春香を特別な女の子だと認識して言ったわけで、つまり裕人は付き合っていくうちに少しずつ恋心を育てていくタイプなわけです。その意味では出遅れたけど、椎菜もまた裕人にとって特別な女の子になっていく可能性が閉ざされているわけじゃない。

 まあ、実際のところかなり出遅れている上に向こう側には妹やメイド隊という優秀なサポーターもいるので、相当スパートをかけないと春香を出し抜くのは難しいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第6話 「身体が、熱いんです……」 (11/10)

 原作第6巻第24話のアニメ化。原作の初詣エピソードは第23話と第24話の連番のエピソードなんですが、第23話分の椎菜エピソードがばっさり削られてしまった。恋敵役なのになんて不憫な娘なんだ。

 さて、今回の話は、色々と突っ込みたいことがあります。

 まずサブタイトル。この紛らわしいというか狙ってやってるだろというべきか突っ込みどころに困る台詞じゃないか。

 次に、乃木坂家メイド隊は本当に暇なんだなあと。お嬢様の恋愛の出歯亀をするために、メイド隊の序列持ちが3人も外でどうでもよいバイトをしているわけですから。こいつら真面目に働く気があるのか。

 さらに、姫宮みらん。
 元旦の未明から野外ライブコンサートだなんて、アイドルも(ファンもだけど)大変だなあと。みらんが抜け出したくなる気も分かる気がする。
 ここで裕人たちとみらんがばったり出会うのはそれなんてフラグ? といいたくなるような出会い方ですが、これは原作にもあった展開です。そういえば、椎菜のときも同じような街角でばったりという出会い方だった記憶が。

 両親の思い出の場所である黄瀬岬で初日の出を拝見するために、裕人を連れてくる春香。小学生なみの恋愛観しか持ってない春香にしては大胆なことに、自分から裕人にキスしますが、それが頬だというところがやっぱり春香らしくて微笑ましいですね。

 今回は絵が少々崩れていました。うーん、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第5話 「…いい…」 (11/3)

 

乃木坂家のメイド隊って、上位3人が眼鏡っ子なんですね。
 とまあどうでもいいような感想をかきたくなるようなどうでも良い話でした。
 原作第6巻第30話のアニメ化ですね。基本的に原作に忠実な出来ですが、原作では鹿王院家となっていた開催場所がアニメでは乃木坂家にされている点だけが違います。まあ、春香、美夏の姉妹を出したかっただけでしょうが。

 今回、乃木坂家メイド隊のうち序列1位から10位までの11人が紹介されました(2位が欠番で7位が3人組)。
 メイド×執事合同忘年会ですが、主催者である乃木坂家のメイドが序列持ちしか参加していないのに、天王寺家の別荘で一週間執事のバイトをしていただけの裕人がなぜ招待されているかという疑問があるのですが……まあそれだけ裕人が気に入られていたということだと解釈しましょう。
 しかしメイド喫茶のメイドは招待されないとは。もし招待されていたら、春香にも参加資格ができていたのにね。

 今回の話はアリスが主役で、裕人がアリスのためにビンゴの賞品のカエルのぬいぐるみ「ゲロリアンX」をアリスにプレゼントしたり、アホボンに理不尽な責めを受けたアリスを裕人が庇ったりと裕人とメイド隊の仲を強調した話になっております。
 そういえば、今回登場したシュート=サザーランドは、私の中ではアホボンという愛称で定着しています。前シリーズの最終回でその家柄を鼻にかけて裕人を散々バカにしていたのに、裕人の後ろに乃木坂家の当主がいることが分かったら自分の父親に態度を変えられてしまったという哀れな役回りでした。で、人格修行のため執事仕事をやらされていたのに、全然態度が変わっていないと言う……メイドと執事が主役のパーティに、彼らをバカにする空気を読まない態度。ダメダメじゃん。

 ということで、裕人が乃木坂家メイド隊に慕われているというお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第4話 「裕人さんのにおい……」 (10/27)

 眼鏡は顔の一部です。(キリッ)

 いやね、何が言いたいのかと言うと、なんで布団で寝ているときにすら眼鏡をかけているのかと。
 そりゃアニメでは眼鏡も登場人物を示す記号の一部ですから安易に外すことは出来ませんよ。入浴シーンなのに眼鏡かけているなんて良くあることだし。しかし布団に潜っていて、しかも寝返りまで打っているのに眼鏡……さすがに突っ込んでしまったぞ。おいおい。orz

 というわけで、原作第5巻の第19話と第20話のアニメ化でした。
 天王寺家の執事のバイトが無に帰して、ドカチンなどの重労働でプレゼントのためのお金を稼ぐ裕人。そのおかげでクリスマスパーティには間に合うも、疲労のためパーティ中に倒れてしまう。裕人の看病のため、春香が一人で残りますが……
 クリスマスに二人きりという絶好のシチュエーションにも関わらず、相変わらず春香の天然と裕人のヘタレのおかげで仲が進展しない二人です。まあ、進展しないなりにも思い出を積み重ねることで遅々とではあるが亀のように進んでいるのでしょう。
 暴走する春香パパの玄冬を押さえつける春香ママの秋穂ですが、秋穂さんは娘を信頼しているというより放置しているとしか見えない。さらには人工降雪でホワイトクリスマスを演出する美夏とメイド隊においては面白がっているとしか……理解のありすぎる家族と言うのも問題ですね。

 そういえば、原作にも出てこなかったけど綾瀬家の両親はどうなってるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 第3話 「あっ、痛……」 (10/20)

 アニメのサブタイトルが、繋げて読むとなんというか紛らわしい言葉になっている件については突っ込まないであげよう。

 というわけで、原作第5巻の第17話と第18話のアニメ化。といっても春香がメイド喫茶で働く第17話の方はさらっと流されたわけでして、本命は天王寺冬華専属の住み込みメイドになる第18話の方でした。
 今回の話は、なんというかアニメのパロディ満載の話でした。

 冬華が手乗りタイガー云々と叫ぶところは声優の釘宮理恵つながりですね。あっちも金持ちのお嬢様で背が低くてツンデレで家族愛に恵まれていないところの設定がそっくりですし、そういうハリネズミのような少女が自分に親身になってくれる身の回りの異性に気を許すところなんかはテンプレどおりの展開と言えるでしょう。
 あと冬華が持っていた斬馬刀うんぬんのデザインは、これも見覚えがある。最初は同じ作者つながりでサンライト・ハートかと思ったが、それにしてはデザインが重厚すぎるのでおそらく「ダイの大冒険」でヒュンケルが使った鎧の魔剣が元ネタでしょう。
 飯に飢えて襲撃してきたダメ姉とダメ教師のシーンには、キャッツカードが使われていました。やはり女性怪盗というイメージがあるのか。そしてその背後に浮かんだ巨人兵みたいなものは風の谷のナウシカか? しかしあの二人も社会人なんだから、裕人がいないのなら外食するとか出前を取るとかすればいいものを。これで外では有能な秘書というんだから恐れ入る。

 冬華の登場ですが、おそらくこれは春香の「財閥のお嬢様」としてのライバルキャラクターでしょう。裕人に興味を示すところなんかはそうです。ですが原作でも今まで春香と絡んだことはなく、折角のライバルキャラが使われていないところが残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)