« [感想] 私はどうやら「デート・ア・ライブ」が好きなようだ。 | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト2199」森雪の謎 »

2013年6月20日 (木)

[感想・考察] 「宇宙戦艦ヤマト2199」なぜ地球側が先制攻撃したのか

 「宇宙戦艦ヤマト2199」が結構ソツのないつくりで面白い。
 もともと大人気作のリメイクで力が入っていることはわかるのだが、それにしても「ヤッターマン」にみられたような余計や色気が入っていないこともあって、なかなか面白い作品に仕上がってます。過去の作品を今風にどうアレンジするのかという面でもよくできていると思いました。

 ここで、このアニメの新解釈としてガミラスとのファーストコンタクトのとき、地球側が先制攻撃を仕掛けたという事実が明らかになりました。
 最初この展開を見たときは、いかにも現代日本人らしい自虐史観だなーと思ったのですが、よくよく考えてみるとこれはこれでありかもしれないと思い直しました。

 なぜか。

 それは元祖「宇宙戦艦ヤマト」のモチーフが、かつて大日本帝国が戦った大東亜戦争であるからです。
 ヤマトのモチーフがかつての帝国海軍にして史上最大の戦艦大和であることは論を待ちませんが、それ以外にもヤマトでは、

・地球がガミラスの攻撃によって核汚染されている。
 →大東亜戦争で大空襲をうけ、広島・長崎に核爆弾が落とされたことがモチーフ。
・ヤマトが補給もなしに単艦でイスカンダルへ旅立つ。
 →戦艦大和が沖縄へ片道特攻したことがモチーフ

 など、かつての大東亜戦争(太平洋戦争)を思わせる描写が多々見られます。
 その割には敵役のガミラスがナチス・ドイツをイメージしているのは不思議ですが、かつての第二次世界大戦で枢軸国側のイメージが悪いのはナチス・ドイツのイメージのせいでもあるわけですから、ナチス・ドイツと大日本帝国が大東亜戦争を戦ったらというモチーフで話を作られているものと思います。

 そう考えるとヤマトの乗組員に限らず、ヤマトシリーズにおいて地球連邦側の登場人物に日本人以外の外国人がまったくといっていいほど出てこないのはむしろ当然といえるでしょう。ヤマトシリーズにおいて、地球連邦は日本および日本人の象徴だからです。
 (だから「2199」の第2話で、国連のホットラインで外国首脳がでてきたり、ヤマト発信のエネルギー供給に諸外国が協力したりしたシーンには違和感を覚えました。ヤマトシリーズで日本人でない地球人が登場するのは、地球=日本というヤマトのモチーフを崩すものだからです)

 そして、それを踏まえると、「地球側が先制攻撃を仕掛けた」という事情も別の状況が見え隠れします。
 大東亜戦争(太平洋戦争)では日本側が真珠湾を奇襲攻撃した──ところから日米戦争が始まりましたが、これは本来宣戦布告直後に攻撃するところを、当時駐米日本大使館の遅れで宣戦布告前に真珠湾を攻撃してしまう形になってしまいました。しかしそれ以前に、アメリカは欧州戦線に参加するために、当時のドイツの同盟国である日本を散々挑発して、先制攻撃するようにもっていきました。そして日本側が真珠湾を攻撃することを事前につかんでいたにも拘らず、そのままにしていたという話も聞いたことがあります。
 つまり「ヤマト」が大東亜戦争をモチーフにしている以上、この地球側の先制攻撃も何らかの形でガミラス側が先に地球側に先制攻撃させるよう挑発行為を仕掛けていたとしても不思議ではない。作中ガミラスは帝国主義的な大膨張政策をとっていて周囲の星々を植民地化しているので、あえて地球側から先制攻撃させることで侵略の正当性を作り出したと考えても不思議ではないのです。

 まあ、深読みかもしれないけど、大膨張主義を取っていて周囲の星々を次々と併合していくガミラスが相手では、「話せば分かり合える」という島のお父さんの主義主張はむなしい一面もあるよね。

|

« [感想] 私はどうやら「デート・ア・ライブ」が好きなようだ。 | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト2199」森雪の謎 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

>敵役のガミラスがナチス・ドイツをイメージしているのは不思議ですが

表面上、「絶対悪」のナチスを適役のモデルにすれば、誰からも非難を受けないからです。

「逆襲のジャミラ」というブログの中の「宇宙戦艦ヤマトと忠臣蔵」あたりから先を読んでいただければ手っ取り早いかと思います。

投稿: | 2013年9月 7日 (土) 02時25分

警告用としてレーザーポインターを照射したところを先制攻撃と判断したのだと思う

投稿: | 2014年8月 3日 (日) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/57631826

この記事へのトラックバック一覧です: [感想・考察] 「宇宙戦艦ヤマト2199」なぜ地球側が先制攻撃したのか:

« [感想] 私はどうやら「デート・ア・ライブ」が好きなようだ。 | トップページ | 「宇宙戦艦ヤマト2199」森雪の謎 »