« バクマン。 第20話 「協力と条件」 (02/20) | トップページ | バクマン。 第22話 「文学と音楽」 (03/05) »

2011年2月26日 (土)

バクマン。 第21話 「文学と音楽」 (02/26)

 二代目クールビューティ、蒼樹紅登場。そしてアニメでは当初から人気ミュージシャンとして登場していたKOOGYが、間界野昂次として登場しました。
 今の原作の蒼樹さんからすると全然キャラが違うのですが、登場したての頃はこんなツンケンキャラだったんですね。は、もしかしてツンデレキャラ!?(<嘘です)

 原作ではさらっと描かれた連載の予行演習ですが、アニメではそれなりに描かれていました。ニ週に一度の原稿完成でサイコーにかなり負担がかかっていたようですが、今になって思うとこれって後の展開の伏線なんですよね。服部さんが切り上げてくれたおかげでこの時点では発覚しなかったわけですけど。
 中井巧朗はストキン準キングの蒼樹紅の原作「hideout door」に絵を付けることになる。たしかに蒼樹に熱を上げていますね、蒼樹の言葉にコロッと意見を代えたりとか、大丈夫かという気がする。
 蒼樹さんは少女マンガ雑誌「マグノリア」でデビューしていたとか。「マグノリア」ってなんなんだよ。どうやらアニメ版での「マーガレット」のことらしい。ちなみに調べてみたらマーガレットは菊でマグノリアは木蓮のことでした。「マ」しか繋がってない。

 そしてKOOGY、まさかのコンサートシーンが登場。でもこのアニメはマンガがテーマだから、動きが全然ありません。もう少しコンサートシーンらしく、シーンにメリハリを付けて欲しかった。つまり、KOOGYはアーティストとしては成功者であることを示すためにも、このシーンには迫力が欲しかったです。
 さらに特別出演のHYDEの演技が大根でした。まあ声優としては素人だからしかたありませんが、有名人の特別出演は下手に入れるとみているこちらが白けてしまうのでほどほどにしてほしいです。

|

« バクマン。 第20話 「協力と条件」 (02/20) | トップページ | バクマン。 第22話 「文学と音楽」 (03/05) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/50977936

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第21話 「文学と音楽」 (02/26):

« バクマン。 第20話 「協力と条件」 (02/20) | トップページ | バクマン。 第22話 「文学と音楽」 (03/05) »