« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月25日 (木)

バカとテストと召喚獣 第12問 「愛と勇気と俺達の戦いはこれからだ!(仮)」 (3/24)

 ついにAクラスとの試召戦争に挑む雄二たち。万全を期したFクラスの作戦は……

作戦その1:
 木下優子の趣味のBL本をさらして冷静さを奪う。しかし相変わらず騙される明久ですね。
作戦その2:
 本番前のAクラスに、Bクラス、Dクラス、Eクラスをぶつける。
 今まで試召戦争に勝っても設備の入れ替えを行わなかったのは、彼らを対Aクラス戦のための先兵にするためだったのですね。模擬試召戦争でAクラスの成績を削る策にでます。
作戦その3:
 さらに秀吉が優子に扮してCクラスに暴言をぶつけることで、CクラスもAクラスにぶつける。
 ああ、こいつら唯一Fクラスと試召戦争を行ってなかったものなあ。そこでこんな強引な手にでたわけか。
作戦その4:
 校庭にて待機作戦。さらに玄関口にバリケードを作ることでAクラスが1人ずつしか抜けられないようにして、多対一の状況をつくる。
 さらに明久の召喚獣で男子生徒のベルトを抜いて、全力を出せないようにする。
 ここまでくるとせこいとしか……
作戦その5:
 校舎の屋上で待機。明久の腕輪で召喚獣の扱いに慣れておき、ヒットアンドアウェーでちくちくダメージを与える。
 Aクラスは召喚獣に慣れていないことを見越した作戦ですね。これで翔子・優子対Fクラスの4人という戦いにもっていけたのですが……

 おそらく、ここまでやっても雄二たちFクラスがAクラスに勝てた確率はおそらく半々でしょう。もっとも、最下位のFクラスが最上位のAクラスに五分五分までもっていけたのは凄いのですが。

 しかし、ここまでやったのはいいが明久の学力が上がったおかげで腕輪の調子がおかしくなるというオチ。そのまま鐘が校舎を潰してしまい。
 雄二は翔子を、明久は瑞希を守り、さらには美波が明久と瑞希を守ってという展開になって試召戦争どころではなくなるのですが、その隙に優子が雄二の召喚獣を倒して試召戦争はAクラスの勝ちとなりましたとさ。
 空気読めよ木下優子……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

[考察] 追論:アルビオレは魔法世界人なのか?

 この考察は、私の過去の考察
 [考察] ネギま!の矛盾した展開
 [考察] 魔法世界ヴァーチャルリアリティ説
 [考察] 魔法世界の先住民はどこから来たのか
 [考察] ラカンはなぜ明日菜との逃避行に同行しなかったのか
 [考察] ヴァーチャルリアリティ世界の崩壊とは
 [考察] ヴァーチャルリアリティ世界の住民を助ける方法
 の追論です。

 最近の展開で魔法世界の秘密が次々と明かされていますが、そのうちの一つに「魔法世界人はマスターキーを持った人間には適わない」という情報があります。

 今までにも散々伏線はありましたが、のどかの「いどのえにっき」によってこれで確定しました。しかし、そこで私はある1つの疑問が思い浮かびました。
 純粋な魔法世界人だったラカンがフェイトに適わなかったのは当然としても、もしかして
 アルビオレも魔法世界人なのか?
 ということです。

続きを読む "[考察] 追論:アルビオレは魔法世界人なのか?"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

バカとテストと召喚獣 第11問 「宿敵と恋文と電撃作戦」 (3/17)

 アバンタイトルは、明久と雄二のジャンケン対決。心理戦もありと宣言して雄二が打った手が「グーを出さなかったらぶん殴る」。雄二、それ心理戦じゃなくて脅迫だから。

 Dクラスとの勝負では数学教師を2名確保して、数学試験召喚領域で被い尽くしての勝負。さらに雄二はわざと成績を下げて直前のテストで高得点を獲得するという情報戦にもでる。こういう戦術戦略では雄二はなかなかずる賢いですな。その隙にDクラスに乗り込んだ瑞希がDクラス代表の平賀源二を叩き潰す。
 しかし、Dクラスとは設備を交換せずにそのままBクラスとの戦争に突入するんですよねえ。すると何のためにDクラスとの戦争を行ったのか?

 明久や雄二がBクラスとの戦争に踏み切ったのは、根本との前回の因縁があるからですが、Bクラス側の妨害工作も熾烈ですね。Fクラスのシャープペンを折るのは回復試験をうけさせないため、そして瑞希のラブレターを奪って脅迫するなどやることがえげつない。それを知った明久は激怒して、壁を破壊するという後先考えない方法で根本に奇襲を仕掛けるが……そういえば明久は、位置的にはDクラスから壁を壊したことになるじゃないですか。もしかして雄二たちがDクラスに突きつけた条件はこれだったのか?
 そして、根本を女装させるというアイデアはGJですが、2回も試験召喚戦争に勝って施設の交換をしないという判断でFクラスの生徒たちはどうして不満をもらさないのか……まあ、あくまでAクラスの施設が目的であることとそれだけ雄二に人望があるとかんがえるべきだろうけど。
 そして、明久は、瑞希にラブレターを取り返すが……あの話の流れで「明久君て呼んでもいいですか」はほとんど告白したのも同然じゃないですか。でも明久はバカだから瑞希の思いにまだ気づかないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

バカとテストと召喚獣 第10問 「模試と怪盗とラブレター」 (3/10)

 明久、何でお前は女装写真を撮られてるんだ。
 というバカな感想はおいといて、感想行きます。

 前半は、瑞希の空回りっぷりが何ともいえず哀れでした。ラブレターの代わりに秘蔵のアキちゃん生写真を渡したり、友達を介しての渡しでは友達の選択を間違えてたり、手作りのクッキーは劇物扱いだし。
 ムッツリーニは学園女子のバストサイズを計測。美波は明久の生写真を持ち歩いており、雄二は翔子との婚姻届を隠していたりといつものとおりのFクラスでした。

 後半は、明久が間違えて金庫室にしまったそれぞれの大切なものを取り返すために、Bクラス代表の根本恭二の力を借りて金庫室に侵入するが……
 ここでなぜ根本が金庫室の暗証番号を盗撮していたのか考えないのがFクラスたるところだろうなあ。根本はFクラスを利用して模擬試験の問題用紙を盗むのが目的でしたが。そうか、第8話で動いていた怪しい人影は根本だったのか。
 しかし、それが逆に明久や雄二の逆鱗に触れる。試召戦争禁止期間が解けると同時にBクラスに宣戦布告をするらしいが……

 どうでもいいけどこの話で一番間違っているのは、 監視なしで生徒に模擬試験の問題用紙を運ばせる西村先生だと思う。実際、明久には試験用紙を盗み出せる機会があったわけだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[日記] 昨日は徹夜明け

 仕事でトラブルが発生し、今週は大変でした。月曜と水曜で2度も徹夜。さすがに身体が持たないので昨日は帰ってからすぐに睡眠。さっき起きたところです。
 それでなくても最近は時間がとれず、「ネギま!」29巻付録のドラマCD「さらば愛しき赤き翼(アラルブラ)」の感想も書けず。いつかは書くつもりですがもう少し時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

バカとテストと召喚獣 第9問 「キスとバストとポニーテール」 (3/3)

 明久の姉、吉井玲登場。明久の私生活を監察しにやってきた彼女は、筋金入りのブラコンだった。
 ──って、このアニメこんなんばっかやん。

 明久と違ってハーバード大学出身の才媛で、性格も穏やかなのですが、明久のことが好きで過ぎて私生活にまで干渉しにくるのか。どおりで明久が嫌がるわけだ。普通弟萌えの姉となるとヤンデレが相場と決まっているのに、玲はいわゆる素直クール。テレも恥ずかしげも無く好意を素直に表現する。どころか間違った道を歩みだそうとしている。あの明久が始終ツッコミに回らざるを得ないほどボケ倒しているところが凄い。
 そして明久への好き好き度も、彼が学友を連れてきたときに瑞希と美波がいたことで怒りだすほどだからね。独占欲の強いお姉さんだ。彼女が秀吉を一目で男(の娘)と見破ったのは、明らかに明久の友達に女の子がいてはいけないという願望の表れですね。

 あと、今回は明久が料理が得意という意外な特技が判明しましたね。とてもカップめん64分割をお弁当に持ってきてた奴の特技だとは思えません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »