« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月20日 (日)

バクマン。 第23話 「火曜と金曜」 (03/19)

 11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、先週は放送が中止になりました。被災地の方々の無事を祈るとともに、当作品だけでなくのきなみ放送中止になった番組が多く、不謹慎とは知りながらも寂しい思いをしていました。
 というわけで、2週間おきのアニメの感想です。

 前半Aパートはアニメオリジナル。福田組のネームの見せ合いに刺激を受けた3組が、ネームを練り直して金未来杯に挑むシーンが追加されていました。
 サイコーとシュージンは「疑探偵TRAP」の主人公を少年誌よりに寄せてきたと。福田は「KIYOSHI騎士」の描写を筆ペンや絵を使ってもっと荒っぽく、中井は「hideout door」の背景を全て点描で描くという力技でくる。──とここまでは原作にもあったところなのですが、蒼樹も原作ネームの構成を変えて、もっと少年誌よりに寄せてきたという描写は原作にはなかったところです。
 入魂の原稿をもって遊栄社(集英社)にいくサイコーとシュージンですが、彼らの会話を聞いた謎の会社員が一人……こいつ、平丸一也じゃないのか?

 あと、「TRAP」のヒロインさをりさんの声を当てていたのが後藤沙緒里さんだということに笑った。名前ネタかよと突っ込むべきか、亜豆役の早見沙織じゃないのかと突っ込むべきか、早見沙織だって名前ネタになるのにと突っ込むべきか迷ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

バクマン。 第22話 「文学と音楽」 (03/05)

 今、原作の七峰透編が面白い。策略家の亜城木夢叶をもっと凶悪にしたようなキャラで、当のサイコーやシュージンですら反則とおもう手段を使って上り詰めていき、ついには漫画に対する価値観の対立にまで発展する。個人的には七峰透の使っている手法はそれほど反則ではないと思う。自分が正しいと思うやり方を貫くためにマンションを借りて、自分でアシスタントまで用意する行動力もある。ただ、七峰透のやり方には責任の所在があいまいになるという欠点があり、そこが気にかかってます。

 ところが、その七峰透でさえ未だにやってないことを、KOOGYこと間界野昂次は平気でやっている。それはジャンプ(ジャック)最大のタブー

 投票操作

 アンケート至上主義を採っているジャンプにとって、ファン投票はなによりも掲載作家にとっては気になるものです。ところがこのアンケートは組織票に弱い。つまりファンが友人たちに頼んで、グループでいっせいに同一作家に投票するという行為です。これは本当にネットで読んだ噂に過ぎませんが、とあるジャンプ作家は人気が低迷していた頃、高校のマン研に「営業活動」にでて、自分に投票するよう頼んで人気を盛り返したという話があるらしい。漫画の内容で勝てばいいというサイコーですが、本来ならKOOGYは難敵になるはずなんですよね。

 編集部への殴り込みからネームの批評会に話が流れていきますが、そこで原作には無かった福田さんや中井さんの感想が描かれてましたね。あいかわらずクールな蒼樹さんの感想が聞けなかったのは残念です。

 そして原作に無かった、亜豆が属する聖ビ女コウハイ組の秋葉原コンサート。はっきり行って、先週のKOOGYの武道館ライブコンサートよりも力が入ってました。あれだけの振り付けをよくもまあ描いたものだ。やはりイケメンより美少女の方がいいのか。そして亜豆は、このままアイドル声優路線に行ってしまうのか!?
 ──つくづく、「亜豆は実力で声優に選ばれたわけではない」という15話の展開がなくなったのは残念です。亜豆は顔で選ばれたというシーンがあると、このエピソードももっと映えるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »