« バクマン。 第12話 「御馳走と卒業」 (12/18) | トップページ | バクマン。 第14話 「バトルと模写」 (01/08) »

2010年12月25日 (土)

バクマン。 第13話 「速報と本ちゃん」 (12/25)

 今回は原作に忠実な展開だったので、意外性はなかったです。私の「バクマン。」の評価は原作に忠実なほど低くなる傾向があるのですが、それだけアニメが原作の内容を咀嚼しきっており、原作にあっても違和感のないオリジナルエピソードを描いていることことを評価しているのだと思ってください。

 春休みの間、寝ないで原稿を仕上げたサイコーとシュージン。見吉がやってきてサイコーが亜豆にメールを出してないことを詰問しますが、漫画に夢中で忘れてたというところがサイコーらしい。オマケに始めてのメールを疎かにしたくないというサイコーの思いを見吉が汲んで、亜豆に伝えておくという。サイコーじゃないけど、見吉のいいやつぶりが現れたシーンですね。

 原稿を遊栄社の服部に納めて、帰ってきたサイコーは一晩かけてメールを打つ。いろいろ考えてるうちに文字数制限の5000字にひっかかったりと独り相撲を取っているサイコーがおかしい。さらにはすぐ帰ってきた亜豆のメールが要点しか書いてない簡潔なものだったりで二度ショック。さらに「マンガ書きなさい。めっ」という亜豆のメールに調子に乗ったサイコーが命令口調でシュージンに電話。

 服部には1位をとっても連載をやらせるつもりは無い。そう見切ったサイコーは連載を獲得するための戦略として、服部に翻意を促すために連載用ネームを3本書いて持ってくることをシュージンに提案する。金のあるやつがのし上れるというインパクトのある台詞を言わせたりとおそらく最高の連載用ネームを作ったりしたのでしょうが、服部から伝えられたアンケートの順位は速報が1位で本ちゃんが3位。しかもエイジは本ちゃんで500票超えを果たしており、アンケートの半数以上に○を付けさせたことになります。
 そのため、邪道ではなく王道で勝負したいとサイコーはシュージンに提案しますが……

|

« バクマン。 第12話 「御馳走と卒業」 (12/18) | トップページ | バクマン。 第14話 「バトルと模写」 (01/08) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/50398338

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第13話 「速報と本ちゃん」 (12/25):

« バクマン。 第12話 「御馳走と卒業」 (12/18) | トップページ | バクマン。 第14話 「バトルと模写」 (01/08) »