« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

Fate/Zero 2nd シーズン 第21話 「双輪の騎士」 (05/26)

 アイリスフィールを攫ったライダーはバーサーカーの変装だった。綺礼と雁夜の仕掛けた姦計に嵌り本物のライダーと追いかける羽目になったセイバーだが……
 今回の話も尺の問題からか展開を省略した箇所が多かったですね。セイバーがライダーに止めを刺さずに帰ったのも、ライダーの堂々とした戦い方に途中で姦計に嵌ったと気づいたからですが、それをうかがわせるモノローグがなかった。
 また、綺礼と臓硯の邂逅のシーンも、省略された台詞が多かったです。例えば、この聖杯戦争に対する異常性への言及。本来聖杯戦争には英霊しか呼ばれないはずなのに、どう見ても悪霊としか見えないキャスターが呼ばれた件ですね。そのせいもあって今回は様子見に徹するという言葉もなかった。これがないと、なんで臓硯は勝敗を度外視して雁夜をいたぶるのに夢中になっているのかが分からない。またこの邂逅が、「Fate/stay night」の「Heaven's Feel」、通称桜ルートへの伏線になってるんですけどね。

 後半は脚本演出・言峰綺礼による悲喜劇。間桐雁夜を遠坂時臣の死体にあわせ、なおかつその現場を葵にみせることで雁夜の思いを徹底的に踏みにじる。雁夜は時臣への執念だけで生き延びているのに、その時臣が既に死んでいること。そして葵のために戦っていたのにその当の本人からその思いを否定されたこと。これでは雁夜も救われないし、錯乱しても仕方がない。
 そして、それを眺める綺礼とアーチャー。悪趣味な愉悦にも程がある。

 さいごに、今回のセイバーが乗ってたV-MAXの変身、魔力で編んだ自分の鎧をオートバイにまとうことで、限界を超えた走法を可能にしたわけですね。何の予備知識もなくいきなりオートバイが変身したのを見たら、なんでやねんとつっこんだことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年5月20日 (日)

Fate/Zero 2nd シーズン 第20話 「暗殺者の帰還」 (05/19)

 タイトルの「暗殺者の帰還」が最初何を指しているのか分かりませんでしたが、アイリスフィールがいよいよ限界に近づいて、切嗣のマインドがいよいよ本来の暗殺者のものに戻ってきたことを指していたのですね。舞弥の台詞で気づきました。

 確か原作では、舞弥さんの設定は相当悲惨なものだったけど、そこらへんは省略されていましたね。相当マイルドになったというか、「私は少年兵でした。実の名前も知らず、戦う術しか知らないところを切嗣に助けられました」とかの台詞には、さらに凄惨な過去があったわけですが。いくらufotableでもあれはさずがに言及できなかったのか。
 と、そのわりには桜の初めてを蟲がむさぼったと言う話はやってるんだよな。

 ネットでも触れられていたけど、「Zero」の2期は毎週誰かが安定して死んでいく展開を見せています。龍之介(14話)、キャスター(15話)、ランサー・ケイネス・ソラウ(16話)、時臣(17話)、シャーレイ・矩賢(18話)、ナタリア(18話)。そして今週は舞弥さん。その中で一人、ご都合主義に守られているのがウェイバー君です。
 ウェイバー君が一般人の家を潜伏場所に選んだのはお金を節約するためだったのですが、原作では切嗣はそれを戦略的だと高く評価していました。そのウェイバーが、居場所が割れたとたんに姿を消したのにも切嗣は相当の評価をしていた。実際にはライダーの回復のために山に篭っていただけなのにね。あと、ウェイバーがホッカイロや健康ドリンクの値段に落ち込むシーンもあったんだけど、尺の問題か切嗣の遠坂邸潜入を同時進行させるためにそれらのシーンがなくなったのが残念ですね。

 そしてラストのライダー強襲とアイリスの強奪。この真相は来週へ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2012年5月13日 (日)

Fate/Zero 2nd シーズン 第19話 「正義の在処」 (05/12)

 切嗣の過去話その2。
 かつて切嗣は、死徒の被害の拡大を防ぐため、家族も同然の存在だったナタリアを、空飛ぶ死都となった航空機ごと撃ち殺した。
 ナタリアも最後は笑っていたから、切嗣がこういう行動に出ることは分かっていたのでしょうね。それでもナタリアの主義主張から、最後まで生きて帰ることは諦めなかった。
 ナタリアは切嗣を、殺し屋に向いていると評しましたが、自分の感情から指先を切り離して引き金を引くという切嗣の素質は、かつてシャーレイを撃ち殺せなかったために村ごと消失してしまった過去の経験によるものなのではないでしょうか。だから死徒の研究をしていた父親を殺し、そして家族も同然だったナタリアをも殺した。
 切嗣の本当の望みは正義の味方になること。しかし、ご都合主義も何も無いこの世界(虚淵ワールド)では、正義の味方とは1を切り捨てて9を守る掃除屋にしかなれない。これこそが切嗣の慟哭なのでしょう。

 さて、冒頭で切嗣の秘密兵器である礼装=起源弾の説明を入れたのはいいでしょう。この弾は第8話でケイネス先生に使ったきりなので、この後にもう一度でてきたときに設定を忘れてしまっているかもしれないし。
 それと、切嗣は衛宮家の魔術師としては六代目ですが、父親から魔術回路を受け継ぐ前に殺してしまったので、魔術回路は魔術協会と交渉してその一部を回収したという設定があります。冒頭の手術はその一環でもありますね。
 あと、ナタリアの元にいたヤング切嗣の声が小山力也さんだというのもちょっと違和感があった。本編のふけた切嗣と違ってまだ十分に若々しい印象があるので、これも入野自由さんにやってもらったら良かったと思う。どうせ過去シーンだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

Fate/Zero 2nd シーズン 第18話 「遠い記憶」 (05/05)

 今回から切嗣の過去話。切嗣がなぜあんな「正義を追い求めながらも手段を選ばない」性格になってしまったのかを描いていくのですね。
 そして切嗣のトラウマその1。幼馴染の憧れのお姉さん(シャーレイ)が、父親(矩賢)の死徒化の研究に手を出して不完全な死徒化を成し遂げてしまい、村ごと死都と化してしまった。そして聖堂教会と魔術協会の介入を招き、最後にはナタリアに助けてもらって父親を殺害した……と。

 最初シャーレイを見たときは、「Fate/stay night」のとあるキャラを思い出しました。なるほど、切嗣が彼女に甘かったのは、憧れのお姉さんに似ていたからなのかーと。
 その彼女が死徒と化し、切嗣に殺してくれるよう頼んだわけですが、切嗣には彼女を殺すことができなかった。結果、島ごと滅ぶことになったわけで、切嗣が被害を防ぐために躊躇せず殺す性格になった原型は、この経験にあったわけですね。

 というわけで、切嗣の過去話はさらに続くそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年5月 4日 (金)

[日記] バクマン。のヒロインのモデルは亜豆美保

 この前原作が終わった「バクマン。」ですが、その中に確か
 『僕たちの漫画のヒロインはすべて亜豆美保をモデルにしている』
 というシュージンの台詞がありました。GWの帰郷で暇だったので、それを考えてみました。

続きを読む "[日記] バクマン。のヒロインのモデルは亜豆美保"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »