« ソードアート・オンラインII 第6話 「曠野の決闘」 (8/9) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第8話 「バレット・オブ・バレッツ」 (8/23 »

2014年8月17日 (日)

ソードアート・オンラインII 第7話 「紅の記憶」 (8/16)

 直葉に「Kirito」をGGOにコンバートしたことが知られて、苦しい言い逃れをする和人。いろいろ事情を察してくれる妹なのはいいけど、あの後お約束として集られてしまう。カーボンナノチューブの竹刀って、どのくらいの値段がするんだろう?(ググッてみたら、安いので四千円台、高くても三万円台みたいですね。それだけだとそんなに高くないかも。でも、直葉だけじゃなく珪子(シリカ)や里香(リズベット)も話を聞けば強請ってくるかもしれないので、懐が痛くなった可能性があるな)

 詩乃と恭二の会話ですが、どうもかみ合ってませんね。SAOシリーズでは各シリーズにヒロインが登場するのですが、アスナを除く長編のヒロインには相方役の仲の良い男性(直葉には慎一(レコン)、アリスにはユージオ)が登場します。しかしそれはキリトとの対比のために登場するため、どうしても引き立て役にならざるを得ない。恭二は詩乃に強い女性に対する憧れのようなものを抱いているけど、詩乃は過去の出来事から、普通の女の子になりたくてもなれなかったというトラウマを抱えている。そこにずれがあるのでしょう。
 ちなみにアスナにはキリト以外に仲の良い男性役は登場しない。マザーズ・ロザリオ編でユウキが登場したとき、なんでこんなに少年っぽい性格なのに女の子なんだろうと思ったわけですが、よくよく考えるとシリーズを通してのメインヒロインであるアスナがキリト以外の男性と仲良くなるわけにはいかないよなあと納得した覚えがある。

 あと、和人と美人看護師の安岐ナツキの会話ですが、彼女は和人のリハビリを手伝ってくれた人ですね。キリトにとっては、SAOでのPK(プレイヤーキラー)は普段意識していないけどトラウマになってたことが良くわかります。それでもナツキに抱きかかえられて、うらやまけしからん奴です。

|

« ソードアート・オンラインII 第6話 「曠野の決闘」 (8/9) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第8話 「バレット・オブ・バレッツ」 (8/23 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ソードアート・オンライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/60165422

この記事へのトラックバック一覧です: ソードアート・オンラインII 第7話 「紅の記憶」 (8/16):

» (アニメ感想) ソードアート・オンラインII 第7話 「紅の記憶」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ ソードアート・オンライン コンプリート DVD-BOX2 (15-25話, フェアリィ・ダンス編完, 275分) SAO 川原礫 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください]()不明商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一...... [続きを読む]

受信: 2014年8月19日 (火) 17時49分

« ソードアート・オンラインII 第6話 「曠野の決闘」 (8/9) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第8話 「バレット・オブ・バレッツ」 (8/23 »