« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月 8日 (日)

[感想] ちょっと意見が変わったかも

現在仕事がいそがしくて、アニメを見ても感想を書くだけの余裕がなくなっています。
でも、たまには感想を書かないと筆(キーボード?)が鈍ってしまうので、少しだけ。

遊戯王ARC-V
前回はちょっと物足りないと書きましたが、融合召喚とかエクシーズ召喚とかがでてきた辺りから面白くなってきました。ペンデュラム召喚VSその他の召喚方法という異種格闘技戦のような戦いがいいです。基本的に、主人公の遊矢だけしかペンデュラム召喚が使えないという設定はどうかと思ったのですが、その設定のおかげでこういう演出ができているのですね。
もうひとつ、アクションデュエルがうまく演出できていないと書いた件ですが、これも今週の、相手のアクションを妨害する形でのカード使用というのがうまくて、意外な面白さを見せてもらいました。
思い返してみれば5D’sのときもZEXALのときも、始まった当初は多少は違和感があったのですが、それをうまくひっくり返してきたからには、ARC-Vもそういうはまったときの面白さがでてくれば良くなるのではないかと思います。

メカクシティアクターズ
こちらは話がザッピングしているおかげで難解な作品になっていますね。常に頭の中で展開を整理しないと、話が半分も理解できていないかもしれない。見るたびに頭を使うので、非常に疲れる作品です。

デート・ア・ライブII
彼女がフラグをおられたら
こっちの2作品は逆に、頭を使わずに見ていることができますね。特に「がをられ」の方は、演出もありきたりで話の展開もテンプレなのですが、その分凝ったことはしていないため頭を使わず気楽に見ていることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »