« もしドラ 第4話 「みなみはイノベーションに取り組んだ」 (04/28) | トップページ | もしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」 (05/02) »

2011年4月30日 (土)

もしドラ 第5話 「みなみは過去の高校野球を捨てた」 (04/29)

 先週、加地監督の提案した「ノーバント・ノーボール作戦」。なら今週はこの作戦にどんな意味があるかの説明があるはずだと思ったのですが、ノーボールはともかくノーバントの方は説明がありませんでした。そもそも、最近の日本の野球の風潮は「スモールベースボール」で、確実に1点を取りに行くことが主流のはず。ノーバントはどんな場面でも強打を狙う「ビックベースボール」に近く、大味な野球といわれてしまい日本の野球ファンにはなじまないのではという疑問があります。まあ、そこらへんの解説は今後に期待。

 今回はみなみが野球嫌いになった理由が明かされました。野球少女として育てられてきたのに、プロ野球選手になれないという現実を知らされてしまったこと。周りのみんなは知っていたのに、自分だけは知らされなかったことが裏切られた気持ちになったことだそうです。それを慰めて立ち直らせてくれたのが夕紀であり、だから夕紀のためにマネージャーを引き受けたということですね。
 その夕紀もみなみたち野球部のがんばりに勇気付けられて、手術に挑みます。体力の回復を待ってからの手術でしたが、とりあえずは上手く言った様子。

 ノーボール作戦の肝は、投手がマウンドにいる時間を短くすること。炎天下の夏の大会では、強い日差しが投手の体力を奪う。そのためボール球を打たせてとる投球術に時間をかけるよりも、打たれてもかまわないからストライクを常に狙うという作戦でした。そしてその分野手の負担が増えるが、前進守備でエラーを起こすのは仕方がないと割り切って次に響かせないといいます。
 ここまで書いて思い出したのですが、ノーバンド作戦の方では毎回ヒットを狙っていくために、選球眼を見極めるという説明がありましたね。試合で採用するにはリスクが高いですが、長期的にみればチームの力を底上げできる作戦かもしれません。
 ノーバント・ノーボール作戦を試す相手は、甲子園級の選手をごろごろ抱えた中邦大学野球部。二階はよくこんなところとマッチメイクできたよねえ。さすがに実力の差を見せ付けられましたが、それでも回を重ねるごとにエラーの数が減っていくのをスコアブックで確認します。新しい作戦の手ごたえを感じました。

|

« もしドラ 第4話 「みなみはイノベーションに取り組んだ」 (04/28) | トップページ | もしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」 (05/02) »

もしドラ」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/51532661

この記事へのトラックバック一覧です: もしドラ 第5話 「みなみは過去の高校野球を捨てた」 (04/29):

« もしドラ 第4話 「みなみはイノベーションに取り組んだ」 (04/28) | トップページ | もしドラ 第6話 「みなみは戦略と現状について考えた」 (05/02) »