« [感想] 春期のアニメについて(2) | トップページ | [感想・考察] 「宇宙戦艦ヤマト2199」なぜ地球側が先制攻撃したのか »

2013年6月 1日 (土)

[感想] 私はどうやら「デート・ア・ライブ」が好きなようだ。

 定期的なアニメ感想を書くつもりがなくても、どうしても一言言いたいアニメはあるようで。

 

「デート・ア・ライブ」
 第1話のスタートダッシュに失敗してるし話のセンスも微妙だけど、このアニメのお約束がわかってくるようになってくると、逆に楽しめるようになりました。
 しかしそうやって楽しんでみると、今度は別の部分が気になる。
 有り体に言えば

 設定がもったいないなー

 ということ。
 せっかく精霊が変身して戦闘美少女をやってくれるという設定なのに、「デートして精霊の能力を封印する」という設定があるから一度士道にキスしてしまうと、変身して活躍することができなくなってしまう。これは実にもったいない。キャラクターデザインだって戦う美少女としてせっかくりりしいものがあるのに、一度のお当番回しか変身できないというのは実に残念です。

 ──話のセンスが微妙とかいってるわりに結構いいたいことを書いていますね、私は。実はこのアニメ、結構好きだったりして。

|

« [感想] 春期のアニメについて(2) | トップページ | [感想・考察] 「宇宙戦艦ヤマト2199」なぜ地球側が先制攻撃したのか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/57498905

この記事へのトラックバック一覧です: [感想] 私はどうやら「デート・ア・ライブ」が好きなようだ。:

« [感想] 春期のアニメについて(2) | トップページ | [感想・考察] 「宇宙戦艦ヤマト2199」なぜ地球側が先制攻撃したのか »