« バクマン。 第25話<最終回> 「ありとなし」 (04/03) | トップページ | もしドラ<新番組> 第1話 「みなみは『マネジメント』に出会った」 (04/25) »

2011年4月25日 (月)

第20回2011年春調査

今期は「まどか」という神アニメが現われたため、全般的に評価が辛めになってます。

01,レベルE,F
02,放浪息子,x
03,バクマン。,A
04,フラクタル,x
05,DD北斗の拳,x
06,ウルヴァリン,x
07,フリージング,x
08,夢喰いメリー,x
09,Rio RainbowGate!,x
10,遊戯王5D's (3作目),A
11,カルルとふしぎな塔,x
12,ドラゴンクライシス!,x
13,これはゾンビですか?,D
14,最強武将伝 三国演義,x
15,マリー&ガリー ver.2.0,x
16,極上!!めちゃモテ委員長,x
17,デジモンクロスウォーズ,x
18,Star Driver輝きのタクト,x
19,テガミバチReverse (2期),x
20,みつどもえ 増量中! (2期),x
21,君に届け 2ND SEASON (2期),x
22,一期一会 キミノコトバ (2期),x
23,とある魔術の禁書目録II (2期),C
24,IS インフィニット・ストラトス,B
25,ジュエルペット てぃんくる (2期),x
26,ハートキャッチプリキュア! (7作目),x
27,メタルファイト ベイブレード 爆 (2期),x
28,SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors,x
29,スティッチ! ずっと最高のトモダチ (3期),x
30,ひめチェン! おとぎちっくアイドル リルぷりっ,x
31,デュエル・マスターズ クロス / クロス ショック,x
32,スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター (2期),x
33,爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア (2期),x
34,お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!,A
35,這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生),x
36,ヘタリア Axis Powers / World Series (ネット配信),x
37,けんぷファー fur die Liebe (特番),B
38,ケロロ軍曹乙 (関東圏の方のみ),x
39,ケロロ軍曹 (全地域の方),x
40,たちゅまる,x
41,魔法少女まどか☆マギカ,S

以下、寸評。

01,レベルE
F評価
すみません。1話を見てそのまま切り捨てました。決して1話が不出来というわけじゃなかったんですけどね。

03,バクマン。
A+評価
原作つきアニメの見本のような作品。原作のイメージそのままでアニメ化しており、アニメオリジナルの脚色も原作を補完するエピソードが多く安心して楽しめることができました。原作の改変部分もNHKだから仕方ないという部分で済ませていますしね。
ただ、あまりにも原作に忠実すぎてアニメにインパクトがなかったことと、これを「まどか」と同格と評価できるかというと首を横に振らざるを得ないので、A評価に留めておきます。

10,遊戯王5D's (3作目)
A-評価
ライディングデュエルってなんなんだよ、モーメントエネルギーがシンクロ召喚で未来が破滅するってどういう意味なんだよといろいろと突っ込みたくなるような強引な設定、ご都合主義的な展開が目につきました。まずデュエルありきで話が作られているため、細かいところをつつけばいろいろ構成のあらも目に付きます。
しかし、それを補って余りあるほどこの作品にはパワーがあり、話にぐいぐい引き込まれていく。だから多少の作品のあらは笑って突っ込むだけで済む。下手に完成度を上げるよりもずっと面白くなってると思いますので、評価を1段階上げてA評価にします。

13,これはゾンビですか?
D評価
私はこういうあざといアニメは嫌いじゃない。嫌いじゃないんだが、この作品はいろいろなオタク向け設定をノリで繋ぎあわせた作品という以上の感想を持てません。「死ねない人間」「魔砲少女」「吸血鬼+忍者」「強大な魔力を抑えるため鎧を装着している」すべてどこかで見たような設定のつぎはぎで、それを使って何を表現したいのかが見えてきません。

23,とある魔術の禁書目録II (2期)
C評価
この作品ははっきり言って設定の塊であり、そのこんがらかった設定を上条さんが右手一本だけで解決するというところに醍醐味がある。だからこそ作品世界を支える設定は十分に説明する必要があったのですが、アニメではその説明が十分になされなかったためわけが分からない部分がでてきて消化不良を起こしてしまっています。尺の問題で仕方のない部分とはいえ、もう少し余裕を持った構成ができていたら良かったと思いますね。

24,IS インフィニット・ストラトス
B評価
メカと美少女、そして教科書に書いたような清く正しいハーレムラブコメ。この作品の評価はこれにつきるとおもいます。

34,お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!
A評価
この作品も、マイナスを付けるほどの欠点はありません。原作をよく読んで、その上でアニメの文法に嵌め込んでいったアニメ化作品の見本のようなできばえです。もう少し上に評価しても良いのですが、やはり上に「まどか」がいる以上このあたりに収まります。

37,けんぷファー fur die Liebe (特番)
B評価
……まあ1話限りの復活としては、徹底的にお色気とキャラ萌えに徹した話は悪くないと思います。ここまでやってくれるのならばいっそ潔い。

41,魔法少女まどか☆マギカ
S+評価
正直、このアニメに関してはいくら語っても語りきれません。
ということで1点だけ。
蒼樹うめのかわいらしいキャラクターデザイン、虚淵玄のどこまでも容赦のないシナリオ、そして劇団イヌカレーのひときわ異彩を放つ異空間設計と、それぞれに一流だがどこまでも相性の悪い素材を、新房監督とシャフトの演出が持つ独特のセンスと作品自体の高い完成度でひとつの作品に仕立て上げてしまった。通常、完成度の高いだけの作品は話がスムーズに流れるため却って印象に残りにくくなってしまうものですが、「まどか」の場合はそれぞれの素材そのものにパワー(自己主張と言い換えてもいい)があり、下手すると作品がばらばらになりかねないところを高い完成度で纏め上げているため、相乗効果で恐ろしいほどのパワーを生み出しています。ネットでは賛否両論で喧々諤々になってるみたいですが、この作品ならむしろ当然だとおもいます。
残念なのは、リアルでワルプルギスの夜がきて最終回が一挙放送になったことでしょう。11話も1回づつみてみたかったです。
……まさかS+評価をつけるときが来るとは。10年代を代表する作品の1つになると思います。

|

« バクマン。 第25話<最終回> 「ありとなし」 (04/03) | トップページ | もしドラ<新番組> 第1話 「みなみは『マネジメント』に出会った」 (04/25) »

アニメ調査」カテゴリの記事

コメント

ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、5/7の予定です。

トラックバックの件ですが、最初の時点で届いていましたよ。

トラックバックは、承認制にしているので、すぐには表示されません。
また、実際に送り忘れた場合でも、
コメントでURLをお知らせいただいている場合は、
トラックバックがなくても問題ありません。

その場合は、コメントをそのまま表示します。

投稿: アニメ調査室(仮) | 2011年4月30日 (土) 10時42分

再び、失礼します
第21回2011年4-6月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2011/8/6予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい

投稿: アニメ調査室(仮) | 2011年7月 3日 (日) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/51494064

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回2011年春調査:

« バクマン。 第25話<最終回> 「ありとなし」 (04/03) | トップページ | もしドラ<新番組> 第1話 「みなみは『マネジメント』に出会った」 (04/25) »