« 魔法先生ネギま! もうひとつの世界 Extra 「魔法少女ユエ♥」 (08/20) | トップページ | バクマン。 第10話 「10と2」 (12/4) »

2010年11月28日 (日)

バクマン。 第9話 「後悔と納得」 (11/27)

 シュージンが岩瀬と見吉に詰め寄られて修羅場を演じる話──じゃない。いや、そうなんだけど、二人に詰め寄られることで、改めてマンガを目指す気持ちを再確認するという話。
 石沢を殴って謹慎処分になったシュージン。義務教育期間中に自宅謹慎があるのかと突っ込みたいが、本人はマンガのネームを考える時間が増えたと喜んでたり。しかし、サイコーは石沢に言われた「マンガの絵になっていない」「お前が足を引っ張っている」という言葉が気にかかる。家族や亜豆とのやりとりを経た上でシュージンのアパートを訪ねてみると、そこには岩瀬と見吉という先客がいた。

 シュージンじゃないけど、本当になぜこんなやつがもてる。いきなりモテ期がやってきたシュージンは困惑していますね。
 岩瀬とは2年前、「お互いを励みにがんばりましょう」というやり取りで握手をしたら付き合ってることになっていた。
 見吉とはこの前、「話をしてみたかったから」という返答をしたらなぜか告白したことになっていた。
 両者ともに女特有の思い込みから話がややこしくなったわけですが、シュージンが学歴も成績も全てを捨てて漫画家になるという宣言──それこそが今回のテーマ「後悔と納得」──をすると、マンガを認められない岩瀬は涙を流しながら去ってしまう。一方さっぱりとした見吉は、三発殴らせただけで許したわけですが。このままずるずると付きまとわれるんだろなあ。
 そのやりとりの一部始終を見ていたサイコーは、シュージンに絶対後悔させないと約束します。確かにモテモテだな、シュージンは。

 ラストは新妻エイジの上京シーン。原作には無かったシーンですが、カラスを見つめるエイジは何を考えてるんでしょうね。

|

« 魔法先生ネギま! もうひとつの世界 Extra 「魔法少女ユエ♥」 (08/20) | トップページ | バクマン。 第10話 「10と2」 (12/4) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/50153005

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。 第9話 「後悔と納得」 (11/27):

« 魔法先生ネギま! もうひとつの世界 Extra 「魔法少女ユエ♥」 (08/20) | トップページ | バクマン。 第10話 「10と2」 (12/4) »