« ソードアート・オンラインII 第14.5話 「Debriefing」 (10/11) | トップページ | ガンダムビルドファイターズトライ 第3話 「その名はギャン子」 (10/22) »

2014年10月19日 (日)

ソードアート・オンラインII 第15話 「湖の女王」 (10/18)

 キャリバー編開始です。
 このエピソードは本来なら独立した1中篇でしかないのですが、まあストーリー的に長編のどれかに属するものではないだけに外伝の1エピソードとして扱われていますね。ストーリー的には省略がほとんどなく、じっくり描かれているのがうれしいです。

 ヨツンヘイムでキリトとリーファがトンキーと知り合ったエピソードは、アニメでは省略されましたがフェアリーダンス編に挿入された1エピソードです。尺の関係で省略されたのですが、そのときエクスキャリバーが氷宮に封印されているのが、クライマックスの対オベイロン編でマスター権限によりエクスキャリバーを召還したキリトという伏線になっていたのですが、そのときやむをえないとはいえマスター権限を使用してしまったことがキリトの心残りになっていた――というエピソードがありましたね。このキャリバー編はその続編ともいえるわけです。

 シノンはGGOとは別にALOにアカウントを作ってきたのですが、ケット・シーで弓使いというビルドを選択。100メートルの距離からばんばん弓を放つのは怖い。
 そして、クラインは魔のついた技能はとれないと言ってましたが、RPGで侍が剣士プラス黒魔術師というのが定番というのはウィザードリィからの伝統ですね。実はゲームによっては必ずしもそうではないわけなのですが。ALOにソードスキル実装されたこと、その上位スキルに魔法属性が追加されたというのはこの後の伏線になってくるわけですね。

 そして湖の女王ウルズからの依頼。もうひとつのエスクキャリバー獲得クエストが虐殺(スローター)系なのはスリュムヘイムからの侵攻による虚言で、プレイヤーを騙すためのものだったとか。《霜の巨人族》が《丘の巨人族》を倒すためにプレイヤーを騙すという、なんとも大掛かりなクエストになりましたが、このあたり説明が抜け落ちているため何が起こっているのかわかりづらい。次回その辺りの説明があるはずだと思います。

 そしてキリトよ。このお礼は精神的に……って何をするつもりなのかな。

|

« ソードアート・オンラインII 第14.5話 「Debriefing」 (10/11) | トップページ | ガンダムビルドファイターズトライ 第3話 「その名はギャン子」 (10/22) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ソードアート・オンライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/60509380

この記事へのトラックバック一覧です: ソードアート・オンラインII 第15話 「湖の女王」 (10/18):

« ソードアート・オンラインII 第14.5話 「Debriefing」 (10/11) | トップページ | ガンダムビルドファイターズトライ 第3話 「その名はギャン子」 (10/22) »