« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月23日 (月)

ガンダムビルドファイターズ 第12話 「ディスチャージ」 (12/23)

 突如現れた48分の1スケールのザク。それはマシタ会長がサプライズイベントと銘打って出撃させた、主催者側の無人機だった。
 って、どうもマシタ会長はレイジがいるのが都合が悪いみたいですね。アリアンとか王子とか言ってたようだし。もしかしたら、3話でレイジが言ってた「異世界アリアンから魔法の力でやってきた王子」という設定は、丸っきりのでたらめではなかったのかもしれません。
 この巨大ザクはレイジの操るスタービルドストライクを集中して狙ってきます。これに対し、反発して攻撃をしかけてきたのが、マオ、リカルド、ニルス、タツヤの4人。ルワンやレナード兄弟、アイラは巨大ザクには関わらないという態度でした。こういうところで、ファイターとしての意地と矜持を魅せてくれるのはいいですね。
 戦局そのものは、スタービルドストライクがディスチャージで止めを刺しました。マオやリカルドたちはディスチャージのための時間を稼いだような形になりましたね。スタービルドストライクには、光線をエネルギーとして吸収するアブソーブシステム、吸収したエネルギーをライフルから放つディスチャージシステムがあると見破られてしまいました。
 ……これってドラゴンボールの人造人間19号、20号と同じシステムなのでは?  他にはセイが言っていた第3のシステムがあるみたいですが。

 マシタ会長はこれで納まらず、第3ピリオドのレイジの相手に大会常連の1人、タイ代表のルワン・ダラーラを当ててきました。
 さらにレイジは、不良からアイラを庇う形で右手を負傷する。……この不良の絡みは偶然のようですが、こういう大会主催者を敵に回して勝ちを続けるというのは、Gガンダムでもあったバトルの王道ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月16日 (月)

ガンダムビルドファイターズ 第11話 「ロワイヤル」 (12/16)

 三代目のメイジン・カワグチを襲名したユウキ・タツヤ。いわゆるガンダムシリーズにおける「仮面の男」の立ち位置ですが、セイとレイジの前に「元生徒会会長」だの「元模型部部長」だのと言ったり、サングラスをとった顔が本人のものだったりとどこか抜けている。本人もメイジンを敢えて演じているため、ボロがでまくりだったらしい。
 作中にでてきた川口名人のエピソードから、この世界が第1次ガンプラブームから約半世紀が経っているらしいですね。すると作中の年代はだいたい2030年~2040年ぐらいか。

 前回腹ペコキャラだと判明したアイラですが、今回も肉まん買うのに抜け出したり。レイジの前ではかわいらしいところを見せてくれるあたり、気を許しているところなのかな。

 バトルロワイヤルでの戦闘では、調子に乗ったレイジがタイ代表ルワンのアピログバインにやられてました。新型シールドはビームなどの光学兵器を吸収するけど、その間は実体弾への防御力が弱くなるということですよね。
 レイジの慢心もあったけど、世界大会の一流となると、簡単にはやらせてくれないというところですか。

 一方砂漠では、リカルドがドイツ代表のライナーに、ガウ攻撃空母の攻撃を受ける。つーか、その因縁が彼女を奪った奪われたというところが情けない。もっとおかしいのが、同じ目的でリカルドを付け狙う世界大会のファイターが6人もいたということ。どこまで残念なんだ。
 セイやレイジの乱入に助けられ、さらにはマオのサテライトキャノンで助けられますが。ここでもレイジは敵に翻弄されてなかなか決定打を当てられませんでした。

 PPSE社のマシタ会長ですが、彼はレイジを見て「あのお方が…」と驚いたり「なぜこの世界に…」と言ったりしていたので、レイジの秘密と何か関わりがあると思われます。
 その会長が出した(と話の展開的に思われる)ザクですが、縮尺比がおかしい。まあ、所詮はプラモデルなのでいろいろな縮尺比があるのでしょうが、世界観的にどうなのよ。
 ガンダムシリーズで巨大モビルスーツといえばサイコ・ガンダムを真っ先に思い出しますが、この巨大ザクはサイコ・ザクという名称なのでしょうか。

 でももっと驚いたのは、世界大会にザク・タンクがでていること。どんなチェーンを施したら勝てるんだ!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年12月10日 (火)

ガンダムビルドファイターズ 第10話 「開幕!世界選手権」 (12/09)

 ガンプラバトル世界選手権の開催地が聖地静岡というのにも笑いましたが、静岡県静岡市は日本のガンプラの製造拠点であるバンダイホビーセンターがあるんですよね。
 しかし、埋立地に世界大会の会場となるスタジアムを設置して、選手村となるホテルも常備するなど、この世界のガンプラは正直パネェ。

 あと、今までクールな無口キャラを通してきたアイラ・ユルキアイネンが実は食い意地のはった腹ペコキャラだったのには笑いました。レセプションパーティーをボイコットして買い食いをし、おなじくボイコットしてきたレイジと同レベルで張り合ったり。女の子あいてに同レベルで張り合うレイジも大概ですが、女であることを武器に優先権を主張するアイラもおかしい。それも買い食いするためとは。
 チナがフラウ・ボウやファ・ユイリィのような幼馴染キャラ枠のヒロインであるのに対し、アイラはララア・スンやフォウ・ムラサメといったライバル枠のヒロインですよね。そしてもう一人の主人公であるレイジのお相手役ですか。

 ガンプラアイドル☆キララは、世界大会のイメージキャラクターとしてまさかの再登場。レセプションではドレスを着こなして大人のキャラクターを演じていたのですが、リカルドのナンパにあっさり落とされるというチョロインぶりを発揮。そのリカルドは、酒癖の悪さとまさかの作画厨を発揮して当のキララにひかれるという醜態をさらす。二人とも外さないなあ。

 世界大会の第1ピリオドは4チームでのバトルロイヤル形式で、勝ったチームに4ポイントの設定。マオや二日酔いのリカルドも勝ち抜いていく中、アイラのキュベレイパピヨンは実質1対3のまま一瞬で勝負を決める。
 これはこれですごいが、セイとレイジのスタービルドストライクはさらにすごい。何がすごいって、まず「スター」で「ビルド」で「ストライク」と修飾語が3つも付いていること。さすがに3つも修飾語がついた機体はガンダム世界でも珍しいのでは?
 あと、そのスタービルドストライクが翼を生やしたとき、私は一瞬「月光蝶」かと思いました。あるいは翼で敵のファンネルを潰しているところを見るとV2ガンダムの光の翼か。その上背後に光の輪ができるし。その上、スタービルドストライクのシールドは、光学兵器のビームを吸収してしまうというとんでも能力があるみたいだし。

 そして最後に登場した三代目メイジン・カワグチ。正体はユウキ・タツヤだとすぐにばれましたが、レイバンのグラサンをかけているところはΖガンダムのクワトロ・バジーナを思わせますね。
 でもメイジン・カワグチって、もしかして川口名人のこと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

ガンダムビルドファイターズ 第09話 「想像の翼」 (12/02)

 コウサカ・チナがガンプラを完成させた。その名もベアッガイIII(さん)。最初は作り上げただけで満足していたチナだったが、ヤジマ・キャロラインの挑戦をうけて、女の子だけのガンプラバトル大会に参加することになる。

 ──って、もはや原型機アッガイの面影すらねー。 走り方も内股の女の子走りだし。
 それに、ガンプラが蜂蜜を食べてるというファンタジーな題材で特賞に入ってしまうとは、この世界の価値観がやばすぎる。キャロちゃんでなくても憤激ものですね。
 そのキャロちゃんは、わがままで高飛車、縦ロールという典型的悪役お嬢さまですね。彼女の騎士(ナイト)ガンダムは、ヤジマ商事がスポンサーについたニルスに制作させたものでしょうが、いくらスポンサーの娘だからといって勝手に選手を連れ出してしまうところもいただけない。

 その、チナ対キャロちゃんの戦いですが、最初は機体性能の差もあって騎士ガンダムが優勢、そのままランスでベアッガイIIIを串刺しにする……ところではじかれてしまう。実はチナのベアッガイIIIは、ぬいぐるみがガンプラになったという独自設定のため中に真綿が詰められていたのだ! ってちょっと待てい。そんな世界観が崩壊させるような改造仕込むんじゃない!? というなら、まあSDガンダム出身の騎士ガンダムも世界観で言えば相当なものですがね。そうか、最初にセイがベアッガイIIIに違和感感じていたのは、中に綿が詰められていたからか。
 煮詰まっていたセイも、チナの常識にとらわれない発想に新しいヒントをつかむ。また観戦していたニルスも、こんなガンプラがあったとはと驚いてましたし、一応これもガンプラバトルの世界ではありなのかな?

 でも一番驚いたのは、形式番号がKUMA-03になってること。どこまでファンタジーなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »