« バクマン。 第18話 「嫉妬と愛」 (02/06) | トップページ | バクマン。 第20話 「協力と条件」 (02/20) »

2011年2月19日 (土)

バクマン。 第19話 「2人と1人」 (02/12)

 この週は感想を書くのを忘れていました。
 というわけでさらっと感想。

 シュージンが夏休み中にネームを上げられなかったため、サイコーはコンビ解消を言い渡します。しかしシュージンは、ネームが上げられなかったのは見吉のせいじゃないとかばう。見吉に本気になったからと、見吉のためにもがんばりたいと。

 サイコーからコンビ解消を伝えられた服部ですが、シュージンもまたサイコーと同じ「探偵もの」という方向性にシフトしていたことを知り呆れてしまう。確かに服部から見たらこの二人の仲のよさは異常。というわけで、探偵ものにシフトした二人のために、シュージンに2年かけてネームを作ってくれと持ちかけるが……服部の策士なところがでていましたね。
 でも1ヶ月であっさりサイコーにばらしてしまうシュージン。本当に仲がよいですね。

 思うのですが、サイコーは「詐欺師探偵ヒカケ」という子供の頃描いてたマンガから詐欺師の探偵というキャラクターを思いついた。つまりはキャラクター優先のタイプ。シュージンは、探偵もののジャンルを意識してからその路線にシフトしたが、キャラクターを全然思いつかないことでに苦労していた。すなわちストーリーや設定優先のタイプとして描かれています。その意味でも二人のコンビは絶妙ですよね。

|

« バクマン。 第18話 「嫉妬と愛」 (02/06) | トップページ | バクマン。 第20話 「協力と条件」 (02/20) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/50916001

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第19話 「2人と1人」 (02/12):

« バクマン。 第18話 「嫉妬と愛」 (02/06) | トップページ | バクマン。 第20話 「協力と条件」 (02/20) »