« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

長門有希ちゃんの消失 第4話 「Be my Valentine」 (04/26)

 バレンタインに向けて、朝倉の指導でチョコレート作りに励む有希ちゃん。
 バレンタインデーは恋人たちとの定番のイベントですが、ここでの有希もキョンに手作りのチョコレートを渡すために奮闘しますね。しかし、初めの予定があまり工夫のないハート型のチョコレートとか、チョコを溶かすのにラップで包んでレンジでチンとか、要所要所で朝倉のダメだしが入る。有希ってば、実は食べ専? 女子力が低いです。

 いっぽうキョンは、ハルヒと不思議探索に出かけているのであった。このあたりの強引な流れはハルヒらしいといえばらしいのですが、河童を探そうとして川で戯れているハルヒとキョンの姿は、どう見ても恋人同士のじゃれあいにしか見えない。ハルヒも恋愛は病気と言ってるのに、何をやってるんだか。

 バレンタインデー当日、谷口のおバカさ加減はノーコメントで。国木田にチョコがあるのは、あのかわいらしさならまあ納得。
 キョンに先に部室に行かせて、後から有希が入っていくという朝倉の作戦は、有希の心構えという意味では確かによかったかもしれない。けれど、その場には涼宮ハルヒがいたのも計算外で、しかも板チョコを手渡ししているところだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

2015/1-3月期終了アニメアンケート (第36回調査)

毎回ギリギリになって参加するのはどういうことか。
明日やれることは今日やらないというのか。
アニメ調査室(仮)さん、いつもご苦労様です。


01,戦国無双,x
02,ユリ熊嵐,x
03,暁のヨナ,x
04,みりたり!,x
05,(欠番)削除不可,x

06,団地ともお,x
07,七つの大罪,x
08,オレカバトル,x
09,マジンボーン,x
10,純潔のマリア,x

11,テンカイナイト,x
12,デス・パレード,x
13,うわばきクック,x
14,(欠番)削除不可,x
15,ヒーローバンク,x

16,幸腹グラフィティ,A
17,夜ノヤッターマン,A
18,山賊の娘ローニャ,x
19,新妹魔王の契約者,D
20,GO-GO たまごっち,x

21,寄生獣 セイの格率,x
22,秘密結社 鷹の爪EX,A
23,聖剣使いの禁呪詠唱,x
24,牙狼 GARO 炎の刻印,x
25,銃皇無尽のファフニール,x

26,冴えない彼女の育てかた,A
27,蒼穹のファフナーEXODUS,B
28,弱虫ペダル GRANDE ROAD,x
29,美男高校地球防衛部LOVE!,x
30,探偵歌劇ミルキィホームズTD,x

31,クロスアンジュ 天使と竜の輪舞,x
32,ガンダムビルドファイターズトライ,A
33,フューチャーカード バディファイト,x
34,ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ,x
35,アイドルマスターシンデレラガールズ,x

36,キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎,x
37,超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ,x
38,少年ハリウッド HOLLYSTAGE FOR 50,x
39,みんな集まれ! ファルコム学園SC,x
40,がんばれ! ルルロロ 第2シリーズ,x

41,ログ・ホライズン 第2シリーズ,B
42,ハピネスチャージプリキュア!,x
43,Bonjour♪恋味パティスリー,x
44,ガンダム Gのレコンギスタ,B
45,うぇいくあっぷがーるZOO!,x

46,デュエル・マスターズ VS,x
47,艦隊これくしょん 艦これ,A
48,アルドノア・ゼロ 第2期,x
49,アブソリュート・デュオ,x
50,ふうせんいぬティニー,x

51,レディジュエルペット,x
52,ドラゴンコレクション,x
53,ローリングガールズ,A
54,神様はじめました◎,x
55,デュラララ!!×2 承,x

56,まじっく快斗1412,x
57,ドアマイガーD,x
58,血液型くん! 2,x
59,四月は君の嘘,x
60,東京喰種√A,x

61,SHIROBAKO,x
62,DOGDAYS'',x
63,ISUCA,x
64,おにくだいすき! ゼウシくん 2期,x
65,野良スコ,x

以下、寸評です。

続きを読む "2015/1-3月期終了アニメアンケート (第36回調査)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

長門有希ちゃんの消失 第3話 「涼宮ハルヒ!!」 (04/19)

 前回のラストで公園から飛び出してきたのは、原作ヒロインにして光陽園学院の有名人、涼宮ハルヒだった。
 いや、ずけずけとものをいうは、さり気にコーヒーを奢らせたりと原作同様の傍若無人さを見せておりますが、でもその前向きな性格が有希にとっては有意義だったのですね。有希もキョンも結構振り回されて、部室のクリスマスの飾りつけを片付けるのに遅れたのはご愛嬌です。
 と思ったら、ハルヒが堂々と北高に乗り込んでくる。そしてカンだけでキョンのいるところにたどり着いたり、体操服を奪ったり謎の転校生の古泉を連れてきたりとやりたい放題。北高文芸部を着々と占拠していくあたりのバイタリティはやはり原作のものですね。基本的に有希以外のキャラクターの性格は変わっていない(これは原作の「消失」世界と同じ)。あと、古泉がハルヒを好きというのも、「消失」世界と同じですね。
 キョンがハルヒにポニーテールを薦めるところも原作を思い浮かべますが、それを有希がみて伸ばそうかなと対抗するところが可愛らしい。でもキョンは、有希は今の髪型が似合ってるとフォローしてるが…、うむ。この世界のキョンは天然ジゴロになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

長門有希ちゃんの消失 第2話 「もろびとこぞりて」

 今回はクリスマス。有希の希望で文芸部室にてクリスマスパーティを行うことになる。クリスマスの準備を任されたのに、綿雪ならぬ雪綿で雪合戦をしてて朝倉に起こられるキョンと有希がおかしい。
 クリスマスの合間に回想シーンが入りましたが、文芸部は部員が1名しかなく、5人部員がそろわなければ廃部の危機に陥っていた。しかし後ろ向きな長門は部員集めに乗り出せずにいたと。この世界における朝倉は、有希のいい友達をやってますね。後ろ向きな彼女にハッパをかける役目を果たしてます。まあ本編と違って、キョンを殺そうとかしてないだろうし。

 有希が踏み出せないでいたところ、公園でハルヒに捕まってしまう。ハルヒの落書きに付き合わされた有希は、そのバイタリティを見習って自分も踏み出そうとして、そしてキョンを文芸部に誘ったのか。この世界の文芸部は、有希、キョン、朝倉、鶴屋さん、朝比奈さんの5人になっているわけですね。

 でもやっぱりこの作品の有希は、内気なだけで感情表現が豊かですね。クリスマスが楽しみで夜眠れなかったりとか。
 それとキョンの目つきが原作よりまとも?になってるけど、これは有希視点で話が語られているからだと思います。有希にはキョンがこう見えると。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

長門有希ちゃんの消失 第1話<新番組> 「大切な場所」

 「長門有希ちゃんの消失」、もともとは「涼宮ハルヒの憂鬱」からのスピンオフした漫画なのですが、私はこれはほとんど未読でした。しかし、アニメ第1話の出来が結構よかったので、この作品の感想を書きたいと思います。

 この作品の世界観としては、映画にもなった「涼宮ハルヒの消失」における、宇宙人も未来人も超能力者もいない世界が元になっているようですね。……ですが、この世界の有希ちゃんですが、原作の「涼宮ハルヒの憂鬱」世界の長門とはもちろん、「消失」世界の長門とも全然違う。原作の長門は無表情・無感情ですが、消失世界の長門は無表情ながら非常に内気な性格で感情はあった。しかし、この世界の有希ちゃんは感情表現が結構豊かで、ボケもこなしている。また、朝倉や鶴屋さんからいじられキャラとしてかわいがられているようです。でも、そういう有希ちゃんもけっこうかわいらしくていいですね。

 キョンは相変わらず本名不明ですが、この世界では既に有希ちゃんが部長の文芸部に入部しているみたいですね。しかも、結構仲がよろしい様子。その代わりに、原作ではあれほど好意を寄せていた朝比奈さんとは仲が疎遠みたいですね。でも、朝比奈さんも鶴屋さんに結構振り回されているし。

 キャラクターデザインは漫画原作のぷよ先生を基にしているためか、特にキョンあたりのデザインに違和感がありましたが、まあおいおい慣れてくるでしょう。
 それでは、3ヶ月間よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

ガンダムビルドファイターズトライ 第25話<最終回> 「僕たちのガンプラ」 (04/01)

 今回は最終回らしく、なんでもありというかはっちゃけた感が強く出ていて面白かったです。
 冒頭のメイジン・カワグチ対レディ・カワグチの戦いはよかったです。しかし、サカイ・ミナトがメイジン杯に出したすーぱーふみなって、どうみてもガンプラの範疇を越えてるやろと思うのはわたしだけだろうか? 一昔前にはやったロボット少女というかMS少女のテイストですね。それでも、メイジンが叱責したのが「本人からの承諾を得ていない」って、肖像権しか問題にしてないのかよと思わず突っ込んでしまった。
 しかも、その場のノリで「決着はガンプラバトルでつけよう」と決まったにもかかわらずバトルシステムが盛り上がり、さらには会場の床面全体がバトルシステムに。おまえらどこまでこういうノリが好きなんだよと突っ込んでしまった。

 そこからはもう乱戦。ユウマとミナトの戦いでミナトがすーぱーふみなの造形美を訴えたらフミナが乱入するし、そこにセカイがカミキバーニングガンダムで乱入するし、しかもそれがシアと1週間一緒に修行してきた成果だというわけだからギャン子まで乱入しておおもめ。その場にいた参加者も乱入して、さらにメイジン・カワグチやラルさんまで乱入。二人の「大人気ない」動機に笑ってしまった。ミライ姉さんのベアッガイFも乱入したりと笑いました。

 結局のところ、ガンプラは楽しむもの、細かいことは気にするなということですね。私も見ていて楽しめました。

 半年間、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »