« バクマン。 第13話 「速報と本ちゃん」 (12/25) | トップページ | 第19回2011冬調査 »

2011年1月 9日 (日)

バクマン。 第14話 「バトルと模写」 (01/08)

 ジャック(ジャンプ)で一位をとるために王道バトルに路線を変更したサイコーとシュージンだが、そんな二人の目の前に天才・新妻エイジが現れる。
 天才肌のエイジと計算づくの亜城木、王道バトル路線のエイジと邪道むきの亜城木、天然でマイペースなエイジと策略家の亜城木と、何から何まで対照的なライバルとして登場してきたエイジの才能を目の当たりにしてそれでも二人は──。

 今回も原作に忠実な展開で、その意味では感想は少ないです。
 見吉から、亜豆がオーディションを落とした話を聞いて、メールを打つサイコー。その返答で香耶から余計なこと聞いたでしょと指摘されてしまうところなど、こういう細かいところまで話を描いてくれているのはいいですね。ただでさえ主人公二人がマンガ一直線で話の方向性が限定されているので(その分話の展開を早くして飽きさせないようにしてますよね)

 王道に路線変更した二人に服部が反対しているジャック編集部のところへ、雄二郎が同じく問題行動を起こした新妻エイジを連れてくる。ご都合にしてもなかなかの展開ですが、だからなんでこのときだけジャック編集部の会議室で打ち合わせをしていたんだと疑問符が。
 サイコーとシュージンの目の前で、エイジが2話分のネームをわずか30分足らずで書き上げるという神業を見せられても、なおエイジと王道で勝負するというサイコーたちに服部も半年待つと折れますが……

|

« バクマン。 第13話 「速報と本ちゃん」 (12/25) | トップページ | 第19回2011冬調査 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/50533492

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第14話 「バトルと模写」 (01/08):

» 『バクマン。』 14話[バトルと模写」 [日刊 Maria]
王道のバトル漫画を描くため、ドラゴンボールの絵を模写するサイコーだけど… 新妻エイジへの敵対心や、連載への拘りから、服部さんと衝突しちゃったよ。 シュージンも一緒にな ... [続きを読む]

受信: 2011年1月11日 (火) 22時56分

« バクマン。 第13話 「速報と本ちゃん」 (12/25) | トップページ | 第19回2011冬調査 »