« ガンダムビルドファイターズ 第16話 「再会、父よ?」 (01/27) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第18話 「ブラッド・ハウンド」 (02/10) »

2014年2月 5日 (水)

ガンダムビルドファイターズ 第17話 「心の形」 (02/03)

 仕事が急に忙しくなって遅れましたが、17話の感想です。

 決勝トーナメント1回戦でのセイ・レイジ組の相手は、マオのガンダムX魔王でした。
 日本代表同士の戦い、なのですが、この組み合わせを見て思ったこと。地元出身の代表同士をいきなりぶつけるか?
 こういう世界大会では大会の興行を成功させるため、地元同士のつぶしあいは極力避けるように組み合わせるものです。この世界大会がくじ引きの操作をやってることは予選でも描写されてましたし、今回もそうするかと思ったのですが。……あ、でもマシタ会長だからマオにレイジをつぶさせるつもりだったのかも。

 イメージトレーニングでレイジたちに勝てるイメージが思い浮かばないマオは、ガンプラ心形流の師匠・珍庵の元に訪れる。そこで意味のない組み手をやらされたり、気絶したマオをほって勝手に帰ったりと暴虐無尽な教えをやってますが──ガンプラ心形流の極意はガンプラを楽しむこと。これを教えるための指導だったわけですね。

 マオとレイジの対決では、マオのチャージなしで打てるガンダムX魔王の秘密が明かされる。魔王のサテライトキャノンは、背中のリフレクトスラスターが太陽光パネルになっているから、月からのチャージがなくてもサテライトキャノンが撃てるというものだった。おまけに太陽光パネルとサテライトシステムの併用で「魔王剣」を作り出したり。
 一方、セイ・レイジのスタービルドストライクガンダムも、RGシステムで発光した素手で対抗。シャイニングフィンガー? と思わず突っ込んだのは内緒だ。

 さて、その他の戦いでは、レナート兄弟がルワン・ダラーラを打ち破り……

|

« ガンダムビルドファイターズ 第16話 「再会、父よ?」 (01/27) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第18話 「ブラッド・ハウンド」 (02/10) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダムビルドファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/59073503

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムビルドファイターズ 第17話 「心の形」 (02/03):

« ガンダムビルドファイターズ 第16話 「再会、父よ?」 (01/27) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第18話 「ブラッド・ハウンド」 (02/10) »