« ソードアート・オンラインII 第12話 「幻の銃弾」 (09/13) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第14話 「小さな一歩」 (10/04) »

2014年9月28日 (日)

ソードアート・オンラインII 第13話 「ファントム・バレット」 (09/27)

 今回のサブタイトル「ファントムバレット」ですが、原作5巻の単行本が出た当時は死銃の銃弾のことだと思ってたんですよね。大抵のファンはそうだったはず。ところが原作の6巻が出たときに、シノンの照準予測線による攻撃が出たときに、それを幻影の一弾《ファントム・バレット》と呼んだシーンが出てきたときに、そうだったのかと感心しました。凄いダブルミーニングだと。
 キリトは確かにラフコフの相手の名前を聞かなかった。しかし、事前の打ち合わせで《赤目のザザ》の名前を聞いていた。このあたり原作ではザザがエストック使いで細剣(レイピア)を使うアスナと戦闘スタイルが近いということが伏線になってたけど、まあこの程度のエピソードなら省略もやむなしか。
 光学迷彩で隠れそうになったデス・ガンをキリトが左手のハンドガンで牽制してダメージを与えるのは、SAO時代の二刀流重突進技《ダブル・サーキュラー》の左手の剣の代わりに銃を使ったという演出ですね。キリトが左手に銃を構えて突進するのを、SAOキリトが左手に剣を突き出して突進するシーンとダブらせていたのは良かったです。

 後半、新川恭二が朝田詩乃を襲うシーンですが、だんだんキチになっていく演技演出が恐ろしかった。親の期待から医学部への進学を義務付けられているのにそれが負担になっていたこと、GGOに現実のすべてを注ぎ込んでいたこと、それなのにゼクシードの情報でキャラ育成に行き詰っていたこと、詩乃に近づいたのは過去に銃で人を殺したことがあるからなど、……うーん、悪役は最後にいちいち丁寧に自分の動機を告白するなんてお約束ですな。
 恭二から抜け出した詩乃はそのまま玄関から逃げ出そうとするけど、原作ではその前にモデルガンで恭二を撃とうとするシーンがあったんですよね。これはトラウマの克服のエピソードの一環だったけど、尺の関係かな。キリト/桐ヶ谷和人が乱入してくるためには鍵を開けるシーンが必要なため、そちらが優先ですよね。

 あと、シノンが「第1回BoBで優勝する人が油断して……」とお土産グレネードを説明するシーンで、(原作登場の)あいつそんな間抜けな罠にひっかかっていたのかと驚いたのですが、原作で確認すると「北米サーバの第1回」でした。そうだよな、いくらなんでもあいつそんな間抜けな罠にはひっかからないよな……

|

« ソードアート・オンラインII 第12話 「幻の銃弾」 (09/13) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第14話 「小さな一歩」 (10/04) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ソードアート・オンライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/60391294

この記事へのトラックバック一覧です: ソードアート・オンラインII 第13話 「ファントム・バレット」 (09/27):

« ソードアート・オンラインII 第12話 「幻の銃弾」 (09/13) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第14話 「小さな一歩」 (10/04) »