« バクマン。 第16話 「壁とキス」 (01/22) | トップページ | バクマン。 第18話 「嫉妬と愛」 (02/06) »

2011年1月30日 (日)

バクマン。 第17話 「天狗と親切」 (01/29)

 シュージンと見吉のキスに動揺しながらも、シュージンのために新妻エイジのアシスタントに入るサイコー。そこで彼は、古参アシスタントの中井巧朗と生意気な新人マンガ家の福田真太に出会う。

 この福田真太ってのは、初登場時には生意気なだけの人間として描かれていたんですよね。彼のおかげで職場の雰囲気が悪くなっていて、サイコーもそれに戸惑っていた。しかしすぐに、この福田が誰よりも漫画に対する熱い魂を持っている男として描かれ直される。彼に限らず「バグマン。」の登場人物は、だれもがこの二面性をもって描かれていますよね。初登場時には悪印象を持つようにその人の悪い面を見せ、すぐさまよい面を見せて持ち上げなおす。「バグマン。」の作風なのかもしれません。

 新妻エイジの「CROW」は上手くいくというサイコーとエイジの話に、福田はこのままだと半年で打ち切りになると言い出す。勢いとかっこよさで凄さを見せ付けるだけで、話に深みがないと。
 ここで衝撃の事実。エイジは担当の雄二郎とネームや打ち合わせをしたことがなかった!
 放任主義といえば聞こえがいいが、あまりものいい加減さに福田が切れるのも無理はない。話の流れでサイコーが「CROW」の5話をどうすれば良いかアドバイスをすることになり、さらにネームを描かせて雄二郎と打ち合わせまでするようにさせる。

 ──ネームを描かずにいきなり完成原稿を手渡すのはさすがに聞いたことがありませんが、いきなり下絵を上げてくるマンガ家は聞いたことがあります。しかもその人も国民的大ヒット作を書き上げた天才マンガ家で、ネームを描かないのは同じ絵を何度も描くのはめんどくさいからというもの。おそらくエイジのエピソードは、そのあたりを参考にしたものかもしれませんね。

 最後に見吉よ、自分が夢だと言った携帯小説をほとんどシュージンに描かせてるんじゃねーよ。

|

« バクマン。 第16話 「壁とキス」 (01/22) | トップページ | バクマン。 第18話 「嫉妬と愛」 (02/06) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/50731926

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第17話 「天狗と親切」 (01/29):

« バクマン。 第16話 「壁とキス」 (01/22) | トップページ | バクマン。 第18話 「嫉妬と愛」 (02/06) »