« ソードアート・オンライン 第20話 「猛炎の将」 (11/17) | トップページ | ソードアート・オンライン 第21話 「アルヴヘイムの真実」 (11/24) »

2012年11月24日 (土)

バクマン。(第3シーズン) 第8話 「狙いと評価」 (11/24)

 今回は原作の4話分相当。七峰透がいきなり本性をあらわにしたところまでですね。
 才能を見せ付ける目的で青年誌向けのエグい漫画を描き、最終候補止まりだとわかるやネットで公開して注目を浴びる。その上で新しいネームを持ってきて連載の方向につなげる。しかもそれをすべて計算でやるという、まさしく亜城木夢叶をさらに凶悪にしたようなキャラです。
 やってることは邪道ですが、七峰透はやってることも才能の面でもまさに亜城木夢叶の一歩先をいくキャラとして作られていますね。実際サイコーたちが邪道バトルを考えているときに、そのものずばりの邪道な心理バトルを描いた「シンジツの教室」を持ってきた。ただ、七峰がやってることは「間違った一歩先」でもある。そんな七峰と亜城木夢叶が対決することになるのはある意味必然ですね。

 そしてその七峰がやってることは、ネットで50人の判定人を募ってのアイデアの合作。やってることは必ずしも悪くはないとは思うのですが、七峰がいうとすごく悪いことのように聞こえるのはなぜ?

|

« ソードアート・オンライン 第20話 「猛炎の将」 (11/17) | トップページ | ソードアート・オンライン 第21話 「アルヴヘイムの真実」 (11/24) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/56182799

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。(第3シーズン) 第8話 「狙いと評価」 (11/24):

« ソードアート・オンライン 第20話 「猛炎の将」 (11/17) | トップページ | ソードアート・オンライン 第21話 「アルヴヘイムの真実」 (11/24) »