« もしドラ 第7話 「みなみは成果について考えた」 (05/03) | トップページ | もしドラ 第9話 「みなみは大切なものをなくした」 (05/05) »

2011年5月 8日 (日)

もしドラ 第8話 「みなみはマネジメントのあるべき姿を考えた」 (05/04)

 県大会ベスト4の常連にて前回の準優勝校である修北戦。前半Aパート(9回表)までは星出と修北ピッチャーの加藤の因縁の対決にズームをあてました。
 星出と加藤は、同じ中学の出身。野球名門校に入学した加藤と、進学校に進学した星出との因縁の対決。加藤は程久保のことを「遊びで野球をやっている」といいますが、まあ8回までノーヒットなら仕方が無い。一方継投策を採った程久保は、先発の新見が5回途中までで9本ヒットをとられていたらしい。これは、程久保の守備陣がそれだけ上手いと判断するべきでしょうか。
 9回表、星出と加藤の直接対決は星出のホームランできまりました。継投も何もあったものじゃないけど、ただマネージャーチームのデータに頼ろうとしたチームメイトに対し、「ここ一番で星出が打つ確率はデータ上で七割強」と言い切って遮る二階の姿がいいですね。新キャプテンにふさわしい。そして「選手に専念するためにキャプテンを降りた」星出が、その期待にこたえる。王道の展開です。

 後半は、9回裏で3回もエラーをしてしまった桜井祐之助の処遇を巡って。いくらエラーを恐れないとはいっても、あわや逆転負けを喫するところだったから問題視されるのも当然ですよね。でも、決勝を残すのみとなって、祐之助を降板させてもいいのか。
 マネージャーチームは二階、文乃、花江が降板を主張、または賛成。しかし、みなみ一人が降板に反対する。去年の秋季大会の浅野の例を持ちだして、将来祐之助を登板させて良かったと思える日が来ると主張し、監督も登板に賛成します。マネージャーチームの中では人事はみなみが担当ですので、みなみの決定がマネージャーチームの決定になるのは当たり前ですが、正直情実人事という気もしないでもない。ただ、今まで祐之助がショートとしてマネジメントを組んできたので、当初の方針に従って最後まで信頼するという手もあります。

 そして決勝前夜、みなみは夕紀のお見舞いに行きますが様子がおかしく……

|

« もしドラ 第7話 「みなみは成果について考えた」 (05/03) | トップページ | もしドラ 第9話 「みなみは大切なものをなくした」 (05/05) »

もしドラ」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/51612524

この記事へのトラックバック一覧です: もしドラ 第8話 「みなみはマネジメントのあるべき姿を考えた」 (05/04):

« もしドラ 第7話 「みなみは成果について考えた」 (05/03) | トップページ | もしドラ 第9話 「みなみは大切なものをなくした」 (05/05) »