« 長門有希ちゃんの消失 第9話 「その手を…」 (05/31) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第11話 「長門有希ちゃんの消失Ⅰ」 (06/14) »

2015年6月 9日 (火)

長門有希ちゃんの消失 第10話 「サムデイ イン ザ レイン」 (06/07)

 前回のラストで交通事故にあったと思われる有希ちゃんですが、実際には重傷ではなく、軽いうち身とかすり傷で済んだみたいです。

 が、それからちょっと様子がおかしい。今まで見せた感情の豊かさがなく、まるで自分の様子を客観的に見ているような感じです。夜更かしして朝寝坊することもなく、部室でも難しい本を読んでいる。というか、海外の小説を原書で読むというのは、単純にすごいと思うぞ。いつも文芸部とは名ばかりで、ゲームをしていた有希ちゃんとは思えない。

 原作を知っている視聴者の身としては、この有希ちゃんは有希ちゃんではなく、むしろ原作の長門の性格だと気づきますよね。内気で引っ込み思案でも感情が豊かだった本作の有希ではなく、原則として無表情無感情な原作初期の長門にちかい。今回長門が用意したスペアのメガネは、原作の長門がしていたものだったわけで。
 ただ、それは登場人物がすぐに気がつく類のものでもない。一見なにも変わらず行動しているからこそ、キョンにしても朝倉にしても、すぐには有希の異変に気がつかなかっただけで。ただ、普段と何か違うという違和感みたいなものを感じるだけですね。

 でも、親友である朝倉は、有希の異変に気づいたと。最後の「あなた、誰ですか」はそういうことですよね。
 ちなみに、今回のサブタイトル「サムデイ イン ザ レイン」は、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のオリジナルエピソードのサブタイトルですね。時系列的にはこの後、キョンが宇宙人も未来人も超能力者もいない世界に迷い込むというエピソード「涼宮ハルヒの消失」に続くわけですが、今回は逆に長門の性格が原作のそれに近くなるという逆転現象が起こってるのも、面白いところですよね。

|

« 長門有希ちゃんの消失 第9話 「その手を…」 (05/31) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第11話 「長門有希ちゃんの消失Ⅰ」 (06/14) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

涼宮ハルヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/61720219

この記事へのトラックバック一覧です: 長門有希ちゃんの消失 第10話 「サムデイ イン ザ レイン」 (06/07):

« 長門有希ちゃんの消失 第9話 「その手を…」 (05/31) | トップページ | 長門有希ちゃんの消失 第11話 「長門有希ちゃんの消失Ⅰ」 (06/14) »