« バクマン。 第22話 「文学と音楽」 (03/05) | トップページ | バクマン。 第24話 「電話と前夜」 (03/26) »

2011年3月20日 (日)

バクマン。 第23話 「火曜と金曜」 (03/19)

 11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、先週は放送が中止になりました。被災地の方々の無事を祈るとともに、当作品だけでなくのきなみ放送中止になった番組が多く、不謹慎とは知りながらも寂しい思いをしていました。
 というわけで、2週間おきのアニメの感想です。

 前半Aパートはアニメオリジナル。福田組のネームの見せ合いに刺激を受けた3組が、ネームを練り直して金未来杯に挑むシーンが追加されていました。
 サイコーとシュージンは「疑探偵TRAP」の主人公を少年誌よりに寄せてきたと。福田は「KIYOSHI騎士」の描写を筆ペンや絵を使ってもっと荒っぽく、中井は「hideout door」の背景を全て点描で描くという力技でくる。──とここまでは原作にもあったところなのですが、蒼樹も原作ネームの構成を変えて、もっと少年誌よりに寄せてきたという描写は原作にはなかったところです。
 入魂の原稿をもって遊栄社(集英社)にいくサイコーとシュージンですが、彼らの会話を聞いた謎の会社員が一人……こいつ、平丸一也じゃないのか?

 あと、「TRAP」のヒロインさをりさんの声を当てていたのが後藤沙緒里さんだということに笑った。名前ネタかよと突っ込むべきか、亜豆役の早見沙織じゃないのかと突っ込むべきか、早見沙織だって名前ネタになるのにと突っ込むべきか迷ってしまいました。

|

« バクマン。 第22話 「文学と音楽」 (03/05) | トップページ | バクマン。 第24話 「電話と前夜」 (03/26) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/51165885

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第23話 「火曜と金曜」 (03/19):

« バクマン。 第22話 「文学と音楽」 (03/05) | トップページ | バクマン。 第24話 「電話と前夜」 (03/26) »