« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

けいおん!!<最終回> 番外編 「訪問!」 (09/28)

 今回の番外編は実質26話目ですが、4人が同じ大学への合格をきめているわけですから内容的には第22話と第23話の間にくる話ですね。
 冒頭の新入生歓迎の写真を撮るシーンで、もしかして2年次の梓入学のころの話をやるのかと思ってしまった。

 和が卒業アルバムの見本をもってきたため、みんなで見入る。おでこが光ってる律や写真写りが悪い澪はもちろんですが、唯、君はまだ卒業写真の失敗をきにしていたんだね。
 それで風邪で病欠していたさわ子先生のところに見本を持っていくことになった軽音部ですが……さわ子先生の私生活を DEATH DEVIL 風に想像していたのは唯でしたか。結局、担任の先生に風邪の見舞いをしにいっても、やはり普段どおり騒ぎ立ててますね。
 それでも、みんなしてご飯を作ったり掃除や洗濯をやったりと、なかなか気配りができてますね。

 DEATH DEVIL 時代の仲間が訪れて、4人がいなくなったら軽音部が再び廃部になるのではないかと尋ねられましたが、それに対してさわ子先生はそうならないと断言します。それは梓の来年度の新歓ライブで発表する曲の練習に、憂と純が協力しているからでした。軽音部はまだまだ続くという印象を残したのはうれしいです。

 最後は全員でジャンプする写真を取るところ。最後までしまらないところも「けいおん!」らしいですね。
 半年間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月26日 (日)

あそびにいくヨ! 第12話 「みつけきにました」 (09/25)

 騎央をキャーティア母船に送り込むため、大勢の人間が楯になってがんばります。

 まず地上のNATO軍戦から。ロシア基地にNATO軍が演習名目とはいえやってきていいのかという疑問はありますが、キャーティアの技術によって殺さずに無力化していきます。ただこの待ち状態で、アオイと真奈美が痴話喧嘩をしてしまう。さらにエリスにも食って掛かるわけですが、こいつらキャーティア船の救出やそのためにアントニアのメイド隊が体を張ってがんばってるのに、痴話喧嘩してていいのかって突っ込んでしまった。こういうのは、世界の危機と個人の感情が同レベルの問題として扱われるのは、セカイ系なさ区品でよく見られますが、この作品もそういう側面があったのでしょうか。
 もっとも、エリスは3人で愛人になりましょうというが。どこの世界でも天然にはかなわない。

 宇宙でのドギーシュア戦。騎央の宇宙船には迎撃能力が無いため、エリスとアオイ、真奈美の3人が宇宙サーフィンで迎え撃ちます。宇宙で煙が出たり爆発音がしたりするのはお約束。その前に、3人が一応のケリをつけるために騎央にキスしてしまいますね。

 そしてワープ後のキャーティア母船では、ドギーシュアのアシストロイドを排除して中央コントロール室に乗り込んだのは良かったけど、キャーティアじゃないから再起動の命令権が無いと拒絶される。ここでとった選択肢が、騎央の遺伝子をキャーティアのものにするという強引な力技。だったら騎央の受け継いだ艦長権限をだれか他のキャーティアに委任すればいいのではと突っ込んではいけないのだろうか?

 地球の那覇に激突しそうになったドギューシアの宇宙基地を軌道変更するために、アオイと真奈美が捨て身でがんばるが、その2人を助けたのがキャーティアになった騎央。その場の勢いでキャーティアになったものの、すぐには人間には戻れませんでしたか。
 というより、猫から進化した種族なのに遺伝子の違いが十万分の一というのが驚きですぜ。
 最後に、キャーティアから地球への贈り物が軌道エレベータとは、これって国際紛争の火種にならないか?

 というわけで3ヶ月間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

けいおん!! 番外編 「企画会議!」 (09/21)

 番外編とはいえ実質25話目だから、唯たちが卒業後の話かと思ったら実際にはまだ軽音部を卒業していない時期の話でした。唯の前髪がおかっぱ状態だから、第21話と第22話の間に来る話なのでしょう。
 内容は、唯たちが来年度の新入生のために、軽音部の紹介ビデオを作ろうとするもの。だがあの軽音部が、ただプロモーションビデオをつくるだけで話が終わるわけが無く……

 きっかけは一昨年唯たちがつくった紹介ビデオを梓がみつけたこと。ナースのコスプレをやらされて恥ずかしがってた澪がお菓子の箱に封印したものでした。
 そこで梓のために来年度の紹介ビデオを作ろうという話になるが、どんなのを作るかという時点で話がいろいろあさっての方向に飛んでいきます。とくに率先して脱線しているのがさわ子せんせいというのが。また部員にコスプレをやらせるつもりか。
 というか、最後まで梓のネコミミをこだわったのもさわ子先生でしたな。担任が率先して唯たちと同レベルで騒いでいるというのもなー。

 あまりにも3年生が脱線するので脚本を引き受けた梓ですが、梓が書いた真面目な台本で日常風景をやるはずなのに、唯がカメラ目線を気にして、澪に勉強を教えるふりをするところがおかしい。いや、大福を食べるときに気負いすぎたり喉につかえたりすまし過ぎたり──わざとやってるのではないかと思われるのも仕方が無いよな。
 出来上がった画像はさわ子先生の編集で立派なプロモーションビデオに……と思ったら、最後のカットであずさのネコミミシーンが。梓がこのバージョンを封印したくなる気持ちも分からなくはない。しかし、その梓もいきなり取り直しをやることになったら、あわてて何をするのか分からなくなって子猫モードになるあずにゃんが、やっぱりかわいい。普段の態度が背伸びしている分だけ、こういう素の表情が冴えますね。

 さて、残りは後1話か……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月19日 (日)

あそびにいくヨ! 第11話 「さがしきにました」 (09/11)

 2週間後にキャーティア母船が地球激突の危機の中、クーネの艦長権限が騎央に移譲されていたことが判明。騎央を中心に救出作戦が展開される。

 キャーティア母船の乗組員が時間凍結されたのは、いちかの系統のお札の効果だったようですね。ネコミミ宇宙人というだけでもおなかいっぱいなのに、地球側にもオカルトやら超能力やらがあるごった煮の世界観だからなー。なんでもありというのも考え物だ。
 宇宙船の線は世界的大富豪のアントニアのラインで調達……する予定だったが、ドギューシアの妨害工作で調達かなわず。そこでエンジンだけを摩耶のラインからロシアの将校と裏取引する──最近のメイドって、軍事関係にも通じてないと勤まらないんですね。

 真奈美が騎央にアオイとの関係を詰め寄り、それを聞いていたアオイが真奈美と喧嘩する。女が自分の立場も職も投げ打って尽くすのは、確かにそれだけの思いを抱いてなくてはなりませんね。しかもアオイは恋愛に奥手で、自分は騎央にふさわしくないと思ってるから騎央に気持ちも伝わってない。しかし、女の観点から見るとそれは、気持ちに気づかない男の方が悪いという事にもなりかねませんね。いまさらながら無自覚にフラグを立てる騎央は、いつ背中から刺されてもおかしくは無いかも。

 ロシア将校の部下に騎央を人質にとられたり、NATO軍がロシア基地に軍隊を送り込んだりと「犬」の攻撃はさらに苛烈になってきてます。それに対して、アシストロイドは基地に安置されていた戦車を発見し……もしかしてロシアで戦争を起こす気だろうか。ちょっとシャレにならなくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

けいおん!! 最終回 「卒業式!」 (09/14)

 卒業式当日に遅刻してしまう唯。唯に付き合って律・澪・紬も一緒に遅刻してしまいました。本当に仲が良いですね。教室に着いたら着いたで、ストッキングが破れてしまったことに気づく。こんなこともあろうかと、和に代えのストッキングを持たせた憂は本当に良くできた妹です。

 さわ子先生への寄せ書きを書いたサイン色紙を持ったまま、唯が卒業式に参加する。ドジっ娘を標準装備したような唯に持たせたのは明らかにミスキャスト。クラス全員が気になって卒業式に集中できない。おまけにさわ子先生に気づかれているし。それに気づいた澪から唯への言伝「山中先生が心配している」が伝言ゲームで「山中先生が失敗している」に変わってしまったというのもらしいですね。
 でも、クラスを代表して唯がさわ子先生に寄せ書きを手渡すのに、誰も異論を唱えなかったというのはすごい。人望だけはあるんですよね。

 卒業後の最後の部室で、唯たち3年生と別れたくない梓が泣き出してしまいます。それに対して唯たちは梓のために曲を弾く。題名は「天使に会えたよ」。EDによれば、またも作詞は唯の模様です。3年生で一番梓と仲が良かったのが唯ですし、唯らしい素直な歌詞ですね。そして梓の「下手ですね」という感想、第1期第1話の唯の言葉を思い出しましたよ。
 そして、最後は軽音部5人によるライブで〆ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

あそびにいくヨ! 第10話 「ねらいきにました」 (09/11)

 作中時間は既にクリスマス。エリスがやってきて4ヶ月がたちました。後半の怒涛の展開にながされた感がありますが、今回の話は騎央をめぐるアオイ、真奈美の恋の鞘当てですね。もう一方の当事者である騎央とエリスが全然意識していない天然さんのため、空回りしていますが。

 真奈美は、自分が騎央を好きだと気づくのが遅すぎたため、恋を成就するチャンスを逃した。騎央の幼馴染という立場に落ち着きすぎてしまったという後悔がある。だから、アオイには同じ過ちを繰り返して欲しくない。しかしそのアオイは、一緒にいられるだけで十分というほど恋に対して奥手でで臆病。このままではアオイも、騎央の仲の良いお友達という立場で落ち着いてしまうということ。そして、それを言う真奈美の気持ちに気づかないほど、アオイも鈍感ではない。おそらくアオイは、真奈美の騎央に対する思いに気づいている──というか、今気づいたのだと思いますね。

 そしてドギューシアの襲撃。キャーティアの母船と、キャーティアの臨時大使館になっている嘉和家、さらにはエリスの宇宙船を同時に襲撃。ドギューシアのアシストロイドがお札を貼っているところから、地球の呪術技術も流用しているのでしょう。いちかの関係者か?
 キャーティアの母船を時間凍結して乗組員を脱出不可能にさせる。司令室は異次元隔離したため手はだせないが、母船を乗っ取ったドギューシアのアシストロイドは母船をそのまま地球に墜落させるつもりです。さらに地球にいるクーネ艦長はナノマシンを打たれて行動不能。エリスの宇宙船も襲撃を受けているという状況ですね。そうとう綿密に襲撃計画を立てたのでしょう。
 ただ、ちょっとやりすぎの感もある。もしキャーティア側が難を逃れた場合、これだけのことをされたからにはただで済ませることはできなくなる。つまり、この襲撃はドギューシアにとっても背水の陣ということになります。相当の覚悟を持ってやっているのでしょう。

 さて、2週間後に母船墜落、打つ手なしの危機を、エリスと騎央はどう逃れるか? 騎央に渡された戦闘服と艦長の鈴が伏線となっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

けいおん!! #23 「放課後!」 (09/07)

 卒業前日に高校へやってきて、どうでもいいことで駄弁っている軽音部3年生の4人。本当にどうでもいい話だが、こういう日常系の話が「けいおん!」の面白さです。

 律の提案で、卒業前日に軽音部の部室に集まった4人。確か軽音部の部室って音楽室じゃなかったっけ? 音楽の授業がない日で助かりました。
 やっぱり最後ということで、名残惜しくなったのでしょうか。
 朝からお茶を飲んだり、荷物を片付けたり、掃除をしたりといろいろ行いました。発つ鳥跡を濁さずというので、こういうのは良いですね。
 昼食を忘れて購買でパンを買おうとして、「3年生がいるのが恥ずかしい」という理由で梓と純に買いに行かせたりと傍若無人なのも相変わらずです。

 和は卒業式の打ち合わせのために登校。答辞に選ばれたのは生徒会長だから?
 歴代の生徒会長の写真に和も加わることになる……あれ? そうすると先代の生徒会長であるあの曽我部恵も写真が載ってる?

 軽音部に何かを残そうということになり、放課後ティータイムの曲を全曲アルバムに残すことにする。しかしいまどきカセットテープとは。そのチープさが軽音部らしいノリですね。
 そして夜遅くまで残って、できたアルバムを聞いてます。と校舎の時計を見たら、午後7時を指していたぞ。さすがにダメなんじゃないか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 5日 (日)

あそびにいくヨ! 第9話 「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」 (09/04)

 エリスのいる地球のキャーティア大使館に、第一世代型アシストロイドのラウリィが地球にやってくる。しかし、なぜかエリスの態度がおかしくて。

 キャーティアではアシストロイドにもそれなりに権利が認められているのだろうか。本来道具として作られたアシストロイドとの間に、紛争とか和解とかが成立したということは、アシストロイドにもそれなりに権限が与えられているのでしょう。
 自分たちの先祖がしてきたことを自分の責任のように感じるのは美徳だけど、決着がついたものをいつまでも思い悩むのはよくありませんね。エリスはきっと、根がまじめなのでしょう。
 まじめといえばラウリィもそうですね。自分のご主人様の果たせなかったことを最後に果たしてから役目を終えていくのは、まじめといってもいいでしょう。そして、そこで選んだ題材がアニメ「キャプテンフューチャー」の歌とは。私はこのアニメを見たことはないのですが、もともとがハードな男の生き様を歌ったものですので、CV:茅原実里で歌われるとちょっと違和感があるな。

 糸嘉州先生がラウリィを見て、ロボットなネコミミに残念がるのがおかしかった。もともとがネコミミ宇宙人の作ったロボットなので、ネコミミネコシッポ付きなのは仕方がないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 1日 (水)

けいおん!! #22 「受験!」 (08/31)

 唯たち4人が受験に挑む姿を、梓視点で描写した話でした。
 先輩たちが受験にいそしんでいるその時期に、梓はバレンタインのチョコを渡すことを誓いますが

 澪や紬はともかく、普段真剣に勉強していない律や唯はどうかと思いましたが、唯は本番に強いタイプでしたね。むしろ本番に弱い澪の方が心配だと思ってみていたら、やはり澪は合格発表の掲示板の前で蒼くなって震えていたのはらしかったなあ。
 しかし今回の話でよく分かったのは、梓視点で描かれてるためか彼女の繊細さがはっきりと出ました。せっかく作ったバレンタインのチョコケーキなのに、他のファンが澪にチョコを上げる姿を見て渡せなかったり、職員室で唯たち4人の大学受験の話を聞いてやはり渡せなくなったり。前者はともかく、後者は先輩たちがもうすぐいなくなってしまうからというところがすごく。もしかして澪よりナイーブなのでは?
 でも、軽音部のお茶会で紬たちに気を配ってもらって、チョコケーキを食べてもらえたら本当にうれしそうに喜びました。唯はもちろん、澪たちも本当に梓のことがかわいいんだなと分かります。

 さて、憂ちゃんですが、普段からお菓子を作っているためバレンタインのチョコだと分からないというのはどこかずれてるぞ。
 そして純。お前は性格が大雑把すぎる。黒砂糖や製菓チョコでごまかそうとするんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »