« ソードアート・オンラインII 第2話 「氷の狙撃手」 (7/12) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第4話 「GGO」 (7/19) »

2014年7月22日 (火)

ソードアート・オンラインII 第3話 「鮮血の記憶」 (7/19)

 第3話でやっとGGOという銃と硝煙の世界にダイブしているシノンの事情が語られましたね。

 シノンこと朝田詩乃のリアルは女子高生。過去に銀行強盗に遭遇して、犯人を逆に射殺してしまった過去を持つ、というヘビーな過去を持つ少女でした。その件で銃に対するストレス障害を抱き、モデルガン……どころか恐喝女の人差し指ですらトラウマを発するようになってしまう。詩乃がGGOをやってるのは銃器に対するトラウマを克服するためだったんですね。
 その詩乃にGGOを勧めたのが、新川恭二くん。詩乃の友人で、恐喝に会っていた詩乃を助けた人なんですが、うむ、どうにもネガティブ思考なところがありますね。医者の息子で医学部志望、高校に通わず大検を受けている……の割にはGGOに入り浸っているとか。GGOの初期に流行ったAGI型のPCを持っているそうですが、行き詰っているようでした。

 第3話の終わりでやっとキリト君がログインするところまでいきました。正直ファントム・バレット編は文庫本にして2巻分しかないので、アニメにするにしても分量が足りないのではと思ったのですが、1巻6話のペースでいくなら1クールになりますね。話の引き伸ばしがあるとしらける部分があるのですが、第1シリーズでは2クールで文庫本6巻分相当を消化したため話が省略されてしまった部分がありました。だから、じっくりやってもらえるのはうれしい。

 でもキリト、相変わらず女に縁があるなあ。女性看護士さんといちゃいちゃするんじゃないぞっと。

|

« ソードアート・オンラインII 第2話 「氷の狙撃手」 (7/12) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第4話 「GGO」 (7/19) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソードアート・オンラインII 第3話 「鮮血の記憶」 (7/19):

« ソードアート・オンラインII 第2話 「氷の狙撃手」 (7/12) | トップページ | ソードアート・オンラインII 第4話 「GGO」 (7/19) »