« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月27日 (水)

長門有希ちゃんの消失 第8話 「涼宮ハルヒの謀」 (05/24)

 ハルヒの温泉回。
 鶴屋さんの伝手でやってきた「鶴寿館」ですが、従業員が新川さん、多丸兄弟、森園生と原作の機関関係者が勢ぞろいしましたね。ところで森園生って、確か学校の先生役でも登場してきたような気がしたのですが、そっくりさんなのでしょうか? (キョンも疑問に思ってたし)
 この旅館のお見合い温泉ていうのは、女子が公認で男子を覗くことができるという代物ですか。やだなー(笑)
 有希はメガネがないと見えないから、朝倉につかまって歩いてます。
 で、温泉回でハルヒと鶴屋さんが騒いだり、卓球大会を開いたりと温泉を十分楽しんでいますね。でもあの卓球大会、半分八百長じゃないの?
 キョンと有希は二度目の温泉でもじもじお見合いしたりとなかなか楽しい話になってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

長門有希ちゃんの消失 第7話 「ねがいごと」 (05/17)

 感想遅れました。
 いつもの文芸部の面々がたむろしているところへ、ハルヒが「旅の歩み」という冊子を持ってくるところから始まる。
 小泉が相変わらずゲームが下手だったり、朝倉が先週の件で数学の参考書と格闘したりとらしいすごし方をしていましたけど、ハルヒが鶴屋さんのツテで格安で温泉合宿にいくことになりました。おまけに行った後の感想まで書いてあるという無駄に行動力がすごい。
 けどもっとすごいのは、朝倉が先週のキョンと有希のじゃれあいをみて興奮しまくっていること。ハルヒがツッコミ役になるという世にもめずらしいシーンが見えた。

 旅行の出発にはキョンが遅れてしまう。あのかばんの中にキョンの妹が入ってるかと誰もが思ってることでしょうね。
 旅先でソバを食べたのに、有希は出店で食べ物に迷って全部注文したりと。そりゃあ原作でも長門は隠れ大食いキャラでしたからね。世界が変わっても食いしん坊キャラは変わりないか。
 あとパワースポットと称して、線香の煙を浴びるハルヒたちとか。相変わらずフリーダムです。
 それから、有希に気を使ってお守りを勧める朝比奈さん。原作では朝比奈さんは長門が苦手という設定がありましたが、性格が違うからかこの作品では良好な関係を築いているみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

長門有希ちゃんの消失 第6話 「Over the Obento」 (05/10)

 先週がバレンタインデー(とホワイトデー)だと思ったら、今週はいきなり2年生に進級してました。原作ではこの間に文芸部の廃部騒動が起こっていたと思ったのですが……って、それはもう本編開始前にやってましたね。あと、原作では長門はキョンたちと同じクラスにはならなかったと思ってたのですが、この作品では同じクラスになりましたね。
 今回は実質的にエピソードが3つ、本当にバカップルな話でした。

 まずはハルヒと小泉が、堂々と北高に入ってきていたこと。いつの間にかハルヒが北高の入校許可証をゲットしていた。って、その手口は有希に書類へサインを記入させるという。本人の意識がそこにないうちにサインさせる手口は、かの新谷かおる先生の「エリア88」を思い出してしまった。
 こんな下手な詐欺にひっかかった有希に朝倉が詰め寄るけど、有希の方は一緒に部活できるようになれて嬉しいといったところか。

 次に、キョンが有希に数学を教えてもらおうとして、なぜか朝倉に教えてもらうことになる話。朝倉の女教師役がすごくよく似合う。……それがなぜか、ハルヒと朝倉の数学対決の話になってしまったが。キョンが朝倉を焚きつけるときの台詞がすごいですね。北高の名誉を背負って数学の問題に挑むが、進学校である光陽園学院は学習内容が進んでいたため手に負えなかった。そこで、朝倉が持ち出した最終兵器が有希。一読しただけで答えを出す有希だが、その演算過程の説明が「宇宙語」になるほど意味不明でした。

 最後は、キョンと有希がじゃれあう話。昼休みに携帯ゲームに夢中になる有希にキョンがいたずらでゲーム機を取り上げるが、その際抱きつく形になってしまい、そこをドアから朝倉に見られてしまう。あと、お弁当を半分こにするのが敷居が高いからと、なぜかあーんで食べさせてもらうことになり、そこも見られてしまう。あーんにしてと言ったのは、たぶん有希がテンパったからだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

長門有希ちゃんの消失 第5話 「彼女の憂鬱」 (05/03)

 GW中は実家に帰っていて、感想を書くのが遅れました。いえ、実家では6日に放送されていたのですが、感想を書くパソコンがなかったので。

 ハルヒがキョンに板チョコを渡していたシーンに遭遇して逃げてしまった有希ですが、後から聞いたところだと、チョコレートを渡すなら二人きりにしておいたほうがよいと思ったとのこと。うーん、有希ちゃん、ハルヒが将来恋のライバルになるとは思わないんだろうか。朝倉が気を揉む理由がわかる気がします。
 ハルヒはどう見ても義理チョコである板チョコを渡したくらいで逃げ出すこともないという考え方ですし、朝倉は流れで有希のチョコまで義理と思われるのを心配するし……この心配はホワイトデーに、キョンが有希とハルヒに同じクッキーを返すということで現実のものになりましたが、しかし有希は、それでも嬉しいと喜んでますね。

 あと、ハルヒの回想シーンにでてきたのは原作にもあった、3年前の七夕の夜の出来事ですよね。まあ、宇宙人も未来人も超能力者もいない世界での出来事だから、キョンも中一でしたけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »