« Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 (10/09) | トップページ | Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 (10/16) »

2011年10月15日 (土)

バクマン。(第2シーズン) 第3話 「窓と雪」 (10/15)

 原作ではほとんど1話完結だった蒼樹紅の移籍話。それをアニメの1話分にするにあたってはどう話をもってくるかと思ったら、なるほど前回と話を入れ替えたのはこういうことだったのですね。話の尺が足りない部分は、順位が振るわなくてテコ入れにあせる次の話の導入部分と重ねることで、ほぼ1話分の話として成立させてきました。

 新年会の裏側で、蒼樹紅と間界野昂次の引き合わせが行われていた。そして蒼樹紅は間界野昂次と組んでジャンプSQの茨木編集長のもとで連載をおこなうことになった。
 いっぽう、捨てられた形になった中井は、蒼樹と再び仕事をするために、夜中の公園で漫画を書くことに。
 中井がどれだけ蒼樹との「hideout door」に賭けていたかを示す示す話で、蒼樹も迷惑に感じながら警察に訴えなかったのは心に迷いがあったからというサイコーたちの推測もなるほどとうなずけます。その中井も原作では……いや、よしましょう。こういう仲間割れをした二人が信頼を取り戻してさらにつよくなるというのは少年漫画の王道ですが、それをライバルキャラにも躊躇なくやらせてしまうのが「バグマン。」クォリティですね。
 しかし、この時期の蒼樹さんほんとにクールビューティですよね。今の原作のかわいらしい蒼樹さんからは考えられないくらいに。

 初連載第1話で3位なら上出来なのは確かでしょうが、より上を目指す亜城木夢叶では不満の残る順位だったことも確か。「チーズおかき」が1話目3位から2話目9位にまで下がった例を上げて不満に思っているようです。この飽くなき上昇志向は楽観的な港浦とは会わない部分でもありますが……

|

« Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 (10/09) | トップページ | Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 (10/16) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/52999329

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。(第2シーズン) 第3話 「窓と雪」 (10/15):

« Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 (10/09) | トップページ | Fate/Zero 第3話 「冬木の地」 (10/16) »