« 長門有希ちゃんの消失 第12話 「長門有希ちゃんの消失Ⅱ」 (06/21) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第14話 「彼女の戸惑い」 (07/05) »

2015年7月 2日 (木)

長門有希ちゃんの消失 第13話 「長門有希ちゃんの消失Ⅲ」 (06/28)

 感想遅れてしまいました。

 夢を見るたびに、元の有希の記憶が蘇ってくる長門。冒頭の夢のシーンは、有希の記憶が長門と同一化していく現象をあらわしているものなのでしょうね。学校の下校時間にキョンに起こされて、長門が慌てるシーンはいつものクールさとは違った愛らしさがありました。
 朝倉がおせっかいで遊園地デートを目論むが、今の長門の希望は古本市。まさしく、本好きにとってはパラダイスなのでしょう。
 その帰りシーン、朝倉が長門に「それってもう、好きってことじゃないの」と指摘するシーンがありますが、このとき真っ赤になる長門の表情がいつものクールさを保てなくなってしまっていましたね。

 後半部、長門があと1日(後1回睡眠をとると)自我が保てなくなる、すなわち元の有希ちゃんに戻ることを自覚し、最後の一日を楽しむ展開になります。朝倉には悲しませるだけだからと、事情を打ちあけずに一緒に過ごすところは切ないです。
 その後キョンから電話がかかってきて、そこでキョンに「好き」と伝えます。そして次にあうときは以前の長門有希に戻っていることを伝えて電話を切ります。最後の最後、消えるところで星空に手を伸ばすシーンがいいですね。

 そしてキョンに起こされて、元の人格に戻った有希の慌てっぷりもらしかったです。
 いい最終回だった<嘘、全16話です。

|

« 長門有希ちゃんの消失 第12話 「長門有希ちゃんの消失Ⅱ」 (06/21) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第14話 「彼女の戸惑い」 (07/05) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

涼宮ハルヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/61827838

この記事へのトラックバック一覧です: 長門有希ちゃんの消失 第13話 「長門有希ちゃんの消失Ⅲ」 (06/28):

« 長門有希ちゃんの消失 第12話 「長門有希ちゃんの消失Ⅱ」 (06/21) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第14話 「彼女の戸惑い」 (07/05) »