« 2016年3月 | トップページ

2016年4月

2016年4月20日 (水)

今期のアニメの感想

今期のアニメが出揃いましたので、いくつかの作品について感想を書こうと思います。

Re:ゼロから始める異世界生活

主人公がうざいとネットで評判の「Re:ゼロ」ですが、この話は主人公が「死に戻り」能力を持ってるところが肝心ですので、初回1時間はよかったと思います。あとは、「死に戻り」を生かせる状況をどの程度用意できるかですね。

マクロスΔ

初代は戦闘民族である巨人、「7」は文化を持たない人外、「F」にいたっては人型ですらない宇宙生命体が相手とこれまでは歌文化を持たない敵勢力が相手だったのに対し、今回の「Δ」は独自文化を持ち、歌を歌う風の王国が相手という点が今までとは異なりますね。その点が面白いと思いました。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

第4部のアニメ化ですが、背景デザインがこれまでと違って絵本チックな原色塗りでしたね。それが杜旺町が持つ、普通なんだけどどこか異界な空間という雰囲気に予想以上にはまっていて驚きました。

逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~

同名ゲームのアニメ化ですが、話の展開やストーリーが原作に忠実、というかキャラのポーズや表情まで忠実にアニメ化していて面白かったです。少々忠実に作りすぎている感はありますが、これはこれでアニメ化の1つの解答だとおもいます。


あと、それ以外にもいくつか。

それが声優!

BSフジで再放送していたので見てみましたが、正直リアルタイムで視聴できなかったのが残念だと思いました。作画が畑先生なのか、声優のあるあるネタでよく考えるとなんでもないことであっさり風味なのにどこか面白いという作風は健在ですね。

遊☆戯☆王ARC‐V

シンクロ次元編ではみていて鬱憤が溜まりましたが、それは主人公の榊遊矢が自分のデュエルが全然できていなかったからですよね。遊矢は悩み苦しみぬいて答えにたどり着くタイプの主人公ですので仕方がないのですが、それが長く続くと観てる方もストレスが溜まる。だから、ジャックとの決勝戦で、ようやく自分のデュエルの在り方を見つけてからの遊矢は見ていてとてもすっきりしました。エクシーズ次元編でもそういう自分のデュエルの在り方を貫けるかは期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

2016/1-3月期終了アニメアンケート

毎回ご苦労様です。いつも遅かったので、今回は早めに参加してみました。

01,亜人,x
02,銀魂゚,x
03,JKめし!,x
04,アイカツ!,x
05,スシポリス,x

06,だがしかし,A
07,おそ松さん,S
08,血液型くん4,x
09,新あたしンち,x
10,石膏ボーイズ,x

11,鉄人28号ガオ!,x
12,牙狼 紅蓮ノ月,x
13,ノルン+ノネット,x
14,ディメンションW,x
15,ブブキ・ブランキ,x

16,ラクエンロジック,x
17,ディバインゲート,x
18,僕だけがいない街,x
19,昭和元禄落語心中,x
20,大家さんは思春期!,x

21,秘密結社 鷹の爪DO,x
22,最弱無敗の神装機竜,x
23,霊剣山 星屑たちの宴,x
24,ANISAVA日本語吹替版,x
25,少女たちは荒野を目指す,x

26,赤髪の白雪姫 第2クール,x
27,探偵チームKZ 事件ノート,x
28,おしえて! ギャル子ちゃん,x
29,シュヴァルツェスマーケン,x
30,デュエル・マスターズ VSR,x

31,うたわれるもの偽りの仮面,B
32,ナースウィッチ小麦ちゃんR,x
33,スター・ウォーズ 反乱者たち,x
34,おまかせ! みらくるキャット団,x
35,無彩限のファントム・ワールド,B

36,カンフー・パンダ ザ・シリーズ,x
37,ハイキュー!! セカンドシーズン,x
38,金田一少年の事件簿R 新シリーズ,x
39,アクティヴレイド 機動強襲室第八係,x
40,機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ,B

41,GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 炎龍編,A
42,ファンタシースター オンライン2 ジ アニメーション,x
43,カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編,x
44,ザ・ペンギンズ from マダガスカル シーズン3,x
45,バトルスピリッツ 烈火魂 バーニングソウル,x

46,プリンス・オブ・ストライドオルタナティブ,x
47,フューチャーカード バディファイト100,x
48,魔法少女なんてもういいですから。,x
49,ふうせんいぬティニー 第2シリーズ,x
50,ハルチカ ハルタとチカは青春する,A

51,がんばれ! ルルロロ 第3シリーズ,x
52,この素晴らしい世界に祝福を!,A
53,Go! プリンセスプリキュア,x
54,蒼の彼方のフォーリズム,x
55,FAIRY TAIL 新シリーズ,x

56,ルパン三世 新シリーズ,x
57,灰と幻想のグリムガル,x
58,おじさんとマシュマロ,x
59,ヘヴィーオブジェクト,x
60,どちゃもん じゅにあ,x

61,デュラララ!!×2 結,x
62,みにヴぁん 2期,x
63,てーきゅう 7期,x
64,紅殻のパンドラ,x
65,いとしのムーコ,x

66,ブレイブビーツ,x
67,闇芝居 3期,x
68,ダイヤのA,x
69,ワールドトリガー,x
70,ゴッドイーター (全13話),x

以下、寸評です。

続きを読む "2016/1-3月期終了アニメアンケート"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(第2シーズン) 第24話<最終回> 「斯く戦えり」 (04/01)

 遅くなりましたが、最終回の感想です。
 グレイの依頼でピニャを救出しに帝都に戻ってきた伊丹。だが大規模な作戦をおこなった直後のため、駐留部隊は支援ができないという。そこに現れたのは第三偵察隊の面々。隊長でなくなっても、伊丹が隊員たちに慕われてきたいい隊長だったことを示すいいシーンですね。ですが、伊丹を下男の姿にして帝城に乗り込むみんな。こういうところでぞんざいなのも伊丹の人徳か。

 伊丹がゾルザルに交渉するシーンは、ここは原作では元老院議員たちも同席していた場所で、伊丹がゾルザル持たせたワイン入りのカップをアーチャーに撃たせるというものでした。まあ、このあたりは尺の関係上細かい描写ができなかったからでしょうね。
 帝都脱出後、自分だけでなく皇帝も連れてきたことに拗ねるピニャもかわいいですが、政治的には確かに正統政府を名乗るには皇帝がいたほうがいいですからね。

 その後の下りは、構成の関係とはいえちょっと雑な感じがしましたね。
 ピニャが皇太女に就任するときのシーンですが、原作第4巻の総撃編当初ではピニャは政治を放棄して日本で遊び呆けてた、というシーンに繋がらないからあれ? と思ったわけですよ。ゾルザルが帝都を脱出するシーンで古田が連絡を取るときに「テューレさん」と呟くシーンですが、古田とテューレの交流のシーンがことごとく省略されていたため、アニメだといきなり感がしますしね。なにより、富田とボーゼス、健軍とヴィフィータ、柳田とデリラの交際をまとめて発表するのも、いきなりすぎる感じがしますね。
 このアニメはもともと分割2クールで、原作第3巻までしか放送しない予定だったのでしょう。そのため、4巻以降に繋がる伏線が、ほとんど省略されてしまっているのが残念です。ただ、いずれも微修正で繋げることができる程度の改変ですので(ピニャの皇太女就任がちょっと厳しいけど)、第3クールがないとも限りません。そのときを気長に待ちましょう。

 3か月間、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり(第2シーズン) 第23話 「空挺降下」 (03/26)

 感想を書くのを忘れてました。この感想は24話を視聴する前に書いてます。
 自衛隊による帝都強襲、講和派議員の救出作戦が開始。今まで政治的な要因により手が出せなくて歯がゆい思いをした分だけ、この回の自衛隊無双にはすっきりした感がありますね。
 特に自衛隊の作成遂行における描写が細かい。作戦開始時にデジタル時計の時刻を合わせる描写。できるだけ音を立てずにハンドサインで合図をして作戦を遂行する地上部隊。パラシュートで落下するときに「お世話になりました」と挨拶をする空挺部隊。――相当取材をしたんだろうなあというのがよくわかります。

 自衛隊の強襲にうろたえるゾルザル。こういう自分の想像の範疇外のことが起った時にうろたえて判断できなくなるところがいいですね。そしてテューレに頼り、実質的にテューレの傀儡になってしまっていることに気づかないという。

 見た目ゴージャスなボーゼスが、実は後先考えない熱血漢(乙女)であることが判明。自衛隊による救出を依頼したのち、単騎でピニャ救出に向かうが結局何もできずにヴィフィータに止められ、敵を引き連れて戻ってくるところなんかの後先の考えなさが良いですね。

 そして今回の救出作戦に間に合わなかった伊丹たちは……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ