« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

げんしけん二代目 第8話 「ルートはあってもループはない」 (08/25)

 今回は、前回中抜きした部分の再構成ですね。波戸くんが斑目のアパートで着替えてたら、妄想のスタンドとかゲッペルさんが勝手なこといってるのがかわいい。妄想の背後霊に勝手なこと言わされるとか、波戸くん、面白すぎ。

 波戸くんが斑目の部屋で見つけた男の娘ゲーム。その中の登場ヒロイン(?)の一人が高坂そっくりというので意識してしまう。しかも、これでは高坂が女役で逆カップルになってしまうとBLを意識した頓珍漢な発言しているのもいろいろとおかしい。BLと男の娘は全く別のジャンルだぞ。
 まあ、斑目も「高坂キャラではヌケませんでした」と言ってるので、そこらへんはノーマルなのでしょう。
 あと、斑目が会社辞めて引越しするかという話をしたときに、波戸くんが情緒不安定になってしまうところがおかしい。木尾士目先生はこういう登場人物の機微を書くのがうまいです。

 最後に、吉武と矢島がなんだかんだいいながらいいコンビになってきているのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年8月21日 (水)

げんしけん二代目 第7話 「KOIBANA3」 (08/18)

 ついに、中抜きしたかー!?
 いや、最近展開が速いと思ってたのですが、今回の話は原作での4話分に相当。しかも、そのうち1話分相当の展開が抜かされてる。いきなり「恋話(コイバナ)」に話が飛んだときは、何事かと思いましたよ。
 と思ったら、次回予告ではその飛んだ部分がやるようです。要するに原作を再構成して、展開を入れ替えたわけですね。まあこれはこれでわかりやすいので、ありでしょう。

 Aパートは、学園祭で発行する同人誌「メバエタメ」の原稿を出すにあたり、荻上が波戸くんに「漫画読みたいなー」とおねだり? します。
 この時期荻上はアフタヌーン掲載の読み切りの評判が悪く、スランプに陥っている。その一方、波戸くんは作画に問題があり、女装時には過激なBL画しか描けず、男装時には特殊な作画しかできないという弱点が。そこでスーの発案により、ネーム:荻上、作画:波戸で作品を描くことに。
 でも、相変わらず何かあったらコスプレ着せようと企む大野さんがブレてませんね。

 Bパート、いきなりコイバナの話になってちょっと驚いた。
 矢島の話はとある男子生徒との交流。ここまでハードルを下げてもと吉武が言ってますが、もしかしたら現視研一年で一番乙女っぽい価値観をもってるのは矢島なのかもしれない。うん、少なくとも歴女で腐談義していた吉武よりは乙女っぽい。
 そして波戸くん。そんな矢島の話でも顔を真っ赤にしたり、吉武に詰め寄られてますます真っ赤にしたり。これは高校時代、何かあったと言ってるようなものですね。
 で、朽木の乱入で空気が霧散。さらに朽木の過去話でコイバナ終了。告白して1日で振られ、実質3分しか話していないとか、それってその後輩、罰ゲームかなにかで朽木に告白させられたんじゃない。と邪推しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月12日 (月)

げんしけん二代目 第6話 「因果地平の彼方で、モエをさけぶ」 (08/11)

 展開が、速すぎる……

 今回は原作の3話分。木尾士目先生の作品はキャラの心情をじっくり見せることに真骨頂があるので、原作は描写の割には内容が薄い、というより話が進まない印象があるのですが、それでもテンポが速すぎると思います。

 さて、前半Aパートは、斑目総受け発言で微妙になった波戸くんと斑目に対するフォロー……だったのですが、荻上の「ササ×マダ」原稿をみた波戸くんに変なスイッチが入ってしまう。さらに斑目相手に「犬に噛まれたと思って」と矢島がフォローするわけですが、そこに割り込んだ朽木が斑目に対して攻めを実行したためすべてが台無しに。

 後半Bパートは、吉武の妹、莉紗ちゃん登場。スレンダーで高身長な容姿を利用して兄を名乗って登場したり。高身長なのに姉に逆らえない妹という立ち位置がいいねー。
 莉紗の男演技に惑わされた矢島が本気で切れたり、またはずみで波戸くんの全裸を見たりと見た目は典型的な女オタクでありながら実は純情な矢島の姿がかわいいと思う。
 あと、下半身を除毛した波戸くんの全裸をみて椎応大学への進学を決心した莉紗ちゃんもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 8日 (木)

げんしけん二代目 第5話 「業 NEXT!」 (08/04)

 コミフェス編後編(原作では4話分だったうちの後半2回)、とうとう斑目本人に、「マダラメ総ウケ」が知られてしまいました。
 いや、重要なのはそこじゃないだろう。

 そもそもは波戸くんが斑目を気遣って男の姿でサポートに回ったこと。それでも波戸が斑目を意識し始めている描写がステキ。そもそも波戸本人はホモという描写がないのに、腐女子視点の810ちゃん(背後霊)に引きずられて斑目を意識しはじめてしまう。その上斑目の恋敵(w)の高坂も登場して、その完璧な女装姿(天然もの)に打ちのめされ、それでもあきらめないでくださいというおせっかいさは完全に女視点と化してしまっていると思います。

 でも、テンパってマダラメ総ウケを公言してしまったのはやりすぎだったかも。最後に斑目がカップリング相手(笑)の田中や久我山相手にビクビクしているところが面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

げんしけん二代目 第4話 「HIGE TO BOIN」 (07/28)

 今回は原作の3話分のお話ですね。
 前半は、コミフェス用の同人誌と読み切り後半の締め切りが重なり、修羅場になってしまった荻上の部屋で、なぜかコスプレをすることになるお話。
 吉竹や矢島のコスプレは元ネタがわかりませんでした。あと波戸くんのも。スーと荻上のは有名な作品だから分かりましたが、調べてみたら3人の下ネタは私が未見の作品のものでした。大野さん、ジャンル広すぎ。

 後半は、コミックフェスティバルに荻上の中学時代の友人が現れる話でした。荻上は中学時代に彼氏をネタにBL本を書いて、それが原因で彼を転校に追い込んでしまったという、ある意味バカバカしくも壮絶な過去があるわけです(残念ながらアニメ化はされてないですけど)。そのときに、荻上を騙してBL本を描かせた上に周囲にばら撒いたのが中島で、だから荻上に対して悪意があるような描写がなされている。
 しかし、今の彼氏である笹原は荻上の過去を知った上で、自分をネタにしたBLの存在も受け入れてくれた。そして藪崎もそれを承知で荻上の友人をやっている。──ということで、この話は荻上の過去話の決着編ですね。前作からひきついだ荻上の話は、ここで一区切りついたことになります。
 しかし、「彼氏をBLネタにして転校に追い込んだ」とか「屋上から飛び降り自殺をはかった」とか言われても「当たり前やろ」といわれるあたりは、荻上の人徳(笑)でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »