« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

バクマン。(第3シーズン) 第25話<最終回> 「夢と現実」 (03/30)

 今回で最終回。原作の1話半相当なため、第3シーズンにしては珍しく展開がじっくり描かれていました。むしろ今までが超ハイスピードのダイジェスト展開だったため、今回のじっくりとした描写が逆に違和感がありまくりでしたね。

 冒頭はアニメ「REVERSI」の第1話アフレコ。服部が代理で来たのは、サイコーが「第1話が放映されるまで亜豆に会わない」という約束を律儀に守ってるからでしょう。

 原作にもあった「亜城木夢叶」の名前でサイコーが香耶ちゃんにお礼を言うところや、サイコーの亜豆へのプロポーズ「その夢が叶ったから結婚してください」は十分に堪能させてもらいました。むしろ、余裕ある展開で差し込まれたアニメオリジナルな部分がよかったです。
 アニメのオープニング、あの声って黒悪魔(シュヴァルツ)側がサイコーの声だと気づいて笑いました。
 次にアニメのエンディング。黒悪魔の少年が「相場サトル」なのはいいとして、白悪魔の少年が「二ノ宮ソラ」という名前だったのか。しかもビルの廃墟の壊れたベッドに住んでいる……どう見ても全うじゃない。サトルが優等生だから、ソラは不良という設定なのだろうか?

 あとはエンディングに描かれたキャラクターのその後がいいですね。
 平丸と蒼樹の結婚式。蒼樹さんが亜豆にブーケを投げたのはお約束として、この結婚式でとうとうカズたんと呼んであけたこととか。昔のクールビューティな時期の蒼樹からは考えられない変化だ。
 岩瀬の新担当になった小杉ですが、原作では岩瀬の勢いに終始おされ気味だったのに対し、アニメでは逆にアイデアの5つや6つを用意したりとか。
 白鳥の担当は、キムに変わりましたか。原作では途中(人事異動の時期)から登場しなくなったので、てっきりよその部署に移動されたのかと思ったのですが。(←ひでえ)
 また、高浜の「正義の三肩」が映画化決定ですか。かなり出世しましたね。
 あと、七峰透の新連載「イイコのジジョウ」がジャックSQに連載されていたこと。原作で起きた七峰二度目の事件がアニメでは発生しなかったので、まだジャンプに席は残ってるわけですね。小杉は残念に思ったかもしれないけど、SQで頑張って本誌に這い上がってくるのを待ってるのではないでしょうか。
 そして亜城木夢叶は、次なる連載に向けてネームを服部に提出する。

 最後に、プロポーズの前夜で、サイコーがおじさんこと川口たろうと会話するのがとてもよかったです。そして、まだ真の一番になっていないというサイコーの純粋さも。このシーンが一番印象に残りました。

 半年間、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

バクマン。(第3シーズン) 第24話 「あり方と終わり方」 (03/16)

 今回は2話半分。「REVERSI」最終回の話でした。
 人気絶好調(1位争いの常連)でアニメ化も決定。それなのに「REVERSI」が終了という事態に編集部がどう動いたか。服部は編集部側の人間ですが、亜城木の側につき、最終的には瓶子編集長もアニメスタッフも連載終了を受け入れる。……「男一匹ガキ大将」で「完」の文字を消したり、「北斗の拳」でラオウとの決着がついても一週も休みを取らせず第2部をはじめさせたジャンプ(ジャック)編集部の判断とはとても思えないなー(棒)
 もっとも本作では、人気絶頂だった「CROW」の連載終了を受け入れていたわけですから不自然というわけでもない。きっとこれは、原作の大場つぐみ先生が思い描く理想のジャンプ編集部なのでしょう。

 人気絶頂の「REVERSI」が連載終了ということで世間が話題騒然となり、単行本売り上げが122万部を達成。「ZOMBI☆GUN」の120万部を抜いてジャック(ジャンプ)の真の一番となります。これがシュージンがサイコーに贈った結婚祝いというのもいいですね。

 劇中劇ですが、もし「REVERSI」が実際に連載されていたとしたらその真のテーマは「善と悪の逆転」になったと思う。黒悪魔の少年・サトルはもともと悪魔の力を利用して世界を改革しようとしていた。悪魔の力を利用するために契約したわけですから、たとえ改心したところで悪魔とは縁が切れない、人間には戻れないことは最初から分かっている。しかし、白悪魔の少年は人を洗脳するのは間違っているといって悪魔と契約したわけですから、たとえその身が悪魔に堕ちても、心は人間であると信じている。すなわち、自分が既に救われない存在であることに気づいていない。また自分が正しいことを行っている自覚があるから、改心することもできない。だからサトルは、ケジメをつけるために白悪魔の少年との決着をつける必要があったわけです。
 まあそれは、私の妄想なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

バクマン。(第3シーズン) 第23話 「マイクと台本」 (03/09)

 感想遅くなりました。
 今回は原作の3話分ですね。江原監督の提案で公開オーディションをすることになり、視聴者(ファン)の投票で水鳥菜保役が決まるという。このままだと亜豆がコネで決まったと思われるという江原監督の言葉に、サイコーも同意する。
 このシーンは、良くも悪くもサイコーの純粋さが出ていると思います。たぶん、サイコーは純粋に夢に理想を追い求めるタイプなのでしょうね。シュージンならこのケースでは断るだろう。でもサイコーは、夢を叶えるなら最高の条件で叶えたい、決して妥協はしたくない。だから流れに乗ったままずるずると菜保役が亜豆に決まるのは我慢ならなかった。

 というわけで公開オーディションですが、まず郷田夫人の声が平野文というのに笑った。ラムちゃんか……
 声優というのはランク制を採用していて、基本的にベテランになるほど報酬が高くなる。だから制作費の関係上、ベテラン声優になればなるほど声優の仕事がなくなっていくのですが、「REVERSE」の製作スタッフはなんで郷田夫人を通したんだ?
 それと原作のタラちゃんこと何多良幹羅の名前が、南波かなになっていたのには困惑しました。最初「かなちゃん」と呼ばれてて、そんなキャラいたかなと。

 あと、原作ではインターネットの動画サイトでやってた公開オーディションを、テレビの特別番組にしたのは、最初すごいと思いました。確かに今のテレビなら、リモコンでリアルタイムに集計ができるので不可能ではない。これはいい改変だ──と思っていたのですが、よく考えてみると20人の声優の公開オーディションをやるなんて何時間枠を取ればいいんだ? 1人あたりの持ち時間を5分と計算しても1時間40分。実際にはCMがあるし、集計待ちの時間もあるから3時間はとらないと無理でしょう。その間リアルタイムで視聴者をテレビに釘付けさせる? という疑問が沸々と湧いてきました。そう考えると、原作の動画サイトの方が話としては無理がありません。
 でも、それでも私はこの改変を評価する。というのは、敢えてその無理な設定を通してテレビの生放送で集計を行ったからこそ、最後の声優たちのエールを送るシーンに繋がったわけです。原作のままだと、オーディションに参加した声優たちがまさしく女の戦いという感じで後味がよくない。でもこの改変があったからそこ、勝負が終わればノーサイド、という爽やかな後味ができたわけです。

 あと、亜豆が脚本の不備(「シュバルツ」が「ヴァイス」になっているところ)を尋ねようとしたり、また服部が電話で指摘しようとしていたシーンですが、伏線として挿入したんだと思うのですがここは無くてもよかったと思います。
 それと原作読んだときから思っていたことを一言:最初からコミックスで脚本作れよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

バクマン。(第3シーズン) 第22話 「訂正と宣言」 (03/02)

 今回は原作の5話半分ですか? 「REVERSI」アニメ化決定と、サイコー×亜豆の交際疑惑発覚から始まる騒動ですね。
 亜城木くんには新妻くんと肩を並べる作家になってほしい。二人が競い合い成長し続けていくのが未来のジャック(ジャンプ)。それで「ZOMBI☆GUN」ではなく「REVERSI」をアニメ化に決定したといわれて、感謝できる新妻の精神は尋常じゃない。私はこのシーンは、原作読んだときもそうだったけど、新妻エイジの人間味が感じられませんでしたね。編集長にそう言われてすんなり納得できるところとか。もう少し悔しがるとかしてもよかったような。

 そしてサイコー×亜豆の交際騒動。原作ではこれをばらしたのは漫画の連載終了後五年間も引きこもってニートしていた石沢ってことになってましたが……省略されてしまいましたね。尺の関係もあるだろうけど、石沢はその後改心したという描写もなかったからNHKで放送するにはふさわしくないという判断をされてしまったのでしょうか。
 省略といえば、福田が「ロードレーサーGIRI」のラジオ番組で暴走してしまったという話がありましたが、原作でもあの展開はちょっと唐突すぎたのでこれは無くなっても問題なしです。でもこの暴走が、その後亜豆も自分のラジオで堂々と交際宣言するきっかけの1つになったという見方もあるから、ちょっと複雑です。
 そして、亜豆の交際宣言にサイコーも……

 今回は江原監督の演技がすごく良かったと思います。田宮Pが亜豆の起用に躊躇しているのに、江原監督は淡々と「声優はオーディションで決める」と。うーむ、こういう渋い大人になりたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »