« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

けいおん!! #4 「修学旅行!」 (04/27)

 唯たちが修学旅行に行く話。
 冒頭の修学旅行の準備をする唯が、実は妹の憂だったというのは、アニメだと声でオチが分かってしまうのが残念でしたな。

 4人1組の班分けということで、軽音楽部の4人で班になったが、この4人だと澪一人に負担がかかってしまうのが問題ですね。唯と律は積極的に遊びまわるし、紬はイザとなると唯と律に同調するし。律が始めた関西弁ごっこを完璧にこなしてしまう紬は完璧超人か? で、結局一番常識人の澪にしわ寄せが行くと。
 地図が読めないくせに一人で引っ張る律ですが、結局は道に迷ったり。ケータイで留守番の梓に助けを求める唯とか、どこかピントがずれてたりしますね。

 夜は夜で、1日目は紬が積極的に枕投げを始めたり、2日目はさわ子先生を引き込んで雑談で駄弁ったり。本当に軽音楽とは関係ない女の子たちだけの修学旅行になりましたね。
 でも、最後は澪が唯と同じ失敗をやらかすことで、決して澪が貧乏くじを引かされているわけではなく、むしろ救われている部分もあることを匂わせていたのは良かったと思います。でなければ後味がちょっと悪かったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

けいおん!! #3 「ドラマー!」 (04/20)

 スッポンモドキのトンちゃんを軽音部で眺めていたところ、律がドラマーをやめると言い出した。
 その理由が、影になって目立たないというのが律らしい。生徒会の撮ったデジタルビデオを見てみると、後ろにいる律だけ顔の表情が影になってしまっている。前の人間に隠れたり、足だけしか見えなかったり。そこで、律が他の楽器をやると言い出し始めた。

 で、唯のギー太を借りてギターの練習をする律ですが、ギターのコードのめんどくささにすぐ飽きてしまいました。まあ律らしいといえば律らしい。
 その翌日は紬のキーボードを借りての演奏。ギーボードで音声を鳴らして遊んだり。それを読める唯も凄い。そして律のキーボードで新曲のインスピレーションがひらめいたりと紬のおおらかさぶりも相変わらずです。
 そして、唯は律をめだたせるために、ドラムの位置を前に持ってきたり、演奏の最中で振り向いたりとノリノリで奮闘しています。それがちょっとずれてるのが唯らしいが。

 結局、律は自分がドラマーに憧れた理由を思い出して、再びドラムを鳴らし始めましたね。
 そしてさわ子先生。毎日綺麗になるのはいいのですが、やりすぎて自滅してしまったのは哀れです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月15日 (木)

けいおん!! #2 「整頓!」 (04/13)

 私物で混沌とした音楽準備室の整頓をおこなったら、さわ子先生の古いギターがでてきた。楽器店に売却した金額を部費にという口約束をして実際に売ったら、買取金額が50万円になってしまう。

 軽音部の私物で混沌とした音楽準備室の整頓をすることになったら、普段は遊んでばかりの唯と律が練習を始める。いや気持ちは分かるがこれは現実逃避にしか見えない。その上ツッコミ役の澪まで私物を持ち込んでいたとか……
 ホームセンターで棚を買う話はアニメオリジナルですね。紬がホームセンターに始めてきて喜んだりとか、唯がさまざまなネジをみて喜んだりとか、それぞれらしい話をしていましたね。梓と唯がスッポンモドキの亀を見ているシーンがありましたが、ホームセンターに生き物って売ってるものなのだろうか?

 楽器店にギターを査定に出したら、相当なレアものだったらしく50万円もの値段がついた。唯や律や澪が挙動不審になる一方で、紬がお嬢様らしく躊躇無くいただくという対比が面白い。律や澪や梓が楽器やアンプを欲しがるなかで、唯だけがお札に頬をはたかれる夢を見ているのも。思考が斜め上にぶっとんでいるなあ。
 50万円をガメろうと1万円と過少申告する律やら、正直に言ったら全額あげたのになあと平気な顔で嘘をつくさわ子先生やら。お前ら似たもの同士と思ったのは私だけではあるまい。そんな中、唯だけはさわ子先生に頼みこんでお札に顔をはたかれる夢を叶えてもらった。相変わらずマイペースだなあ。

 さわ子先生の温情で、一品だけ買ってもいいことになった軽音部だけど……ここで梓が後輩いないことを寂しそうに見ていたのはアニメオリジナルの展開ですね。唯の発案で梓のためにスッポンモドキを購入することになったのだけど……
 この展開は正直蛇足かと思いました。しかし梓のために新入部員として亀を購入するというのは唯ちゃんらしいいいアイデアだと思いましたね。でも梓が見ていたのはスッポンモドキを眺めている唯先輩だったというオチが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年4月11日 (日)

第16回 2010年春期調査

今期もアニメ調査室のアンケートに参加したいと思います。

01,銀魂,x
02,ドーラ,x
03,こばと。,B
04,君に届け,x
05,戦う司書,x
06,テガミバチ,x
07,ちゅーぶら!!,x
08,クロスゲーム,x
09,怪盗レーニャ,x
10,れでぃ×ばと!,x
11,マリー&ガリー,x
12,おおかみかくし,D
13,おまもりひまり,x
14,ジュエルペット,x
15,はなまる幼稚園,x
16,花咲ける青少年,x
17,ソ・ラ・ノ・ヲ・ト,x
18,エレメントハンター,x
19,COBRA THE ANIMATION,x
20,犬夜叉-完結編- (2期),A
21,バカとテストと召喚獣,B
22,フレッシュプリキュア!,x
23,チェブラーシカ あれれ?,x
24,天体戦士サンレッド (2期),x
25,キャラディのジョークな毎日,x
26,ヴァイス・サヴァイヴR (2期),x
27,メタルファイト ベイブレード,x
28,ひだまりスケッチ×☆☆☆ (3期),x
29,ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド,x
30,とある科学の超電磁砲 (レールガン),A
31,のだめカンタービレ フィナーレ (3期),x
32,キディ・ガーランド (キディ・グレイド 2期),B
33,しゅごキャラ!!! どっきどき,B
34,しゅごキャラ!ぷっちぷち,C

 以下、寸評です。
 ※04/12 抜けがあったためキディ・ガーランドを追記しました。

続きを読む "第16回 2010年春期調査"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

けいおん!! #1<新番組> 「高3!」 (04/06)

 昨年(2009年)4月~6月に放送した「けいおん!」の続編です。前作は感想を書いていなかったのですが、今期は感想を書いていきたいと思います。

 ……と、その前にざっとネットを巡ってみたけれど、今作のOPとEDの不評が多いですね。私個人としては第1期に匹敵するOPやEDだとは思うのですが、前作の印象が強すぎたせいかその分微妙な印象を受けたのかもしれません。第1期の印象が強い場合、第2期は第1期の方向性をエスカレートさせるか、それともまったく別の方向性にもっていくかの二択しかないのですが。
 第1期のOPは作品本編の雰囲気にのっとった楽しい印象を受けたけど、第2期のOPはさらに方向性をエスカレートさせたためか若干騒がしい印象はありましたね。EDはケーキの中に居るアダルト澪ちゃんの化粧や髪型デザインの方向性が微妙といったところか。前作のEDがキャラクターの印象を残したままアダルティックな雰囲気に持っていた絶品だったのですが。

 その分、本編は面白かったです。
 前作はSD画質のアップコンバートだったわけですが、今期のはハイビジョン画質で画面が綺麗だったので見ていて嬉しかったですね。
 それ以上に本編のいじり方が面白かった。3年生になっての新歓で、あさっての方向に突っ走る軽音部の律や唯がバカバカしくてよろしい。なんで軽音部なのに着ぐるみ着て散らし配りするのとか、よその部に体験入部して新歓の方法を盗み取るとか、もう訳分からんわ。
 あと、前作から話しが飛んだ……というより途中でOVAが挟まったため、話が繋がってない部分がありますね。和ちゃんがいつの間にか生徒会会長になっているところとか。

 そして、結局は今のままの5人でいいと話がまとまりました。
 新歓ライブで曲を一曲だけでもやるかと思ったけど、さすがにそうはやらないか。

 これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月 2日 (金)

バカとテストと召喚獣 第13問 「バカとテストと召喚獣」 (4/1)

 納得のいかない決着に明久が抗議し、特例として明久と翔子の一騎打ちが決まる。明久は一夜漬けで勉強し、なんとか翔子に喰らいつくが……

 というわけで最終回。明久が男を見せます。
 明久の本当の望みは、瑞希に本来の実力の設備(Aクラス)でのびのびと勉強してもらうことでした。今までの試召戦争はそのためにやったということでもあるわけですが……
 タイマンでサドンデス勝負。一問でも間違えたらその時点で敗退というルールで30問以上喰らいつく明久。ざっと見たところなかなか難しい問題もあって、バカの明久もよく答えられたなあと感心しました。(瑞希のために)勉強して成績──すなわち召喚獣の実力をあげたのが奏功したのでしょう。
 で、問題が起こったのが大化の改新の年代。あれほど大騒ぎして625年か645年か分からなくなった明久は、ストライカーΣを取り出して……翔子が625年と答えて不正解。明久の勝ちとなりました。
 それで瑞希にもう一度振り分け試験を受けてもらうことになったわけですが……うん、瑞希が名前を書き忘れた『理由』が分からないあたり、明久はやっぱりバカですね。

 あと、翔子があれほどの騒ぎがあってそれでも625年と間違えたのは、雄二との約束を守ったから。でも、ムッツリーニから婚姻届を手に入れるあたりやっぱり侮れないですわ。
 でも日本の男子の結婚年齢が18歳だというオチは読めてましたね。

 3ヶ月間、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »