« 長門有希ちゃんの消失 第11話 「長門有希ちゃんの消失Ⅰ」 (06/14) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第13話 「長門有希ちゃんの消失Ⅲ」 (06/28) »

2015年6月25日 (木)

長門有希ちゃんの消失 第12話 「長門有希ちゃんの消失Ⅱ」 (06/21)

 感想遅れてしまいました。

 人格が変わった長門が過ごしていくうちに、今までの有希の記憶と感情が長門に流れ込んでくる。このときの描写で、画面にノイズが走るところとか、9話で有希ちゃんが夜空の星を掴もうとするシーンと、今話で長門が届かない位置にある本を取ろうとして手を伸ばしたシーンを重ねてるところとか、本当によくできていると思いました。

 長門の記憶にでてきた、過去の有希が図書館で貸し出しカードを作ってもらおうとして声をかけられずにいたところを、キョンがおせっかいで作ってあげたシーンは、原作での別世界の長門の記憶を元にしたイベントですよね。このシーンの有希はこの話の内気だが感情豊かな有希とはまた印象が違うのですが、まだキョンともハルヒたちとも知り合っていない時期なので友人は朝倉だけだったはず。むしろ今の有希の方がみんなと知り合って変わった姿なのでしょう。

 有希の人格が目覚め始めることで、長門が自分のアイデンティティを見失いそうになる感情の揺れは切なかったですね。メガネ店に行って壊れたメガネを直してもらったけど、直したメガネ(今までの有希の象徴)をかけるのを拒否したりするところとかは象徴的ですよね。

 ただ、図書館での本棚をみて目を輝かせたり足が地に着かなかったりするシーンの長門は、デフォルメもあってかやはり今の有希とダブって見えました。閉館までのあと9分で本を読みきろうとするところとかは馬鹿みたいで楽しいですし。

|

« 長門有希ちゃんの消失 第11話 「長門有希ちゃんの消失Ⅰ」 (06/14) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第13話 「長門有希ちゃんの消失Ⅲ」 (06/28) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

涼宮ハルヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/61794164

この記事へのトラックバック一覧です: 長門有希ちゃんの消失 第12話 「長門有希ちゃんの消失Ⅱ」 (06/21):

« 長門有希ちゃんの消失 第11話 「長門有希ちゃんの消失Ⅰ」 (06/14) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第13話 「長門有希ちゃんの消失Ⅲ」 (06/28) »