« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

バカとテストと召喚獣にっ!第13問<最終回> 「バカとテストと召喚獣っ!」 (9/29)

 常夏コンビが仕込んだオバケ屋敷に雄二が送り込んだ秘密兵器は、明久・美波のペアだった。──オバケに怖がって震えている美波がかわいらしかったです。
 日本のオバケに怖がった美波がドイツに帰ると言い出したとき、「寂しいから」と引きとめようとする明久の天然ぶりは相変わらずです。この、何の意識もしてないのに天然で女をたらしこむ台詞を吐いてしまうところは、ラブコメの主人公に特有のフラグ体質というところか。
 ちなみに、雄二がいうところの本当の秘密兵器は、二人の後を追ってきた美春と久保の迷い神コンビでした。明久は久保の気持ちに全然きづいてないとか。久保、哀れ。

 物理400点台を誇る常夏コンビに対し、ニ年生グループは雄二・翔子ペアと明久・瑞希ペアを送り出す。気絶した美波を送り届けただけで悲鳴をあげてないから失格にはなってないという明久は反則くさいですよ。でも、瑞希は美波以上にオバケが怖い人だった。しかも常夏コンビの策略で、翔子・瑞希と雄二・明久にペアを入れ替えられてしまう。
 さらに明久たちをバカにした常夏コンビの暴言に対し、大声を張り上げて二人の良いところを主張する瑞希。そのせいでパートナーの翔子ともども失格になりますが、その言葉は雄二と明久に気迫を与えます。そして瑞希の気持ちに応えるためにも、二人は策略を用いて常夏コンビを倒す。
 そこで勝者の権利として明久が常夏コンビに要求した罰ゲームが、瑞希に謝ること。理屈でも打算でもなく、こういうことが素でできるのが、明久がもてる理由なのでしょうね。

 で、ラストの屋上シーン。名前で呼んでくれないと不満を漏らす瑞希に対し、明久が「名前で呼ぶ練習をしていた」と漏らしかける。うわー、なんつー初心なやつだ。それに対して瑞希も、さらっと告白めいたことをします。
 最後は全員集合でドタバタ騒ぎまくって終わりでしたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

バカとテストと召喚獣にっ! 第12問 「バカと道化と鎮魂歌っ!」 (9/22)

 今回のお話は、試験召喚システムの障害で召喚獣がゴシックモンスターになってしまったのを期に、学年対抗肝試し大会を行うことになります。
 ていうか、今回のお話の敵役に登場した、常夏コンビって、誰?

 今回の試験召喚獣はオカルト版ということでそれぞれらしいモンスターになってましたね。
・吉井明久 デュラハン
・坂本雄二 狼男
・姫路瑞希 サキュバス
・島田美波 ぬりかべ
・木下秀吉 猫娘
・土屋康太 吸血鬼
・木下優子 猫
・工藤愛子 のっぺらぼう
・久保利光と清水美春 迷い神

 美波のぬりかべはひどいなあと思いつつ、笑わせてもらいました。

 さて、2年F組に絡んできた常夏コンビですが、やってることはチンピラそのものですね。しかもそれで3年A組。大丈夫か文月学園。
 肝試しでも片方がきもい化粧で襲い掛かってきたのに対し、もう片方が秀吉に愛の告白。どちらも肝試しに関係ないところで悲鳴をあげさせている。と突っ込んではいけないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

バカとテストと召喚獣にっ! 第11問 「雄二と翔子と幼い思い出っ!」 (9/1)

 今回は雄二と翔子の思い出話。翔子がなぜ雄二を好きになったか、そして雄二がなぜそれをただの勘違いだと否定しているのかの話でした。

 水無月小学校時代の雄二は神童と呼ばれるほど賢しい子供だった。そして自分でもその賢しさを鼻にかけている嫌なやつだった。それを現在の雄二が自覚していたのですね。しかも上級生のいじめに逆に罠を張り返したことで翔子が巻き込まれてしまった。つまりは自分の愚かさが原因のケンカに翔子を巻き込んでしまった上に、それが翔子が惚れるきっかけになってしまった。雄二の主観からはそういう結果になります。雄二が頑なに翔子の恋心が勘違いだと否定したくもなる気もわからなくもない。

 しかし翔子の主観から見れば、雄二は上級生の3人組相手になけなしの勇気をふるって自分を助けてくれたことになる。しかもそれは雄二が得意とする策略ではなく、圧倒的に不利な体を張ってのケンカでです。それまでも自分とずっと対等に付き合ってくれた唯一の友達だったのに、それが恋心に変わってもおかしくはありませんね。

 あと、「こういうときはバカの方がかっこいい」という現代の雄二が言ったときにでたシルエットは、明らかに明久のものですね。知略や成績では明らかに雄二の方が上でしかもいいように明久を振り回しているのに、それでもなお雄二が明久と対等の関係を築いているのは、こういう小学校時代の価値観の変化があったからなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年9月 9日 (金)

バカとテストと召喚獣にっ! 第10問 「僕と恋路と恋愛術っ!」 (9/1)

 Bクラス(根本)からの宣戦布告を避けるため、Dクラス(美春)を挑発することにしたFクラス。しかし肝心の明久と美波の関係がこじれてしまい、しかも美春には全て演技だとばれてしまい……

 前半部の雄二が率いる試召戦争のための駆け引きシーンが面白かった。こういう自分の実力に数倍する敵を倒すために駆け引きを練るというのが「バカテス」の面白さなんだよなーと改めて思い至りました。いつも明久がひどい目にあってるのもお約束。それに今回は、瑞希の料理の秘密を垣間見てしまった。ああいう料理の勘違いはどこからでてくるんだろうか。根本がFクラスを牽制するために、翔子を使って雄二を拘束したところも良かった。駆け引きを使うのはFクラスだけではないということですね。

 後半部の美春との交渉シーンでは、美春の明久への糾弾がいちいちごもっともでした。確かに明久は美波を女の子扱いしていないし、異性に対する心遣いを持っていないといわれても仕方がない。しかしその分、美波たち女の子サイドも必要以上に過激なおしおきをしているので、ある意味釣り合いがとれているといえるのですが。
 美春をしてライバル(恋敵)とは思わないとされた明久が、なんて言って美春を本気で怒らせたのかは気になったのですが、その言葉は思った以上に直球でした。この明久の告白? を聞いて、正直これは上手いと思いましたね。普通ハーレムもののラブコメは話を長引かせるために、主人公を異性からの好意に気づかないニブチンにすることが多い。もちろん明久もこのタイプなのですが、これはやりすぎると「実は気付いているのにはぐらかしている」ように見えてしまう。そんな主人公は嫌味なだけです。ところが明久の場合は、「本気でバカだから気付いていない」という描写になっている。バカだから気付いていないし、バカだから駆け引きも何も考えずに直球の言葉を投げてしまう。つまり愛されるバカというキャラだてになっています。しかもそのキャラ設定が、試験というこの作品の題材にマッチしているところがまたいいのです。

 その直球の言葉を盗み聞きして、本気で明久のことが好きになってしまったことを自覚してしまう美波。ここ数回は美波編としてフューチャーされていて、面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

バカとテストと召喚獣にっ! 第9問 「僕と恋路と交渉術っ!」 (9/1)

 美波からの突然のキス。そして告白。突然の状況に戸惑う明久と、そんな二人に落ち込む瑞希のお話でした。
 もともとがメールの誤送信が原因だったんだけど、いつになくしおらしい美波に戸惑う明久がかわいい。自分が持てるという自覚をもってないから、こういうと起動すれば良いのかわからないし。

 ──で済まないのがこの話。二人の関係に嫉妬した美春が、Dクラスを炊きつけてFクラスに宣戦布告するという情報が入る。それを回避するために、あのメールが誤解だと説明する明久。誤解だとわかっていつもの自分を演じる美波がちょっと可哀想でした。

 ──と思ったら、今度はBクラスが宣戦布告するという情報が。Bクラス代表の根本がクラス内での自分の発言権を回復するためにしかけるらしい。Fクラス、今回の温泉騒動で怨み買いすぎです。
 ということで、さきにDクラスに宣戦布告させて試召戦争をおこなってから点数を回復させようという話になりました。って、既に瑞希の誤解を解いているから、演技をおこなうことに。なんか明久と美波の関係も以前に戻ってしまいましたが、例え芝居でも明久と美波が仲良くするのは瑞希には耐えられなかったみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »