« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

2014/4-6月期終了アニメアンケート

仕事で忙しく、なかなか時間をとれずにすみません。
2014/4-6月期終了アニメアンケートに参加します。

01,ニセコイ,x
02,蟲師 続章,x
03,弱虫ペダル,x
04,神々の悪戯,x
05,監督不行届,x

06,悪魔のリドル,x
07,星刻の竜騎士,x
08,棺姫のチャイカ,x
09,シドニアの騎士,x
10,一週間フレンズ。,x

11,ラブライブ! 第2期,x
12,ブラック・ブレット,x
13,犬神さんと猫山さん,x
14,僕らはみんな河合荘,A
15,龍ヶ嬢七々々の埋蔵金,x

16,それでも世界は美しい,x
17,極黒のブリュンヒルデ,x
18,ブレイドアンドソウル,x
19,ノブナガ・ザ・フール,x
20,デート・ア・ライブII,C

21,ソウルイーターノット!,x
22,健全ロボ ダイミダラー,x
23,ご注文はうさぎですか?,x
24,金色のコルダ Blue Sky,x
25,ノーゲーム・ノーライフ,x

26,メカクシティアクターズ,B
27,風雲維新ダイショーグン,x
28,ピンポン THE ANIMATION,x
29,彼女がフラグをおられたら,C
30,selector infected WIXOSS,x

31,おしりかじり虫 第2シリーズ,x
32,マンガ家さんとアシスタントさんと,x
33,ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター,x
34,召ませロードス島戦記 それっておいしいの?,x
35,エスカ&ロジーのアトリエ 黄昏の空の錬金術士,x

36,史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃 (TV初放送),x
37,となりの関くん (ネット配信分14-21話),x
38,霧くまs (蒼き鋼のアルペジオ),x
39,ブレイクブレイド (再構成版),x
40,GJ部@ (特番),x

続きを読む "2014/4-6月期終了アニメアンケート"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソードアート・オンラインII 第4話 「GGO」 (7/19)

 菊岡の依頼でGGOの世界にログインしたキリトだが、割り当てられたアバターは男の娘だった。(笑)
 設定では長期間よそのゲームでプレイしたアカウントからコンバートすると出やすくなるという設定なんだけど、こういう男なのにかわいらしいデザインというのは、アメリカ人離れしたセンスだと思う。きっとザーカスには日本人スタッフがいるに違いない。
 とはいえ、CVは松岡さんのままだし、声も心持ちキーを上げてる程度なので、男の子にも見えるけどね。原作ではabecさんが、女の子に描いてからわざわざ胸の部分を削った(w)という。

 シノンに声をかけたけど、女の子に間違われたまま案内してもらうことになる。というか、自分から誤解を解かずにいる時点で有罪だ。
 相変わらず、攻略不可能な難度のミニゲームを「弾道予測線を予測する」という技でクリアしたり、銃の世界なのに光剣をメインアームにしたりとやりたい放題、ある意味マイペースなのがキリト先生ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

ソードアート・オンラインII 第3話 「鮮血の記憶」 (7/19)

 第3話でやっとGGOという銃と硝煙の世界にダイブしているシノンの事情が語られましたね。

 シノンこと朝田詩乃のリアルは女子高生。過去に銀行強盗に遭遇して、犯人を逆に射殺してしまった過去を持つ、というヘビーな過去を持つ少女でした。その件で銃に対するストレス障害を抱き、モデルガン……どころか恐喝女の人差し指ですらトラウマを発するようになってしまう。詩乃がGGOをやってるのは銃器に対するトラウマを克服するためだったんですね。
 その詩乃にGGOを勧めたのが、新川恭二くん。詩乃の友人で、恐喝に会っていた詩乃を助けた人なんですが、うむ、どうにもネガティブ思考なところがありますね。医者の息子で医学部志望、高校に通わず大検を受けている……の割にはGGOに入り浸っているとか。GGOの初期に流行ったAGI型のPCを持っているそうですが、行き詰っているようでした。

 第3話の終わりでやっとキリト君がログインするところまでいきました。正直ファントム・バレット編は文庫本にして2巻分しかないので、アニメにするにしても分量が足りないのではと思ったのですが、1巻6話のペースでいくなら1クールになりますね。話の引き伸ばしがあるとしらける部分があるのですが、第1シリーズでは2クールで文庫本6巻分相当を消化したため話が省略されてしまった部分がありました。だから、じっくりやってもらえるのはうれしい。

 でもキリト、相変わらず女に縁があるなあ。女性看護士さんといちゃいちゃするんじゃないぞっと。

続きを読む "ソードアート・オンラインII 第3話 「鮮血の記憶」 (7/19)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

ソードアート・オンラインII 第2話 「氷の狙撃手」 (7/12)

 今回の話はファントム・バレット編のヒロイン、シノンの紹介話ですよね。本筋にはほとんど関係ないけど、原作にはあった箇所ですし、シノンがいかに(GGO内で)凄腕のスナイパーかを紹介しています。

 シノンが狙いを定めるとき、視界に緑の丸が現れますがこれは弾道予測円ですね。心臓の鼓動に応じて狙いが定まる、GGOにおけるゲーム的要素の1つ。そしてシノンが狙撃したとき、ベヒモスが赤い弾道を視認しますが、これは弾道予測線ですね。ゲーム的要素を高めるために、敢えて敵の射線を知覚させるための演出です。これで発射された弾を見てから避けるという芸当が可能になる。ちなみに最初のミニミの男が避けられなかったのは、狙撃において知覚していない敵からの第1撃は弾道予測線が出ないため。以上、原作における設定でした。

 今回のヒロインのシノンは、GGO内において強くなることに強いこだわりを見せています。表向きはクールで冷静なのに、相手が傭兵を雇ったと知って、それが戦場で笑えるだけの強さを持っていると知ると、すぐに駆け出してそいつを倒そうとする。リーダーの男を叱咤して、パーティを掌握して敵と対峙する。それだけの熱い部分をもっています。

 その一方で本来の主人公は、ALOでアスナと昼寝を楽しんでいた。モゲロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

ソードアート・オンラインII<新番組> 第1話 「銃の世界」 (7/5)

 仕事が忙しくなって時間が取れなかったけど、SAOは好きな作品のひとつですので感想をつけてみたいと思います。あまり長い感想はつけられませんがよろしく。
 第2期の舞台はGGO(Gun Gale Online)。サブタイトルが「銃の世界」というのは、第1期第1話のサブタイトル「剣の世界」との対比ですよね。
 原作では「ファントムバレット編」は文庫本2冊分しかないので、1クール作品だとしても1冊6話のペースになるけど、どこまでやるつもりでしょうか。個人的には「キャリバー」や「マザーズ・ロザリオ」も見てみたいけど、そこまでやると1クールじゃ足りないし2クールだと中途半端だし。

 ゼクシードのプレイヤーがログイン中に心不全を起こしてログアウトした事件が発生した。同時刻、死銃(デス・ガン)と名乗る男がMMOでゼクシードのアバターを撃つパフォーマンスがあった。これを不審に思った総務省の菊岡誠二郎は、キリトこと桐ヶ谷和人に、GGOにて死銃との接触をするよう依頼した。
 というのがあらすじですが、いやあ、菊岡の人当たりが良さそうで抜け目が無い描写がよく出てましたね。なかなかよかったです。しかし、17歳の少年を呼び出すのにレベルの高そうなレストランを待ち合わせに使うとはどういう了見だろう。よくドレスコードにひっかからなかったな。
 アスナとキリトとのデートも、なかなかよかったですね。皇居が外部と接続していないクローズドなネットワークを使用しているという設定は、後のアクセル・ワールドでの設定を思い出しましたよ。現実世界と仮想世界との区別が情報量の差だというアスナとキリトとの会話も、今後の展開を思い起こします。また、VRMMOに利用するアミュスフィアが、ゲームの範疇を超えて利用されていくという設定も、世界観の広がりを感じさせます。

 これから半年間、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »