« Fate/Zero 第5話 「凶獣咆哮」 (10/30) | トップページ | Fate/Zero 第6話 「謀略の夜」 (11/06) »

2011年11月 6日 (日)

バクマン。(第2シーズン) 第6話 「病気とやる気」 (11/05)

 先週に引き続き原作の2話半をアニメ1話にまとめているため、ところどころ省略されたエピソードがあります。ちょっと寂しい。
 今回の内容は、サイコーが止まらない、ですね。病気になって入院しても、漫画を描くのを止めないサイコーと、それを止めようとする亜豆の話でした。

 肝臓の手術で3ヶ月入院することになったサイコーですが、連載に穴を空けるわけにはいかないとシュージンに画材道具を持ってくるように頼みます。そのシュージンはいったんは引き受けるけど、やはりサイコーを止めるために亜豆に連絡を入れる。自分ではサイコーを止められないから──サイコーの気持ちもわかるからですね。
 実際連載19話で休載というのは辛いですね。まだ人気が固まったわけでもないですし。
 その亜豆がサイコーを止めようと昔話を始めて、「私とマンガどっちが大事」と尋ねるわけですが、それに答えるサイコーの「マンガのほうが大事」という返答には参りましたね。確かにこれは「あたしと仕事どっちが大事」という女性の常套句に対する理想的な解ですし、サイコーの漫画に対する真摯な気持ちを伝えてくれる。これで亜豆もサイコーは止められないと観念しましたね。

 省略したエピソードがある反面、原作でカラー原稿を先に上げてたのはシュージンがインク壷持ってくるの忘れたからというエピソードを挿入したのは、いい原作の補完ですね。こういう原作補完エピソードは好きです。

 担当の港浦の前で痛みがぶり返して、カラーペンを落とすサイコーですが、それを支えたのが亜豆。本当はサイコーに描くの止めてもらいたいのだけど、サイコーの執念を認めて一緒にペンを持つところは本当に芯が座ってます。設定から、普段はストーリーに絡まないのにね。その姿を見て、港浦も書くのを止めるのを諦めるが。

|

« Fate/Zero 第5話 「凶獣咆哮」 (10/30) | トップページ | Fate/Zero 第6話 「謀略の夜」 (11/06) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/53173214

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。(第2シーズン) 第6話 「病気とやる気」 (11/05):

« Fate/Zero 第5話 「凶獣咆哮」 (10/30) | トップページ | Fate/Zero 第6話 「謀略の夜」 (11/06) »