« バクマン。(第2シーズン) 第1話 「沈黙と宴」 | トップページ | バクマン。(第2シーズン) 第2話 「文集と写真集」 (10/08) »

2011年10月 4日 (火)

Fate/Zero <新番組> 第1話 「英霊召喚」 (10/02)

 TYPE-MOON 原作ゲーム「Fate/stay night」の前日譚にして、虚淵玄が執筆したスピンオフ小説。シリアスな中にもコミカルな笑いがあった「stay night」とは違って、こっちは最初から最後までハードシリアス、虚淵節全開でいってます。
 第1話は1時間スペシャル。昨期の「神様のメモ帳」も1話は1時間だったし、最近はこういうのはやってるのだろうか。「Zero」は序盤は話の仕込みのために展開がたるいので、第1話でストーリーをある程度進めるためにもこれは良かったのではないでしょうか。

 そんな仕込みでタルイはずの第1話ですが、既にアニメの演出がケレン味たっぷり。ただサーバントを召喚するまでの状況を説明するだけなのに、なんであそこまで緊迫感あふれた演出ができるのか。特に言峰綺礼に状況を説明するために、璃正と時臣が綺礼のまわりをぐるぐる回るシーンなんて、シリアスギャグかと笑ってしまいました。
 あと、ケイネスとの因縁で彼の聖遺物を奪って日本にやってきたウェイバー。令呪を授かって浮かれてましたが、「時期が迫れば聖杯は人数あわせをする」という時臣たちの台詞を考えると彼が哀れでならない。ハードな第4次聖杯戦争の中で、彼は一服の清涼剤となってくれそうです。
 そして衛宮切嗣と言峰綺礼が、互いに互いを情報でしか知らないのに意識しあっているシーン。これも緊張感があっていいですね。この話の最後の戦いがどういう因縁になるのか、伏線はりまくりですな。

 というわけで、これからもよろしくお願いします。

|

« バクマン。(第2シーズン) 第1話 「沈黙と宴」 | トップページ | バクマン。(第2シーズン) 第2話 「文集と写真集」 (10/08) »

Fate/stay night」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/52908782

この記事へのトラックバック一覧です: Fate/Zero <新番組> 第1話 「英霊召喚」 (10/02):

» (アニメ感想) Fate/Zero 第1話 「英霊召喚」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
MEMORIA(期間生産限定盤 )(アニメ盤)(DVD付)(2011/10/19)藍井エイル商品詳細を見る みたび、決着を先送りにされたその闘争に、今また4度目の火蓋が切って落とされる。 それぞれに勝利への悲願を託し、冬木...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 6日 (木) 14時24分

« バクマン。(第2シーズン) 第1話 「沈黙と宴」 | トップページ | バクマン。(第2シーズン) 第2話 「文集と写真集」 (10/08) »