« ガンダムビルドファイターズ 第21話 「きらめく粒子の中で」 (03/03) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第23話 「ガンプラ・イブ」 (03/17) »

2014年3月11日 (火)

ガンダムビルドファイターズ 第22話 「名人VS名人」 (03/10)

 今回のバトルは、3代目メイジン・カワグチ対もっともメイジンに近かった男。ユウキとジュリアンのガンプラ塾同門対決でした。
 本来のイギリス代表ジョン・エアーズ・マッケンジーは仮病で騙す形でジュリアンにガンプラ代表選手を引き継ぐことを頼む。ガンプラバトル大会って途中の選手交代も可能だったのか。
 ユウキの側は、前回無理やりロールアウトしてきたアメイジングエクシアを整備。80%の完成度で十分だったところで、相手がマッケンジーに変わったことでプレッシャーを受ける。

 作中の2代目メイジンは勝利のためなら仲間すら蹴落とすという熾烈な方針だったようですね。ジュリアンはユウキがメイジンを引き継いだのは2代目の思想にとらわれたからかと疑ったが、ユウキの方も2代目を反面教師とすると宣言しているようで、この二人はやり方は違っても同じ方向性を引き継いでいたわけです。もともとユウキはガンプラバトルを「ガンプラ」として楽しんでいるわけであり、相手の実力を引き出した上で勝つという戦い方をしている。その意味では横綱相撲をしているが、実はこれは、相当に実力差がないとできない戦い方。ユウキの覚悟をジュリアンが認めたわけです。

 あと、セイとレイジの部屋にアイラが泊まってるのを見て起こるリン子ママやチナ。でもアイラの身の上話を聞いて(すでにレイジがいるのに)泊めるのOKしてくれるあたり、人が良いというか。

|

« ガンダムビルドファイターズ 第21話 「きらめく粒子の中で」 (03/03) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第23話 「ガンプラ・イブ」 (03/17) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダムビルドファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/59272699

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムビルドファイターズ 第22話 「名人VS名人」 (03/10):

» ガンダムビルドファイターズ 第22話 名人VS名人 感想 [n-zenの葉酸ってなに]
ガンダムビルドファイターズ 私だ あらすじ 決勝トーナメント、準決勝第2試合。 メイジン・カワグチの対戦相手が、ファイターを変更してきた。 ファイターの名を聞いたカワグチとアランは戦慄する。 ユウキ・タツヤとアランが、かつて在籍していた【ガンプラ塾】第1期...... [続きを読む]

受信: 2014年3月11日 (火) 10時34分

« ガンダムビルドファイターズ 第21話 「きらめく粒子の中で」 (03/03) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第23話 「ガンプラ・イブ」 (03/17) »