« ソードアート・オンラインII 第24話<最終回> 「マザーズ・ロザリオ」 (12/20) | トップページ | ガンダムビルドファイターズトライ 第13話 「ビヨンド・ザ・ナックル」 (01/07) »

2014年12月24日 (水)

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話 「未来へ羽ばたくために」 (12/24)

 ガンダムジエンドを操るアドウ・サガすら、世界大会には実力不足と言ってのける三代目メイジン・カワグチとアメイジングレッドウォーリアー。アラン・アダムスの介入で強制終了になりましたが、今回はユウマとフミナに足りないものを見せ付けるという話になりました。

 メイジン・カワグチはコウサカ・ユウマを連れて、ガンプラショップに入店。そこで機体を入れ替えての(ハンデ)バトルを申し入れる。左腕がほとんど動かなくなったライジングガンダムで、ユウマの操るレッドウォーリアーを圧倒するメイジンですが、この戦いでメイジンが言いたかったのは限界を作っているのは君の心だということ。頑張ったとかベストを尽くしたは他者にかける言葉で、自分を慰めるためのものではないとか、容赦のない言葉を浴びせかけますが、これでユウマはまだ自分には改善できる余地があると泣いて喜びます。うーん、いいですね。

 その一方で、フミナに接近したのはレディ・カワグチ。以前ガンプラバトル選手権に出場したかとフミナに聞かれるけど、本人は否定する。なんでだと思って公式サイトを見たら、否定したのは「年齢がばれるから」……。うん、女性に年齢は禁句だよね。
 レディ・カワグチってなんだよと思ったら、将棋や囲碁の女流名人に相当する地位だそうです。前作に彼女に相当するキャラがいたかなと思ったけど、心当たりがなし。メイジン・カワグチが「君(ユウマ)のお姉さんには世話になっている」と言ってたから正体はチナじゃないかと思ったけど、金髪の上胸があったのでチナとは違うな。
 彼女がフミナに足りないものがあるといって挑んだ戦いでは、フミナが自作のウィニングガンダムに装備した武器を使いこなせていないことを指摘。メイジン・カワグチとは違ってこちらは相手のガンプラを実際に破壊してしまってますね。

 そしてセカイは、ビルドバーニングガンダムの修理のために赴いた制作室で、なぞの少女と出会う。……というか、ラルさんが言ってたようにセカイにガンプラの満足な修理はできないんですよね。今までいったい誰が修理していたんだ?

|

« ソードアート・オンラインII 第24話<最終回> 「マザーズ・ロザリオ」 (12/20) | トップページ | ガンダムビルドファイターズトライ 第13話 「ビヨンド・ザ・ナックル」 (01/07) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダムビルドファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/60861169

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムビルドファイターズトライ 第12話 「未来へ羽ばたくために」 (12/24):

« ソードアート・オンラインII 第24話<最終回> 「マザーズ・ロザリオ」 (12/20) | トップページ | ガンダムビルドファイターズトライ 第13話 「ビヨンド・ザ・ナックル」 (01/07) »