« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

37巻限定版付録DVD 「魔法先生ネギま! ANIME FINAL」

 仕事が忙しくてのびのびになってましたが、37巻限定版についてきた「魔法先生ネギま! ANIME FINAL」を鑑賞しました。
 いやー、さすがに赤松先生の監修がはいったせいか、劇場版で物足りないとかシーンが飛んでいるとか思っていた箇所に、いろいろ追加シーンが入ってましたね。何で最初からこんな風にできないかとも思うのですが、こういうときはこの一言。

 シャフトだからしゃーない

 DVD版で一番つっこんだ補完箇所といえば、劇場版では結局あいまいだった魔法世界救済のための「ネギの腹案」が、地球と火星の融合だったということ。意味も分からず起きた劇場版での大オチが実はネギの腹案だったのかとか、そもそも千雨、お前現実世界がファンタジーになるのは嫌じゃなかったのかと突っ込んでしまいましたよ。

 それと冒頭で魔法世界編最後のクライマックス、ネギ対フェイトの戦いが描かれましたが、劇場版ではフェイトは最後の戦いの後で消滅してしまったみたいですね。劇場版でなんでフェイトが出てこなかったのか疑問だったのですが。それと原作では創造主は滅んでないということになってますが、劇場版ではあの明日菜とネギの合体攻撃(笑)で滅んだと言うことになってるわけですね。
 そういえば冒頭のシーンに「○○○時間目」とでてくるのは、原作読者を意識したつくりですよね。それはこれが単行本付属のDVDに収録されるため、原作読者を意識したのかと思いました。

 でもまあ、原作ではありえなかったクラスメート全員高校進学、ネギ先生も高校で教壇をとるという展開はハッピーエンドでよかったです。この際、エヴァはえんえんと中学生続けてるんじゃなかったかと思ったのですが、良く考えたらエヴァは肉体年齢が10歳で、学園長の温情で中学生をやってるという設定でしたね。つまりどの学年に就学するのかはある程度学園長の裁量にまかされていることになるわけです。
 あと、パクティオーカードの一部が原作準拠ではなく映画オリジナルになっているのも相変わらずでしたね。私は限定版に付属してきた本契約カードのように金ラメになるのかと思ったのですが、さすがにそこまではフォローしてませんでした。

 最後、一部のシーンで色の塗りが第1期アニメに似ているなーと思ったのですが、どうやら製作協力にXEBECが混ざっていたようです。違和感あるほどじゃありませんでしたけど。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2012年2月25日 (土)

バクマン。(第2シーズン) 第21話 「わがままとアドバイス」 (02/25)

 今回も尺の問題(原作の2.5話分を1話に)からか、港浦の振り付けの後ろに服部がいたことを隠してましたね。原作のように最初から読者にばらしてしまうという展開も良かったのですが、これはこれで、突然港浦が変わった、どういうことだろうというサイコーたちの視点から港浦を捕らえる事ができて、悪くない改変です。

 8月上旬の連載会議に出すネーム、港浦の提案で「この世はKTM(金と知恵と見た目)」を出すことになりました。「この世は金と知恵」は連載ネームまで用意しながら、エイジに本ちゃんで負けたことから王道でいきたいとボツにした話ですよね。しかし今回はシュージンのアイデアが膨らみ、それをサイコーが絵にする。シュージンが得意なえぐい作風とサイコーのシリアスな絵柄が合わさり、かなり面白いネームが上がったようです。
 原作ではこれが静河流の「True Human」と作風が被り、できが低かったはずの「True Human」が「KTM」を差し置いて連載になったんですよね。しかし、そこまでやったら尺が足りないでしょうね。

 「KTM」ではエイジに勝てないからと、次に港浦が提案したのが王道ファンタジー。シンプルな設定で笑いあり涙ありの王道展開ということで二人が作ったのが「STOPPER OF MAGMA」。火山の火口から現われるモンスターを封じるために、9歳の少年が名乗りを上げる話。シュージンは物足りないと言いながらも、香耶は話がシンプルで分かりやすいと高評価を得られましたね。
 ここで香耶の台詞、「9歳の男の子が拙い剣術を見せる箇所は笑えるし、父親のことを思い出すシーンは涙がでる」というのは次に続く伏線になってますね。私もアニメで見るまで気づかなかったけど。

 ところが「STOPPER OF MAGMA」は、10月中旬の連載会議にも回してもらえなかったという。そこで仕事場に来た港浦は、服部を引き連れていた。港浦が服部にアドバイスを求めていたことが判明し、服部が激を入れるシーンでおしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

バクマン。(第2シーズン) 第20話 「大好きと否定」 (02/18)

 テンポ良く話を進めるのはいいのだけど、テンポが良すぎるのもどうだろうか? 少なくとも、連載が始まってからわずか2話で「タント」を止めたいと言い出すのは、展開が速すぎると思う。

 決め台詞「どうだろうか?」で人気の盛り返しを図ろうとするサイコーたちですが、もはやエイジは「タント」を読んでいないという。その上シュージンと見吉…香耶の結婚式で服部に「面白くない」とまで言われてしまって──半分言わせたのはサイコーなのですが──ショックを受けるサイコー。その上、テレビに出たエイジにまでライバル宣言されて、タントを止めたいと言い出す。
 ──って、ここ本当に展開が速い。原作ではエイジのTV出演はシュージンの新婚旅行前で、サイコーの気持ちは新婚旅行で香耶から聞きだしたことになってたはずなのですが。

 あと、港浦の改心フラグの立つきっかけが、静河流の騒動から中井のお母さんの電話になりましたね。原作では中井のお母さんの電話なんてイベントはなかったのですが、まあ気にかけていたということですよね。

 そして「タント」打ち切りへ。「CROW」「+NATURAL」に匹敵する作品を上げないと自らジャックを止めると言い出しましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

バクマン。(第2シーズン) 第19話 「縁と星」 (02/11)

 第2期の「バクマン。」はテンポ良く話を進めてますね。テンポ良すぎて話の省略が多いですが。
 特に今回の見吉父との顔合わせは、川口たろうこと真城信弘が「実は絵が上手く」「ギャグセンスもあった」という話題が全然出なかったですねー。あのことでシュージンは、自分のギャグセンスの無さを痛感するというモノローグがあったのですが。
 「タント」の連載が始まってからも、人気投票では11位前後をうろちょろしてたりします。低年齢層からは支持があるとは港浦も言ってますが……特に良くも無ければ悪くも無い順位に満足するような二人ではありませんよね。やり方しだいではもう少し上にいけると狙ってますが。

 一方、原作:秋名愛子、作画:新妻エイジの「+Natural」の評判はなかなかよく、ジャック(ジャンプ)は即売り切れとなりました。服部もエイジももはや亜城木は眼中にないというような態度を見せてますが、新妻だけは服部の亜城木夢叶への肩入れを見抜いてましたが。
 そして、岩瀬は服部にターゲット・ロック・オンですね。さすがに不釣合いだと思いますが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

バクマン。(第2シーズン) 第18話 「文句と一括」 (02/04)

 今回OPがまた少し変わりましたね。蒼樹の作品が「青葉の頃」となり、シュージンと見吉の結婚シーンが差し込まれていました。今後の展開に則った形になりましたね。

 港浦と亜城木夢叶が「タント」を進める裏で、服部と雄二郎が秋名愛子原作、新妻エイジ作画の「+Natural」を進めていく。岩瀬が原作のネームを服部が連載会議に回していると聞いて、シュージンたちも驚きますが、それ以上に連載会議が終わってから聞かされた作画新妻の方にさらに驚いてしまう。福田が福田組を集めてエイジを詰問しますが、エイジは「文句は勝手から言え」と言わんばかり。なかなか挑発的です。

 あと、連載会議が終わってから班が1つ増えることに。新班長は大西ですが、原作ではいつの間にか増えていた班長が4人になったエピソードをここで差し込んだのは、この後の展開をにらんでのことでしょうね。

 あと、今回で判明した蒼樹さんは実は天然。心を許していないときはクールキャラを貫いていたのに、いったん気を許すととたんに可愛げがでてきました。シュージンも驚いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »