« ソードアート・オンライン 第15話 「帰還」 (10/13) | トップページ | バクマン。(第3シーズン) 第2話 「毎晩と融合」 (10/13) »

2012年10月15日 (月)

2012年7-9月期終了アニメアンケート

今期もアニメ調査室の感想に参加します。とはいえアニメ放送、最近は良作が多くて目が届かないものが多いです。


01,氷菓,x
02,AKB0048,x
03,貧乏神が!,x
04,TARI TARI,x
05,DOG DAYS',x

06,SKET DANCE,x
07,じょしらく,S
08,たまごっち!,x
09,ズーブルズ!,x
10,ゆるゆり♪♪,A

11,エリアの騎士,x
12,黒子のバスケ,x
13,遊戯王ゼアル,B
14,カンピオーネ!,x
15,薄桜鬼 黎明録,x

16,ココロコネクト,x
17,しばいぬ子さん,x
18,夏雪ランデブー,x
19,織田信奈の野望,B
20,戦国コレクション,x

21,アクセル・ワールド,A
22,人類は衰退しました,A
23,ゆるめいつ3でぃPLUS,x
24,機動戦士ガンダムAGE,C
25,はぐれ勇者の鬼畜美学,x

26,アルカナ・ファミリア,x
27,もやしもん リターンズ,x
28,バトルスピリッツ 覇王,x
29,恋と選挙とチョコレート,x
30,境界線上のホライゾンII,B

31,この中に1人、妹がいる!,B
32,超訳百人一首 うた恋い。,x
33,クロスファイト ビーダマン,x
34,だから僕は、Hができない。,x
35,輪廻のラグランジェ season2,x

36,エウレカセブンAO (22話まで),x
37,あらしのよるに ひみつのともだち,x
38,えびてん 公立海老栖川高校天悶部,x
39,(欠番、削除不可),x
40,ロビンくんと100人のお友達シーズン2,x

41,ひつじのショーン チャンピオンシープス,x
42,ファイ・ブレイン 神のパズル オルペウス・オーダー編,x
43,探偵オペラ ミルキィホームズ Alternative ONE (特番),x

再調査 (前回参加した時、未評価だった方)
25-06,うぽって!! (TV初放送),x
25-24,LUPIN the Third 峰不二子という女 (関西地区),x

以下、寸表。

{総評、寸評など}

07,じょしらく
S-評価
原作漫画の面白さをそのままに、アニメ向けにさらにパワーアップさせたギャグ漫画のアニメ化の見本のような作品。キャラのかわいさはもちろん、ブラックなネタも逃げずに実現させていて、見ていて楽しめたのでちょっと評価を上げてS-評価にしました。
さらにエンディングのダンスもよかったです。OPやEDでキャラを踊らせるのは実は結構難しく失敗した作品も多いのに、このアニメでは作品のイメージを損なわず成功させている。これを含めてよかったと思います。

10,ゆるゆり♪♪
A-評価
原作未読ですが、前シリーズのイメージを壊さずうまく作品を仕上げていました。好きな作品ですので、評価をちょっと上げてA評価にします。

13,遊戯王ゼアル
B評価
デュエルで物事を決したり悪人があっさり改心したりとご都合主義の強い作品ですが、この作品はどれだけエンターテインメントに徹しきるかが肝心だと思うのでこれでいいと思います。作品全体がわかりやすい勧善懲悪で話を進めているのもいいです。
本当なら続編のゼアルIIを含めて評価するべきでしょうが、暫定的にB評価とします。

19,織田信奈の野望
B評価
似たようなモチーフの「戦国乙女」と違ってある程度史実に準拠していますが、史実をなぞるだけなら武将を女性にした意味がない。この作品は史実からつかず離れずで話を展開させたのでそれなりに面白かったのですが、姫武将ならではの独自展開を起こすというのは話がやはり難しかったように思います。

21,アクセル・ワールド
A評価
原作を過不足なくアニメ化しており、さすがは安定のサンライズだと思いました。原作ファンの私の目から見ても、期待通りよくできています。できるならもう少し原作にプラスαする部分があってもよかったと思いますが、そこまで言ったら欲張りすぎるでしょうね。

22,人類は衰退しました
A-評価
主人公のわたしちゃんの視点から描かれた作品としては「涼宮ハルヒ」を思わせるできでしたし、各回のエピソードの出来も完璧なできでした。ただエピソード間の時系列を入れ替えた理由が不明で話がつながらなかったので、そこだけがマイナスです。

24,機動戦士ガンダムAGE
C+評価
100年戦争を三世代にわたって描くという野心的な構成意図に挑戦したのは凄いと思いますが、そのせいで各世代間のエピソード展開がかなりきちきちになってしまいましたね。とくにキオ編ではぽっと出の脇役のためにエピソードがとられたり、かと思うとメインキャラの最後があっさりやられたりと構成の不備が目立ちました。
子供たちのファンのためにキャラデザインを幼くするが、既存のガンダムファンにも応えるためにハードなストーリーも入れるという販売戦略も、その矛盾した路線のために中途半端に終わってしまったように思えます。

30,境界線上のホライゾンII
B評価
作品自体が設定の塊であり、なおかつストーリーが単純な勝った負けたの戦闘ではなく相手の論理の隙をつく頭脳戦の側面もあるため、ただ見ているだけでは何で登場人物たちがそういう言動をするのかがわかりづらい。私はストーリーを理解するのを放棄して、作画や演出や台詞を楽しむようにしたら案外楽しめました。

31,この中に1人、妹がいる!
B評価
ハーレム系美少女アニメとしては、なかなかよくできた作品でした。ヒロインが何らかの形で主人公の妹を騙ったりするという強引な展開は、お約束として十分たのしめましたね。

|

« ソードアート・オンライン 第15話 「帰還」 (10/13) | トップページ | バクマン。(第3シーズン) 第2話 「毎晩と融合」 (10/13) »

アニメ調査」カテゴリの記事

コメント

ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'12/11/3の予定です。

投稿: アニメ調査室(仮) | 2012年10月20日 (土) 12時22分

再び、失礼します
第27回2012年10-12月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2013/2/2予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい

投稿: アニメ調査室(仮) | 2013年1月 6日 (日) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/55898350

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年7-9月期終了アニメアンケート:

« ソードアート・オンライン 第15話 「帰還」 (10/13) | トップページ | バクマン。(第3シーズン) 第2話 「毎晩と融合」 (10/13) »