« ガンダムビルドファイターズ 第11話 「ロワイヤル」 (12/16) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第13話 「バトルウェポン」 (01/06) »

2013年12月23日 (月)

ガンダムビルドファイターズ 第12話 「ディスチャージ」 (12/23)

 突如現れた48分の1スケールのザク。それはマシタ会長がサプライズイベントと銘打って出撃させた、主催者側の無人機だった。
 って、どうもマシタ会長はレイジがいるのが都合が悪いみたいですね。アリアンとか王子とか言ってたようだし。もしかしたら、3話でレイジが言ってた「異世界アリアンから魔法の力でやってきた王子」という設定は、丸っきりのでたらめではなかったのかもしれません。
 この巨大ザクはレイジの操るスタービルドストライクを集中して狙ってきます。これに対し、反発して攻撃をしかけてきたのが、マオ、リカルド、ニルス、タツヤの4人。ルワンやレナード兄弟、アイラは巨大ザクには関わらないという態度でした。こういうところで、ファイターとしての意地と矜持を魅せてくれるのはいいですね。
 戦局そのものは、スタービルドストライクがディスチャージで止めを刺しました。マオやリカルドたちはディスチャージのための時間を稼いだような形になりましたね。スタービルドストライクには、光線をエネルギーとして吸収するアブソーブシステム、吸収したエネルギーをライフルから放つディスチャージシステムがあると見破られてしまいました。
 ……これってドラゴンボールの人造人間19号、20号と同じシステムなのでは?  他にはセイが言っていた第3のシステムがあるみたいですが。

 マシタ会長はこれで納まらず、第3ピリオドのレイジの相手に大会常連の1人、タイ代表のルワン・ダラーラを当ててきました。
 さらにレイジは、不良からアイラを庇う形で右手を負傷する。……この不良の絡みは偶然のようですが、こういう大会主催者を敵に回して勝ちを続けるというのは、Gガンダムでもあったバトルの王道ですね。

|

« ガンダムビルドファイターズ 第11話 「ロワイヤル」 (12/16) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第13話 「バトルウェポン」 (01/06) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダムビルドファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/58808780

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムビルドファイターズ 第12話 「ディスチャージ」 (12/23):

» ガンダムビルドファイターズ 第12話 ディスチャージ 感想 [n-zenの葉酸ってなに]
ガンダムビルドファイターズ 私だ あらすじ 世界大会第2ピリオド、全選手参加による勝ち抜き戦「バトルロワイヤル」。 その戦闘の最中、出場選手のものではない巨大ガンプラが突如として出現、戦闘に乱入してきた。 その圧倒的なまでの火力に、為す術がない他のガンプラ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月24日 (火) 10時55分

« ガンダムビルドファイターズ 第11話 「ロワイヤル」 (12/16) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第13話 「バトルウェポン」 (01/06) »