« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

2011年10-12月期終了アニメアンケート

遅ればせながら、アンケートに参加します。仕事がデスマーチを起こしていて、夜中の12時まで残業だったのでアンケートまで手が回ってませんでした。

01,UN-GO,x
02,君と僕。,x
03,gdgd妖精s,x
04,ベン・トー,x
05,Fate / Zero,A
06,マケン姫っ!,x
07,はっぴーカッピ,x
08,ダンボール戦機,x
09,C3 シーキューブ,C
10,輪るピングドラム,x

11,僕は友達が少ない,x
12,WORKING´!! (2期),x
13,たまゆら hitotose,x
14,世界一初恋2 (2期),x
15,侵略!? イカ娘 (2期),A
16,境界線上のホライゾン,B
17,真剣で私に恋しなさい!!,x
18,森田さんは無口。2 (2期),x
19,フジログ 第2シーズン (2期),x
20,ぬらりひょんの孫 千年魔京 (2期),x

21,アイドルマスター (THE IDOLM@STER),x
22,ましろ色シンフォニー The color of lovers,B
23,ひだまりスケッチ×SP (特番 4期),x
24,こぴはん (ネット配信),x

以下、寸評です。

続きを読む "2011年10-12月期終了アニメアンケート"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

バクマン。(第2シーズン) 第17話 「特別な仲と田舎」 (01/28)

 前半は中井さんの凋落、その行く末ですね。中井のアプローチに引き気味になっている加藤の口調が上手いです。
 夢と希望が売りの少年誌で、夢破れた男の哀愁を描いた中井のエピソードをここまで描いてくれたのは、大場つぐみ先生もチャレンジャーです。成功への道は開いていたのにそれを自分から捨ててしまったのは自業自得と言えばそれまでなのですが、誰もが夢を叶えるわけではない、誰もが成功するわけでもない、成功の影にはこういう無数の敗者もいるということを描ききってました。最後に田舎へ帰る中井の前に、福田と蒼樹が現われたのは、作者なりの優しさでしょう。

 一方の港浦。「Business Boy ケンイチ」が打ち切りにあい、「ひらめきタントくん」(走れ!大発タント)が連載見送りとことごとく自分の予想を裏切っています。サイコーたちは港浦を楽天的過ぎると酷評していますが、むしろ港浦の欠点は「推測」と「願望」の区別がついていないこと。亜城木夢叶にギャグマンガを勧めたのも、自分がギャグをやりたかったから。亜城木夢叶の才能がギャグに向いているかどうかの判定にもその願望が入り混じってしまっている。自分の抱えている作家に担当代えを直訴されてしまったのも無理はない。
 ただ、高浜(や亜城木)へ向けていった編集長の言葉も間違ってはいない。この「タント編」のテーマの1つに、作家と担当の方向性が食い違ったとき、どのような態度を取るのが正しいのかがあります。サイコーとシュージンはとりあえず担当の好みにあわせたマンガを描くことで連載を獲得する方向に向かったわけですが、それが正しかったのかどうかは……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

バクマン。(第2シーズン) 第16話 「救世主と王子」 (01/14)

 今回のサブタイトルって、石沢のことだったのかよ……しかも(自称)
 中井と喧嘩別れした蒼樹が謝罪のため亜城木夢叶の仕事場に来る。そこでパンチラ指導してくれる人を探すことになって、見吉が勧めたのが石沢だった。……って、あのシュージンに殴られた石沢ですか? 案の定、蒼樹紅に欲望丸出しにして再び敬遠されてしまう。
 一方福田は、中井にカツを入れに行きますが、すでに中井は加藤に夢中になっていてダメ人間コース。しかも中井が加藤に熱を入れあげている台詞を吐くたびに、当の加藤が生理的嫌悪感をもよおすという。あーあ、女と付き合ったことがないだけに、女とおしゃべりできる環境で勘違いしてしまったんですね。加藤にしてみても、自分が異性として見ていなかった男から自分を異性として見られていたなんて状況は、もはやホラーの域でしょうね。

 結局、蒼樹のパンチラ指導は福田がやることになりますが、そのおかげで蒼樹の「青葉の頃」が連載会議で「タント」のライバルになるということでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

バクマン。(第2シーズン) 第15話 「猿と結婚」 (01/14)

 今回のサブタイトルを見て、「猿と結婚する」と思った人、手を上げなさい!
 いや、私もそう思いましたよ。いくら「バクマン。」のタイトルが「○○と○○」だからといって、「猿と結婚」はないだろう。

 シュージンと見吉の喧嘩がサイコーと亜豆に飛び火して、シュージンも見吉も心配顔になります。サイコーも亜豆も頑固だから……っていうが、よく考えてみれば頑固だから「夢が実現するまであわない」という約束を愚直に守ってるんですよね。今回の事件は、それが裏目に出た感じ。

 裏目と言えば、蒼樹と中井のコンビ再結成の話もそうですね。一度振っておいてまたコンビ組んでくれというのも虫が良すぎる話ですが、漫画のコンビに恋愛ごとを絡ませてきた中井の方にも十分に問題がある。要するに仕事と恋愛ごとの区別が付いてなかったことになるわけですから。「hideout door」では仕事のために敢えて蒼樹にも意見するという態度を見せた中井ですが、自分の仕事の株を下げなくても……

 NEXTで「タント」は一位を取りましたが、サイコーと亜豆はまだ喧嘩中。このままではダメだとシュージンから見吉に電話して……待ち合わせの猿山でまた蒼樹さんと偶然出会う。涙で抱きついた蒼樹とシュージンの現場を見吉が見て……話がこれ以上ないほどこんがらがってしまうところをシュージンは結婚のプロポーズで吹き飛ばしてしまいました。話がすっ飛んでしまってますが、確かに混乱した話を纏め上げるにはいい状況でしょう。
 そして、この件で亜豆、見吉と蒼樹の間に友情が芽生えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

バクマン。(第2シーズン) 第14話 「不信と信用」 (01/07)

 今回はシュージンと見吉、サイコーと亜豆のすれ違いなどいろいろありましたけど、エンディングテロップの1コマにすべてを持っていかれた。
 なんだよあの『ひらめきタントくん』って!? 『走れ! 大発タント』じゃなかったのか!?
 ──って、よくよく考えたらアニメは公共放送のNHKでしたね。そりゃあ原作コンセプトの車の名前なんて使えるわけないよなあ。でもタイトルセンスなさすぎ。

 見吉とシュージンの喧嘩ですが、この話のもって行き方はうまい。女の側が自分のコンプレックスをバネに想像を悪い方向へ働かせているのに対し、男の側はそれに全然気づいてなく、せいぜいが岩瀬と会ったことに怒っているとしか考えていない。そしてそれは事実なだけに、女の怒りを理不尽としか感じられない。そういう男の態度が、女にとっては誠意のない姿に見える。
 亜豆とサイコーにしても、見吉に肩入れしている亜豆と、シュージンの事情を知ってるサイコーでは話がかみ合わない。シュージンをかばってるサイコーの説明では亜豆を納得させられないし、亜豆に全く関係ない『サイコーの叔父さん』のことを持ち出されてはサイコーも納得できない。話がこじれたあげく、見吉とシュージンの喧嘩が亜豆とサイコーに飛び火してしまう。

 あと、中井さんがどんどん株を下げていきます。せっかくアシスタントで知り合った加藤さんも中井さんの態度にドン引きしているし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »