« バクマン。 第23話 「火曜と金曜」 (03/19) | トップページ | バクマン。 第25話<最終回> 「ありとなし」 (04/03) »

2011年4月 2日 (土)

バクマン。 第24話 「電話と前夜」 (03/26)

 先週は多忙で感想書くのを忘れていました。第24話の感想です(この時点でアニメ25話は見てません)。
 冒頭、雄二郎が「立場上止めにかかったが」といってるシーン、これは原作にはありませんね。アニメなりのフォローでしょう。その代わり、KOOGYの「このままじゃすまさねえ」という台詞がなくなってました。まあ最初から漫画をなめてた人だからねー。

 金未来杯は「KIYOSI騎士」と「疑探偵TRAP」が両者引き分け受賞。とはいえ僅差で「hideout door」もつけていたという三つ巴の結果に。3組ともこのまま連載ネームを提出して連載会議に回すよういってきます。それよりも1位引き分けを言い当てた新妻の観察眼に、驚きますけどね。
 福田も、蒼樹・中井組も連載のために妥協を許さずがんばってるシーンを追加しましたね。プライドが高いから1組だけ3位という結果を不服に思ってるのではないかと心配していた間も、蒼樹の貪欲な姿勢に好感を抱いたようです。

 そして、サイコー・シュージンが打ち合わせの帰りの電車に乗り合わせていた会社員の男、スクリーントーンも知らないとはやはりあいつか? そういえば、吉田もあいつと打ち合わせの電話しているところを何度も挿入していましたしね。

|

« バクマン。 第23話 「火曜と金曜」 (03/19) | トップページ | バクマン。 第25話<最終回> 「ありとなし」 (04/03) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/51283940

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第24話 「電話と前夜」 (03/26):

« バクマン。 第23話 「火曜と金曜」 (03/19) | トップページ | バクマン。 第25話<最終回> 「ありとなし」 (04/03) »