« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

けいおん!! #13 「残暑見舞い!」 (06/29)

 第2期になってからは、梓と憂と純の二年生三人組のエピソードが多くなりましたね。今回は梓の視点から話を作り上げてます。
 すぐに日焼けして、憂にも純にも「誰?」と聞かれる梓が涙目。

 さて、梓視点なのは良いとして、夢オチを何回も繰り返し挿入しているおかげでちょっと話が間延びしている印象を受けました。そのせいで、原作ではギャグっぽく描かれているシーンもギャグとして成立しなくなりましたね。
 夢オチのシーンは以下の4つ。
  • 憂の家にスイカの差し入れを持っていく梓。唯が天そばを食べたのを知って、食べ合わせに気づくも手遅れに。
  • ホラー映画を見に行く梓と憂。同じ映画を見に来ていた澪に気づくが、恐怖シーンで澪は気絶していた。
  • 町の福引きのアルバイトをする梓と憂。そこに紬がやってきて、福引の7等(ティッシュセット)を引き当てる。
  • プールのスライダーに挑戦する梓に、バイト係の律が焼きそばを持たせる。焼きそば食べながらスライダーを滑るのが今の流行りだそうだ。
 …どれもこれもらしい性格しているけど、梓の主観が多分に入り交じってるおかげでさらに強調された性格になってますね。梓は普段から先輩たちをこのように見ていたんだ。

 プールから帰るとちょうど唯たち4人とであって、一緒に夏祭りに行くことになります。そこで梓は唯に手を引っ張られるが……人ごみの中で3年生の4人とはぐれてしまったのは、来年のことを象徴する出来事ですね。来年新入部員が入らなければ、梓は一人きりになってしまうのですから。
 ──部員1名で部活って認められるかどうかは別問題ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

けいおん!! #12 「夏フェス!」 (06/22)

 感想を書く前に夏フェスをぐぐってみたら、なんかいろいろな「夏フェス」がいっぱい出てきた。音楽関係のフェスティバルって全国各地でいっぱいやっているんだけど、劇中にでてきた「NATSU ROCK FESTIVAL」のモデルは、おそらく「FUJI ROCK FESTIVAL」のことじゃないでしょうか。たしか「けいおん!」のモデルが滋賀県の旧豊郷小学校だから、滋賀県から北陸道で新潟県まで行ってそこから関越道を通っていったことになる……うわー、そりゃつかれるわな。
 ──と書きましたが、ただけいおんのモデル校となっただけで、唯たちは順当に関東在住だと思います。だってそうじゃないと唯たちは高校の修学旅行に、滋賀県から京都府に行ったことになる。いくらなんでも近すぎるでしょ。

 夏季休暇(夏休み)に合宿行きたいと唯が言い出し、山へ夏フェスに行くことになる。しかし夏フェスのチケットを持ってなくて……となったら、なぜかさわ子先生がチケットを6枚も手にいれていた。友人5人にドタキャンされたさわ子先生のプライベートが心配です。
 敢えてフォローするなら、さわ子先生の友人が結婚したという話がありましたよね。あれでおそらく友人たちは生活が変わってしまったのだと思うことにします。決してさわ子先生の友人関係にヒビが入っているとは考えないぞ。

 夏フェスで仕切り屋になるさわ子先生、ビーチサンダルを何故か持ってきている唯と、なぜか焼きそばが目当てになっている紬。左利きのベースに興奮する澪と、みんなそれぞれの立場で楽しんでますよね。梓なんかすぐに日焼けしたりとか。
 最後に唯が遠くから流れてくる音楽を聴いて、それでも自分たちのバンドの方が凄いよねと言い切るところがすごいです。何の悪気もない天然さんの発言何だけど、何故か本当に自分たちの方が凄いと思えてしまう。
 正直ロックバンドというのがどう良いのかは私には分かりませんが、軽音部の6人が本当に楽しんでいる様子がとても良く描けていて、見ているこっちまで楽しくなってきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

けいおん!! #11 「暑い!」 (06/15)

 猛暑の中でだらけてしまっている唯たち軽音部。涼しくなろうとしてスクール水着を着たり、ダイエットになると言ってスーツをかぶったりと相変わらずフリーダムなクラブです。

 話の途中でトンちゃんの話になって、亀を飼うときは脱皮に応じて水槽を大きいのに取り替える必要があるという。面倒くさがってるさわ子先生を食べ物で釣って、紬の家にある大きめの水槽を車で取りに行きますが……帰ってきたときにツヤツヤしていたところを見ると、どうやら相当いいもてなしをされたようですね。まあ、一応担任の先生でもあるからね。

 生徒会の和にクーラーの設置を頼もうと唯と律が寸劇を行ったりしてますが、この前の部長会議で議題に上がってたことが判明する。もちろんサボリ魔の律は出席を忘れていた。で、次の部長会議で議題にあげようということになるが……本会議で反対意見がでなかったのは、きっと和が根回しをしていたからだとおもいます。よくできた生徒会長だ。
 そしてクーラが設置されたわけですが、唯はクーラーも苦手だったというオチがついた。暑いのも寒いのも苦手な上クーラーも苦手とは、澪じゃないけどどうすればいいんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

けいおん!! #10 「先生!」 (06/08)

 今回の主役はさわ子先生。学生時代の友人が結婚することになったが、その披露宴でメタルバンド「DEATH DEVIL」再結成の話が持ち上がる。先生になったらおしとやかで通すと決めていたさわ子は、その出場を断るが──

 挙動不審なさわ子先生の様子を見て、あとを追いかける軽音部5人組。さわ子先生の相手の女性は、高校時代の軽音部仲間、クリスティーナこと紀美(のりみ)でした。……唯の人の顔を覚える特技には参りましたね。ずいぶん昔に見た「DEATH DEVIL」時代の化粧した写真を見ただけで、顔を当てるのですから。
 この紀美さんはずいぶん気さくな大人で、軽音部の5人をおでん屋台でご馳走してくれます。ここら辺は大人の女性という感じでしょうか。いまどきの20代女性がおでん屋台で食べるかという疑問もありますが、これは女子高生からみた大人の女性のイメージの投影と考えるべきでしょう。
 そこで結婚話を聞いた唯たちは、さわ子先生に披露宴で「DEATH DEVIL」の参加を説得するように頼まれるが、おしとやかなキャラで通していたいさわ子先生の様子を見て諦めます。そこで紀美さんがとった手段は……

 「放課後ティータイム」は唯の天然と澪の作詞センスのおかげで、「DEATH DEVIL」のヘヴィメタル路線とは正反対のファンシー路線に走ってますからねえ。化粧だけメタルにしたところで「かわいい」と言われるのがオチでしたね。唯たちのとぼけたトークに我慢できなくなってしまったさわ子は、「DEATH DEVIL」の熱き魂を思い出し、ステージに上がってしまう。そしてヘヴィメタルのトークと演奏を見事やり遂げるのでした。
 おしとやからしくない過去の姿を見せてしまって落ち込んださわ子先生ですが、披露宴にいた一年生の生徒たちからは却って人気が高まった様子でした。化粧がなくてもメガネを取るだけで目つきが鋭くなるところが、「DEATH DEVIL」のキャサリンは健在というお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

[日記] 口蹄疫に対して義援金の寄附をした

 本日、宮崎県で発生している口蹄疫への義援金に対して、寄附をしてきました。金額は内緒です。
 義援金に対する参照ページはこちら。
 口蹄疫被害に対する義援金を募集しています

 私は普段は宮崎牛のような上質な牛肉は食べていないので、普通なら寄附する義理はないですし、普段ならしません。ですが今回は、宮崎の農家たちが献身的な態度で口蹄疫を封じ込めようと努力している姿に同情し、それに対する政府の無責任な態度に怒りが隠せません。だからといって、私にできることはほどんどない。苛立ちばかりがたってしまったので、思い余って口蹄疫の寄付口座にお金を突っ込むことで憂さを晴らすことにしました。

 しかし、いったい今年はどうなってるのでしょうか。
 宮崎では口蹄疫が発生し、
 アイスランドでは火山が噴火してヨーロッパ中を火山灰が覆い、
 オーストラリアではイナゴの被害が発生、
 メキシコ湾では原油が流出して止める見込みすら立っていない。
 これはどう見ても、世界レベルでの恐慌と飢饉が発生するフラグが乱立していますよ。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

けいおん!! #9 「期末試験!」 (06/01)

 アニメオリジナル……かな?
 進路調査に「がんばる」と書いて頑張ることに決めた唯。気を散らかしながらも期末試験にむけて頑張っているところに、となりのお祖母ちゃんの一文字とめから、町内演芸会に出るように頼まれてしまう。町内演芸会の日にちは期末試験の翌日だった。

 期末試験が目前だから、演芸会の頼みを断っても言い訳はたつのに、お世話になったおばあちゃんの頼みだからと嫌な顔ひとつせず引き受けてしまうあたりが唯らしい。期末試験と演芸会、両方とも頑張ると唯は主張しますが、普段は授業中眠ったりノートに落書きしたりと真面目な勉強家とは言い難い勉強態度で、大丈夫なのかいな。紬のノートを写してもらえたりしていましたけど。
 町内演芸会の方も両方とも頑張ることになり、河原で練習しているところで梓が登場。唯の頑張ってる姿を見て、一緒に出ることを誓います。そこで、梓が試験と演芸会を両立するために出したスケジュール表は……まあ、しっかり者の梓ちゃんらしい。

 本番の試験では、うつらうつらと居眠りしていた唯の目をさますため、和がわざと消しゴム落として声をあげる。うーむ、和ちゃんは本当に出来る子だ。でも唯が居眠りしていたのは、きっと夜遅くまで演芸の練習と試験勉強を両立していたからでしょうね。
 そして演芸会では唯と梓の「ゆいあず」から。唯のボケと梓のツッコミで漫才を始めますが……唯はともかく梓のツッコミが慣れてないね。もともと梓はいじられ役だから、ツッコミが鋭くないのはご愛嬌で。そしてギターの演目は「ふでペンボールペン ゆいあずバージョン」でした。

 試験期間中で部活動が中止のため、お茶会にありつけなくてヘタレるさわ子先生……あんた、それでも先生か。
 そして試験結果は、唯は高得点という意外なでき。そういえば唯は集中力だけはすごくて、普段赤点なのに1年次の期末では100点満点をとったこともありましたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »