« ガンダムビルドファイターズ 第09話 「想像の翼」 (12/02) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第11話 「ロワイヤル」 (12/16) »

2013年12月10日 (火)

ガンダムビルドファイターズ 第10話 「開幕!世界選手権」 (12/09)

 ガンプラバトル世界選手権の開催地が聖地静岡というのにも笑いましたが、静岡県静岡市は日本のガンプラの製造拠点であるバンダイホビーセンターがあるんですよね。
 しかし、埋立地に世界大会の会場となるスタジアムを設置して、選手村となるホテルも常備するなど、この世界のガンプラは正直パネェ。

 あと、今までクールな無口キャラを通してきたアイラ・ユルキアイネンが実は食い意地のはった腹ペコキャラだったのには笑いました。レセプションパーティーをボイコットして買い食いをし、おなじくボイコットしてきたレイジと同レベルで張り合ったり。女の子あいてに同レベルで張り合うレイジも大概ですが、女であることを武器に優先権を主張するアイラもおかしい。それも買い食いするためとは。
 チナがフラウ・ボウやファ・ユイリィのような幼馴染キャラ枠のヒロインであるのに対し、アイラはララア・スンやフォウ・ムラサメといったライバル枠のヒロインですよね。そしてもう一人の主人公であるレイジのお相手役ですか。

 ガンプラアイドル☆キララは、世界大会のイメージキャラクターとしてまさかの再登場。レセプションではドレスを着こなして大人のキャラクターを演じていたのですが、リカルドのナンパにあっさり落とされるというチョロインぶりを発揮。そのリカルドは、酒癖の悪さとまさかの作画厨を発揮して当のキララにひかれるという醜態をさらす。二人とも外さないなあ。

 世界大会の第1ピリオドは4チームでのバトルロイヤル形式で、勝ったチームに4ポイントの設定。マオや二日酔いのリカルドも勝ち抜いていく中、アイラのキュベレイパピヨンは実質1対3のまま一瞬で勝負を決める。
 これはこれですごいが、セイとレイジのスタービルドストライクはさらにすごい。何がすごいって、まず「スター」で「ビルド」で「ストライク」と修飾語が3つも付いていること。さすがに3つも修飾語がついた機体はガンダム世界でも珍しいのでは?
 あと、そのスタービルドストライクが翼を生やしたとき、私は一瞬「月光蝶」かと思いました。あるいは翼で敵のファンネルを潰しているところを見るとV2ガンダムの光の翼か。その上背後に光の輪ができるし。その上、スタービルドストライクのシールドは、光学兵器のビームを吸収してしまうというとんでも能力があるみたいだし。

 そして最後に登場した三代目メイジン・カワグチ。正体はユウキ・タツヤだとすぐにばれましたが、レイバンのグラサンをかけているところはΖガンダムのクワトロ・バジーナを思わせますね。
 でもメイジン・カワグチって、もしかして川口名人のこと?

|

« ガンダムビルドファイターズ 第09話 「想像の翼」 (12/02) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第11話 「ロワイヤル」 (12/16) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダムビルドファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/58733649

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムビルドファイターズ 第10話 「開幕!世界選手権」 (12/09):

« ガンダムビルドファイターズ 第09話 「想像の翼」 (12/02) | トップページ | ガンダムビルドファイターズ 第11話 「ロワイヤル」 (12/16) »