« けいおん!!<最終回> 番外編 「訪問!」 (09/28) | トップページ | バクマン。 第2話 「馬鹿と利口」 (10/09) »

2010年10月 3日 (日)

バクマン。<新番組> 第1話 「夢と現実」 (10/2)

 大場つぐみ、小畑健原作の同名漫画『バクマン。』のアニメ化です。原作に非常に忠実なアニメ化でしたね。
 冒頭、劇中アニメ、川口たろう原作の『超ヒーロー伝説』のオープニングが放映されていたときは、力はいってるなーと思いましたね。川口たろう以外の製作スタッフが、『バクマン。』製作スタッフの名前のもじりになっていることに気づいたときには笑えました。吉田王令子って誰なんだよ!?

 話が原作に忠実に展開しているため、意外性に乏しい嫌いはありますが、その分安定感はあります。原作の展開を無視してオリジナルストーリーに走るということもなさそうですしね。
 あと、ちょっと気になったのはサイコーがシュージンの誘いを断るときの「だが断る!」。ポーズも何もなかったのですが、このシーンの元ネタは『ジョジョの奇妙な冒険』の岸部露伴ですので、ポーズをつけて欲しかった。できればジョジョ立ちと呼ばれる得意げなポーズとともに。

 このアニメ(マンガ)が凄いと思うのは、主人公サイコーの動機付けですね。やる気も道も見失っていたサイコーが、好きな子の前で「アニメになったらヒロインの声を当ててください」「夢がかなったら結婚してください」とテンパッて言ってしまうこと。マンガ道は一生続いていく終わりないものですが、目に見える目標を立てていくことでサイコーにも視聴者(読者)にもこの話の到達点を示している。
 もっともそのおかげで、原作の二人のマンガ道は波乱万丈の展開を歩んでいるわけだが。

 それでは、これからもよろしくお願いします。

|

« けいおん!!<最終回> 番外編 「訪問!」 (09/28) | トップページ | バクマン。 第2話 「馬鹿と利口」 (10/09) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

バクマン。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/160180/49642150

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。<新番組> 第1話 「夢と現実」 (10/2):

« けいおん!!<最終回> 番外編 「訪問!」 (09/28) | トップページ | バクマン。 第2話 「馬鹿と利口」 (10/09) »